【1話】俺はエメラルドのご主人様じゃない!

 ベッドの上でブレスレットを拭いていたら、いきなり目の前に執事風の男が現れました。
 一瞬、魔法のランプかな? と思いました。

 思わず心の中でナレーションしてしまったほど、目の前の光景の意味がわからなかった。
 だって、どう説明しろと?
 玄関の鍵は閉めている。窓も、熱帯夜対策でエアコンをかけているからぴったり閉めている。
 他人が侵入できる箇所はどこにもないのに、赤の他人が立っているのだ。
「お迎えいただき、ありがとうございます。ご主人様」
 しかし、目の前の男は丁寧なお辞儀を披露し、柔和な笑みに似合わないきらきらとした淡い緑の双眸でこちらを見つめている。歳は同じぐらいに見えるが、ドラマや映画でしか見たことのない燕尾服を身につけた上に落ち着いた声音をしているせいで、不詳に思えてくる。
「本日この瞬間より、貴方に精一杯お仕えいたします。どうぞよろしくお願いいたします」
 胸の下に片腕を添え、男は再び恭しく頭を下げてくる。
 多分、とても長い沈黙を流していたと思う。それくらいの時間をかけないと現状の整理はできない……と思っていたがやはり無理だった。
 とりあえずブレスレットをベッドサイドに置いて、男の腕を掴む。
「ご、ご主人様?」
 戸惑う男をリビングに連れて来ると、ソファーに座るよう促した。最初は渋っていた男も、無言で見つめ続けると諦めたように足を揃えて腰を下ろした。
「一体どうやってここに入ってきたのかわからないけど……俺は、お手伝いさんとか雇った覚えはないから。君、どこかの屋敷と間違えてるんじゃない?」
 我ながら無茶苦茶だが、他にふさわしい説明があるなら教えてもらいたい。
 まず、現在時刻からして非常識なのだ。日付をまたいだばかりの時に訪問していいのは、よほどの親しい人物か肉親くらいしかいない。
 加えて、先述の通り他人が侵入できる場所も仕掛けもない。
 男はエメラルド色の瞳をたっぷりこちらに投げたあと、我に返ったように思いきり息をのんだ。
「大変申し訳ございません。私としたことが、ご主人様への説明を失念しておりました」
 だめだ、話が噛み合ってない。
 いっそ無理やり外へ追い出すしかないかと物騒な考えが頭をよぎった時だった。
「私はエメラルドの化身、名前を、和名の翠玉にちなんですいと申します」
 どこぞの貴族相手にでもするように、片膝をついて恭しく頭を下げてきた。
「ご主人様のエメラルドへの愛情に呼応するかたちで、このように実体化と相成りました。今後はどうぞ、私をいかようにもお役立てくださいませ。浅黄文秋あさぎふみあき様」
 やっぱり、意味がよくわからなかった。

  * * * *

 ブレスレットを購入した日はだいぶ疲れていた。比較的規模の大きいプロジェクトのメンバーに選ばれて間もなかったから、日々の疲労が限界近くまで蓄積していたのだと思う。
 精のつくものでもと、珍しく普段とは別の店で少し値段の張る弁当を購入した帰りだった。
 軒先に植物がやけに置かれているから、最初は観葉植物を扱った店なのかと思った。
『ちょっと、お店に寄ってくださる?』
 植物を片付けていたオーナーの女性と視線が交差したのが、すべての始まりだった。
 柔らかくも凛とした声に抗えず後をついていくと、中央のテーブルに飾られた透明な球体が目に飛び込んできた。占い師御用達の店なのかと軽く混乱したまま首を左右に動かせば、女性が好みそうなアクセサリーが壁際に並んでいた。
『どういう、お店なんですか?』
 半ば無意識に尋ねると、予想しなかった答えが返ってきた。
 植物も占い師も関係ない、パワーストーンを扱った店だったのだ。
『あ、あの……俺、そういうのはあんまり詳しくないですよ』
 悪徳商法とやらに引っかかってしまったかもしれないと、焦りと戸惑いに支配されていく自分を少し見つめた彼女は、納得したようにひとつ頷くとアクセサリーが並ぶ棚に向かった。
『パワーストーンなんて信じられないとお思いなのを承知で……ぜひ、これを見ていただきたいの』
 その言葉と共に見せてくれたのは、数珠タイプのブレスレットだった。使われている石は水晶、アンバー――和名で琥珀だ――、エメラルドと、疎い自分でも耳にしたことのある名前ばかりだった。
『癒やし効果に特化したブレスレットなのだけど、メインはこのエメラルドよ。とても綺麗でしょう?』
 女性は二つのアンバーに挟まれたエメラルドを指差した。
 パワーストーンなんて、単なるインチキだ。災難から守ってくれますとか、魅力的にしてくれますとか、魔法みたいな現象など起きるわけがない。確かにそう思っていた。
 だが、ブレスレットを受け取った瞬間、何とも言えない不思議な感覚が手のひらから生まれ、全身に染み渡っていった。特に他の石よりも一回り大きい、透き通った淡いグリーンから目が離せなくなった。
『パワーストーンに初めて触れたお客様には胡散臭く聞こえるかもしれないけど……今、気持ちがふっと和らいだのがわかるわ。エメラルドには、癒やしの力があるの』
 とても、疲れているでしょう?
 心臓が高鳴った。彼女に、自分でも気づいていない部分までも見透かされているような気持ちになった。
 改めて、手に載せられたブレスレットを見つめた。目を奪われたエメラルドは、あたたかい眼差しに似た光を放っていた。
『これ、ください』
 思わず、そう告げていた。
 万超えする値段を聞かされても、そのブレスレット以外考えられなかった。

 それから三ヶ月ほどが経ったが、肌身離さず身につけていた。
 あのオーナーの言葉を証明するように、自分でも驚くほど心身のストレスが減ったのだ。
 日々の生活は、購入前と何一つ変わっていない。だからこそ余計に、パワーストーンの力を信じ始めていた。
『あのエメラルドと浅黄さんは、よほど波長が合ったのね。私にも覚えがあるから、わかるわ。そういうのを聞くと、あながちインチキとも言いきれないんじゃないかなって思うのよ』
 すっかり顔なじみとなった店「BANDE STONEバンデ ストーン」のオーナーの言葉も深く心に染み入る……と思っていたが、だ。


「えーと、君の話をまとめると……俺がブレスレットというかエメラルドを大事に大事にしていた気持ちが伝わって、さらに相性ぴったりだったから実体化できた、ってこと?」
「さすがご主人様! その通りでございます」
「いや、わかってないよ? 全然わかってないから」
 冷静を努めて突っ込んでも、目の前のエメラルドの化身とでも言えば正しいのか、とにかく翠はにこにこと、柔和な顔にふさわしい笑みを刻んでいる。
 理解しろというほうが無理だ。テレビで映画を楽しんでいたらいきなりその世界に連れて行かれました、レベルの超常現象をどう飲み込めと言うんだ。
「しかし、仰っていたまとめは完璧でした」
「俺が言ってるのは、どうしてそうなるの? っていう意味。だって、普通ならこんな現象ありえないから。まだ、どこかの執事なのに間違えてここに来ちゃいましたっていうほうが理解できるよ」
 翠は困惑したように眉尻を下げた。眉の上で前髪が整えられているから、表情がよくわかる。
 改めて見ると、人間と変わらない。変わらないからこそ、混乱が収まらない。
「しかし、現に私はこうしてご主人様のもとにおります。エメラルドが持つパワーを授ける以外の補佐も可能になったのです。ですから」
「そう言われても、どうやって信じればいいんだよ……」
 これは夢なんだ。そう思わずにはいられなくなってきた。
 今日は土曜日、いや日付が変わりたてだから日曜日か。一週間の疲労がもろに出る。ブレスレットの手入れをしていて、気づかないうちにベッドに倒れ込んでいてもおかしくない。現実の自分は眉根を寄せて寝返りをうっている、そうに違いない。
「……わかりました」
 翠は目の前で片膝をつくと、一度断ってから手を取った。白い手袋の下は冷たくも熱くもない、温度の全く感じない皮膚だった。
「すぐに済みます」
 手のひらを覆われる。静寂ながら、緊張感のある時間が流れる。問いかけたくても、どんな音も立ててはいけないような空気を感じる。
 やがて、あるはずのない異物感が生まれた。同時に覆いが外される。
「これ……エメラルド、か?」
 ピアスの装飾にでも使われていそうな、小さな緑の粒が出現していた。もう片方の親指と人差し指でそっと摘み、光にかざしてみる。
 小さくてもわかる。この透明感は、ブレスレットのエメラルドと同一だ。
「いずれ消えますが、一晩は充分に持ちます。ご主人様がお目覚めになってもその石が残っていたら、現実だと信じて私を受け入れてくださいますか?」
「……すごく疲れてるけど、大丈夫?」
 つい問いかけてしまったのは、翠の両肩がぐっと下がり、眉間にわずかな皺が刻まれていたからだった。
「いえ、お気遣いなく。……でも、そうですね。よろしければ、ブレスレットを窓辺に置いておいていただけますか?」
 浄化をしてほしい。男はそう告げていた。
 石に溜まったマイナスエネルギーを除去したり力をチャージしたりと、浄化はパワーストーンにとって欠かせない。
 いくつか方法はあるが、彼が言っているのは「月光浴」だ。満月と、その二、三日前後に窓辺に置いておくといいとネットで調べた記事にあったので、自分でも気がついた時に行っていた。
 タンスの上に置いておいた、ブレスレットを購入した時につけてくれた保管用の茶色い正方形のケースを持って寝室に向かう。きれいな輪になるようケースに置き、窓辺に歩み寄った。
「今宵は満月ですから、効果は高そうですね」
 屈んだ体勢から立ち上がる。マンションの四階から視線をまっすぐに据えると白の明かりたちが四方八方に散っているが、少し上に移動させれば、ほのかに黄色い光を負けじと放つ、美しい円が浮かんでいる。
 別段特別な夜ではないはずだったのに、後ろに立つ翠の存在が、浮世離れした気分へと変化させてしまう。
 翠は、両肩に手を置いてベッドへと促した。
「お身体に障りますし、そろそろお休みください。明日は何時に起こしましょうか?」
「え、じゃあ、八時半……」
「かしこまりました。その時間にお声をかけさせていただきますね」
 スマホのアラームがあるから、とはとても言えなかった。
 混乱の残る頭を引きずって、ベッドに座った瞬間あることを思い出す。
「あ、君の寝る場所がなかった……ごめん、ソファーしかないんだけど」
 顔を上げた先で、翠の変わらない微笑みが返ってくる。
「睡眠という概念はありませんから、お気になさらないでください」
「寝ないってこと?」
「休息という意味でしたら、浄化がそれにあたります」
 とりあえず納得するしかなかった。これ以上情報を詰め込まれたら、頭が興奮して眠れなくなってしまう。エメラルドの粒をベッドサイドに置いて、無理やりに瞼を下ろした。

  + + + +

 一定のリズムで、耳慣れた機械音が鳴り響いている。昨日と変わらない休日がやってきた。
「おはようございます、ご主人様。今日は、昨日に比べると気温は低めですよ」
 心地のいい低めの声が耳元に注がれて、「いつも」はあっけなく壊された。昨夜の出来事は現実だと、いやでも提示された気分になる。
「ご主人様、昨夜の約束を覚えておいでですか?」
 忘れたくとも忘れられない。恐る恐る、ベッドサイドを見やる。
「エメラルド、ある……」
 緑の小粒は、昨夜と同じ淡い色を放っていた。
「はい。これで、私のことを受け入れてくださいますよね?」
 明らかな睡眠不足でぼんやりする頭を、弾んだ声が強制的に覚醒させる。人間、精神バランスが崩れると笑いもこみ上げるらしい。
 オーナー、これはインチキを通り越して現実味がなさすぎます……。
「ご主人様、朝食になさいますか? ああ、その前に洗顔とうがいでしたね」
 まだ返事をしていないのに、翠はものすごく張り切っている。そんなに赤の他人の世話をするのが嬉しいのか、いや、エメラルドの化身だから他人ではないのか。もう思考回路がわけわからない。
 自分でやるから、と拒否しかけた口は途中で止まった。一番大事なものを忘れるなんて、相当混乱している。
「ご主人様?」
 窓の白いカーテンを開けて、置いていたブレスレットを箱ごと胸元に抱え込む。直射日光の当たらない部屋ではあるが、じんわりとした熱が伝わってきて心配になってしまう。エメラルドとアンバーの弱点みたいなものなのだ。
「ブレスレット、部屋の中に入れちゃってもよかったのに。エメラルド、熱に弱いだろ? 君の本体だから危なかったんじゃない?」
 こちらを一瞬凝視した翠は、なぜか口元を手のひらで覆って震えだした。まさか、何かしらの症状でも出たのか?
「ご主人様が……ただの従者である私なんかを気にかけてくださるなんて! やはりご主人様はお優しい方ですね!」
「……まあ、つまり大丈夫ってことね」
 思わず呆れてしまうと、翠は慌てたように背筋を正した。
「失礼いたしました。……実は、本体を持ち運べないのです」
 証拠とばかりに、自分の手の中にあるブレスレットのエメラルド部分を摘み上げようとする。思わず目を見張った。まるで縛りつけられたように一ミリも浮き上がらない。水晶やアンバー部分を持ってみても、やはり全く動かなかった。
「……わかった。今度から、気をつけるよ」
 図らずも、化身に関しての知識が増えていく。
 とりあえずブレスレットをリビングのテーブルに置いて、洗面台に向かった。少しでもいいから頭をすっきりさせたかった。
 これからの予定を脳裏に並べる。まずは二駅行った先にあるホームセンターの天然石ショップを覗いて、よさげなものがあったら買ってみよう。その後は日用品と食料を調達しないといけない。
 あくまで普段通りの休日を過ごそう。
「……もしかして、命令待ち?」
 Tシャツを脱ごうとしたところで、寝室前で立ち尽くしている翠を振り返った。
「はい! 朝食をお作りしてもいいのであればそうさせていただきますが」
「作るって、俺が何食べたいか知ってるって言いたげだな」
「もちろんです。目玉焼きを載せたトーストとウィンナー、ホットブラックコーヒーでしたよね?」
 一つの間違いなくすらすらと口にした翠を、完全に振り返ってしまった。
「な、んでそれを知って……」
「ずっと、ご主人様と共におりましたから。趣味嗜好、行動パターンも大体把握しております」
 そして燕尾を翻した黒い背中を呆然と見つめる。
「マジ、か……」
 無意識に、ブレスレットに手が伸びる。淡く輝くエメラルドをそっと撫で上げると、キッチンの方から短い悲鳴が聞こえた。
 どうやら、本当にこの状況を受け入れないといけない……らしい。


「翠。君が俺の持つエメラルドの化身みたいなものだっていうのは、わかった。エメラルドが残ってたし、諦めるしかないっていうのが本音だけど」
「少しでも受け入れてくださったのであれば一向に構いません!」
「それで、だ」
 素晴らしい焼き加減のトーストを置いて、隣でにこにこと見下ろしている翠に人差し指をつきつけた。
「俺としては、まずその『ご主人様』っていうのをやめてほしい。慣れてないから、くすぐったくって仕方ないんだ」
 きっぱりと言い切るのは苦手なはずなのにできてしまうのは、三ヶ月間そばにあったからなのか、微妙にイラッとしてしまうからなのか。
「し、しかし……では、なんとお呼びすれば?」
「普通に名前でも名字でもいいよ」
 翠は一度唇を引き結ぶと、なぜか興奮気味に身を乗り出してきた。
「で、では……文秋様とお呼びしても?」
「様はいらないって」
「いえ! それだけは、ご容赦ください」
「じゃあ、せめて『さん』でお願いしたい。貴族っぽくてイヤだ」
「文秋、さん……でございますね。承知、いたしました」
 どうして満面の笑顔を浮かべるほど嬉しいのか、よくわからない。
「あと、できれば堅苦しい敬語も何とかしてほしいんだけど」
 それがなければまだ、非現実的な感覚はなくなる気がする。あくまで気がするというだけ。
「とんでもございません! 従者の私が、文秋さんとた、タメ語だなんて」
「あ、タメ語とか使うんだ。バッキバキの敬語でもないのか。もうちょっと崩してくれるなら、まあ、いいか」
 翠の反応を見るとうっかり出してしまったようだが、むしろそのうっかりをどんどん出してほしい。
 食べ終わった食器を片付けようとすると当然のように奪われてしまった。執事なのか従者なのか、とにかく世話をしてくれる人がいるとこんなにも落ち着かないとは、少なくとも貴族的な暮らしは一生肌に合わなそうだ。
「あれ、翠は食べないの? それとも、もう食べたとか?」
 スポンジに手を伸ばした背中に問いかけると、顔だけをこちらに向けて緩く首を振った。
「私は、人間の食べ物は口にできないのです。本当に時々ですが、ミネラルウォーターのような綺麗な水だけいただければ問題ございません」
 水だけ受け入れられるのは、それも浄化の手段として用いられるからだと思う。本体が石だからなおさら、食べ物は不純物にあたるのだろう。
 アイスブルーのデニムに足を通していると洗い物を終えた翠がやってきて、ベッドの上に置いていたシャツに手を伸ばした。
「あっ、い、いい! 俺一人で着替えられるから!」
 先手を打たれた翠はわかりやすく肩を落とす。当然の主張をしたまでなのに、あからさまな態度をされると心が痛い。
 支度を終えて玄関に向かうと、翠も当然のようについてくる。
「いかがなさいました? 文秋さん」
 嫌な予感がしてリビングに引き返した。頭上に疑問符を浮かべる翠に恐る恐る尋ねる。
「あの、さ。もしかして、ついてくる気だったりする?」
「はい。文秋さんがブレスレットをお持ちであれば、必然的にそうなります」
 頭を抱えたくなった。つまり大事なパートナーを自宅に置いておかないと、この男の支配からは逃れられないということじゃないか!
 思わずエメラルドの表面をなぞると、翠がわずかに身を捩る。
「ふ、文秋さん。その、少々くすぐったいです」
「……ブレスレット、置いてかないといけないなんて……でも、そうじゃないとついてくる……こんな目立つ格好のやつが」
「ああ、それでしたらご安心ください。この身は消しておくことができます。文秋さん含め、他の方にも見えません」
 言葉通り、煙が消えていくように身体が見えなくなる。もうファンタジーの世界だった。
『ただ! 私はこれから、荷物持ちというお役目を果たさねばなりません。文秋さん、買い物をなさるんですよね?』
 頭の中で円状に響き渡る、エコーがかった声に気持ち悪さを覚えたがそれを上回る衝撃だった。絶望的状況から掬い上げられた気持ちを、一撃で砕いてきた。
 寝言は寝てても言わないでほしい。そんなレベルじゃない。
「いい。やっぱり置いてく。俺一人で買い物したい」
「し、しかし! 私は従者ですから。文秋さんもお護りできませんし」
 断固として首を横に振った。そろそろ一人きりの時間をもらって落ち着かないと故障してしまう。従者なら、主の精神を労ってほしい。
 心の訴えが伝わったのか、翠はやっと納得してくれた。
「では、代わりにこちらを」
 一瞬、何をされているのかわからなかった。
「ちょ、ちょっと! いきなりなにを」
「お静かに」
 両腕に込められた力に、完全に押さえつけられてしまった。
 首筋にある翠の黒髪が鼻孔をくすぐる。かすかな香りは、緑豊かな森に足を踏み入れたようなイメージを抱かせる。
 不思議と、落ち着いていた。まるで、あのブレスレットを身につけている時と同じ気分を今、味わっている。男に抱きしめられているのに、不快感がまるで浮かばない。
 人間じゃないから? ずっと共にあったエメラルドだから?
「お時間、いただいてありがとうございました。どうぞ、お気をつけて」
 最後に後頭部を優しく撫でられて、空気が戻る。本当に一瞬だけ、手を伸ばしたくなる衝動に駆られた。
 振り切るように家を出て、足早にマンションを離れる。
 ブレスレットと共にあるような感覚は、帰宅するまで続いた。これも、もしかして翠の力なのだろうか?

  * * * *

「あれっ、浅黄先輩。今日はブレスレットつけてないんすね」
「まあ、ちょっとね」
「……もしかして、落としました?」
「ちゃんとウチにあるよ。いいから仕事しなさいって」
 隣の自席に戻ってくるなり目ざとく突っ込んできた後藤大河ごとうたいがを軽くあしらって、パソコンに無理やり意識を戻す。
 彼が二年前に入社してから隣同士で、いろいろと相談に乗っていたのもあって一番仲がいい後輩だった。
 お調子者なのが玉にきずだが、仕事は丁寧で飲み込みも早い。今関わっているプロジェクトに限らず彼も同じチームにいる場合が多く、会社側からはどうもセットで扱われている気がする。
 翠は今朝もアラームの役割を果たし、いつもの朝食を用意してくれた。ブレスレットはどうしても持ち出す気になれなかったのだが、昨日とはうって変わり、主張をあっさりと承諾して不思議と落ち着く抱擁をしてきた。
 尊重してくれるのはありがたいが、今後どう接していけばいいのかわからない。
 何せ、自分だけのスペースに突然割り込んできたようなものなのだ。ブレスレットで考えれば約三ヶ月間一緒にいたとしても、両手を広げて歓迎できる状態にはとてもいけない。
「先輩が溜め息なんて珍しいっすね。やっぱブレスレットしてないから心細いんですか?」
「まあ、少しはあるかもね……って、もう突っ込むの禁止!」
 無意識に、表に出してしまっていたらしい。本当にらしくない。
「ちゃんと用事があるんですって! 質問があるんです~」
 大学生の頃から一人暮らしを続けてきて、そのほうが気楽だった身には、まだまだ戸惑いしかない。


 帰宅すると、ドラマで観た母親のような笑顔で翠が出迎えてくれた。
「お帰りなさいませ! 本日もお疲れ様でした。鞄、お持ちします」
 差し出された手に自然と従ってしまった。
 昨日もそうだったが、翠は自分の生活習慣を完全に把握していた。
 風呂の後に夕飯を食べること。酒を入れる場合は小さいビール缶一本だけなこと。テレビは気まぐれに観ること。
 風呂から上がると、すでに料理が用意されていた。元々好物なのと、調理が簡単だからという理由で作る頻度が高いチャーハンだった。
 昨日だけでなく今日も、自分が作ったことのあるメニューなのは偶然なのだろうか。
「いかがなさいましたか? お口に合いませんでしたか?」
 心配そうに顔を覗き込んできた翠に、驚きのまま答える。
「いや、俺が作るのと味が一緒で、びっくりして」
「それは……私の料理は、文秋さんの見よう見まねですから」
 翠が嬉しそうに微笑む。
 三ヶ月一緒にいたという事実が、またのしかかる。
「文秋、さん?」
「……君、本当にずっと、いたんだな」
 どんな表情をしていたのかわからなかったが、立ち上がった翠は深く頭を下げてきた。
「昨日は、文秋さんのお気持ちも考えず一方的になってしまいまして、本当に申し訳ありませんでした。文秋さんに直接お仕えすることが夢でしたので……浮かれすぎました」
「いや、別にそんな謝らなくても」
 改まって謝られても困惑してしまう。
「ですが……それでも、敢えてお伝えいたします」
 翠の視線が、まっすぐに向けられる。
「私の気持ちに変わりはありません。誠心誠意お仕えしたい。文秋さんの心身をお護りしたいのです」
 優しくありながら、強い。ふたつのエメラルドは、一途な光で自分を照らす。
「決して無理は申し上げません。少しずつでも文秋さんの信頼を得られるよう、尽力いたします」
 ブレスレットにある本体よりも、まぶしい。まぶしくて、直視していられない。
 卑怯かもしれなくても、目を逸らすしかなかった。


 もはや、驚くしかなかった。
 朝に翠の声で起床し、見送られ、帰宅すれば出迎えてくれる。混乱が落ち着くにつれて、そんな生活を早くも受け入れつつある自分が信じられなかった。あの抱擁でさえ、ブレスレットを身につけている時のような気分を与えてくれることもあって、すっかり慣れてしまっていた。
 一途な翠に絆されているとでもいうのか? 翠の主であることをいい加減認めろという、見えない催促のせいなのか?
 いつまでも、この中途半端な状態を続けるわけにいかない。それでも、なかなか覚悟が固まらない。
 もうすぐ、翠が現れてから一週間が経つ。
「……ん?」
 住んでいる部屋は、エレベーターを下りてから一番奥まで歩いた先にある。その前に、ぼんやりと人影が見えた気がした。だが、実際辿り着いても当然誰もいない。
「あれ、翠?」
 翠に尋ねようと思ったが、玄関に立ってもいつもの出迎えがない。首をかしげながらリビングに向かう。
「……文秋、さん。出迎えられず、申し訳ありません……」
 息をのんで、ソファーを凝視する。
 翠が、息を乱してぐったりともたれかかっていたのだった。

2話へ進む→

Web拍手代わりの選択式・一言感想フォーム

このページを閉じます
小説ページに戻ります。