星空と虹の橋

https://sh-rainbow.net/

最終更新:2019年5月19日
ショートショート(その他)『彼女は可愛い王子様』をアップしました。

ほとんどの作品はエブリスタ・小説家になろうに掲載しています。

ショートショートはほとんどワンライ企画で書いております。
主な参加ワンライは以下の通りです。

ショートカット

Novel:BL作品

長編

俺はエメラルドのご主人様じゃない!18
エブリスタ 小説家になろう

パワーストーンの店で買ったブレスレットの化身と名乗る男・すいが突然、目の前に現れた。
「お迎えいただき、ありがとうございます。浅黄文秋あさぎふみあき様。本日より精一杯お仕えいたします」
そんなことを言われても「はいそうですか」と納得できるわけもない。 しかし、彼は一途にご主人様と仰いでくる。その気持ちに少しずつ絆されていってしまい……

パワーストーンの化身×サラリーマン主のじれったくて一途な恋話。

短編・中編

夜の太陽はさかさまで輝く:中編18
エブリスタ 小説家になろう

掛け持ちバイトで生活をしている守田 高史もりた たかしは、ある夜の帰宅途中、道端で倒れている男・朔 俊哉さく しゅんやを拾った。
「助けないでよかった。俺は、死にたいんだ」
そう訴える彼を放っておけないと感じた守田高史は、強引に同居生活を始めることに。
最初は人助けのつもりだったのに、徐々に惹かれていき――。

ショートショート

NotOneSummerLOVE18
エブリスタ 小説家になろう

学校が夏休みになって約二週間。半ば押しかけるように(相手にとっては)親友の彼の家へとやってきた。
宿題を手伝ってほしいというのは建前。本音は、会えない寂しさを紛らわすためだった。
一休み中、いつの間にか眠っていた彼を意識しないよう努めても、神経のほとんどは彼の方へと向いてしまい……。

「お前だけ」に甘えた結果の現在(いま)なのか
小説家になろう

使用お題は『アイスクリーム』『背比べ』です。
一応リーマンものです。暗くなってしまいました……。

どうしようもない馬鹿のスイッチを押すとどうなるか
小説家になろう

使用お題は『偶然か必然か』『大好物』です。
大学生もの。オープンに片思いしている彼が頑張って口説き落とそうとしてくるのを、いつも通りかわしたはずだった。

二人をつなぐミモザ
小説家になろう

使用お題は『イラスト課題(リンク先参照)』です。
高校生のときに好きになった彼・高梨を忘れられず、同窓会で絶対に告白すると決めて臨んだ主人公・高崎のお話。

星を散りばめて
小説家になろう

使用お題は『光』です。
年上×年下(どちらも大人)な組み合わせです。頑張って甘くしたつもりですw

俺の頭の調子はもっとおかしい15
小説家になろう

風邪を引いた主人公のもとに見舞いにやってきた親友は、どこか色っぽいと感じてしまう雰囲気を普段から持っていた。
それは彼を好きと思っているから? いや、そんなはずはない。友達としてしか見ていないはずなんだ。

Novel:NL・その他作品

短編・中編

オレンジの中の彼女
エブリスタ

「初めて体験する文化祭のエスコートをお願いしたい」 夏休みが明けて早々、初対面の女子・沙知さちからそんなお願いをされた結城駿太ゆうきしゅんた。 人を楽しませることが好きな彼は、文化祭も好きだ。だけど、意外にそのお願いは難しくて……。

※エブリスタの公式コンテストに応募し、賞をいただいたので念のためエブリスタのみに掲載しています。

ショートショート

彼女は可愛い王子様
小説家になろう

使用お題は①宴席 です。
飲み会に勝手に参加した彼を怒る彼女。

遅咲きない青春
小説家になろう

noteのお題「青春」に沿って書いたものです。
高校卒業以来、一切の付き合いがなかった元・同級生の男子から連絡をもらった。
そこまで仲が良かったわけでもないのに、どうして連絡なんかしてきたんだろう?

目の前に、夢と妄想
小説家になろう

noteでやっていた「覆面編集者がnoteに投稿された作品を褒めちゃうコンテスト」用のSSです。
マイテーマは「乙女ゲーや少女漫画のような可愛らしさ」でした。

人生ちょっぴりハードモード
小説家になろう

幼なじみ同士、主人公の片想い設定です。
彼女の趣味である山登りに素人ながら無理やり同行したのは、「頂上まで登りきったら告白するんだ」という自ら掲げた目標のためだった。

守るものができた夏
小説家になろう

高校生になりたての男の子と、大学生の親戚のお姉さんのお話です。
田舎に帰ると会える、近くに住んでいるお姉さん。
誰にでも優しくて、笑顔がきれいで、でもときどき「影」を見せるその人に、おれはいつの間にか恋をしていた。

すべてが今さら過ぎたけど
小説家になろう

使用お題は『①嫌々』です。
高校卒業を控えた幼なじみ同士のお話。

いやよいやよと思っていても
小説家になろう

お題は『身長差』です。
お題を素直に使った、身長差のある学生カップルのお話。

© 2016 星空と虹の橋.