【10話】俺はエメラルドのご主人様じゃない!

「おはようございます。文秋さん。具合はいかがですか?」
 取り戻したいはずの朝がやってきた。意識はそこまで混濁していないのに、まだ夢を見ているらしい。
 上半身を起こした。風邪を引いていたのが嘘のように、気分がすっきりとしている。
「全然、大丈夫みたい」
「そうですか! ずっと眠っておられたので心配でしたが……安心いたしました」
 どうせなら答えてやろうと思っただけなのに、普通に返事が来た。
 改めて、柔らかな笑顔を見つめる。やがて訝しげな表情に変わり、首をかしげられた。
 次第に違和感を覚えていく。
 夢にしてはやけにリアルだし、身体に触れているものすべてにも、確かな質感がある。
「大丈夫ですか?」
 背中に触れる手のひらも、記憶の中と寸分違わない。
「……翠?」
「はい」
 ふたつの、淡く輝く緑がまっすぐに注がれる。
 頬に手を伸ばした。温度は感じない、だが夢ではありえない本物の感触だった。
「ほん、もの?」
 白い手袋を抜き取り、直に触れる。頬と変わらない感触が返ってくる。
「はい」
「夢じゃ、ないのか?」
「……確かに、戻りました。ただいま、と申し上げるべきでしょうか」
 眼差しが、秋の日差しを受けたように優しく煌めく。あの日、エメラルドに惹かれた時と同じような光を放っている。
 自分と一緒に窓の外にあったはずのブレスレットは、ベッドサイドに置かれていた。やはり、藍が来てくれていたみたいだ。
 エメラルドに輝きは、変わらず戻っていない。
 なのに、ただいまと彼は言う。視線を戻した先に、泣きそうな笑顔の彼がいる。
 目の前の光景を本当に信じていいのか、受け入れていいのか、迷いはまだ消えない。
 それでも、触れられている。声も聞こえている。夢で納得できるはずがなかった。
 勢いのままに抱きしめる。ないはずのぬくもりを確かめるように、力を込める。
「なんでだよ……なんで、普通に戻ってきてるんだよ……」
「私にも、よくわかりません」
「俺が、どんな気持ちでいたと思って……」
「……申し訳、ありません」
「もう、あんな無茶、絶対に……!」
 抱き返してきた腕の力に胸が震える。感覚に直せば永久にも長い時間を越えて戻ってきた翠のすべてを、ただ堪能する。
 向き直った瞬間に、自然とエメラルドにとらわれてしまう。妙に熱が秘められている気がして、さりげなさを装って逸らそうとした。
「逃げないでください」
 頬を包まれてしまった。ベッドに乗り上げて、距離を詰めてくる。
「確かめたいことが、ございます」
 背筋が粟立つほどに真剣な声音だった。吐き出す吐息が震える。必死に記憶を巻き戻して言葉の意味を探るが、引っかかるものはない。
「ほんとに、兄さんなの……?」
 翠の背中にかけられた弱々しい声が、流れていた空気を霧散させた。
「藍くん……」
 信じられない。藍の表情は固まっていた。
「小さな気を、感じたと思ったんだ。でも、気のせいだと、思って。期待したら……だめだって」
 声が震えている。翠がそばまで歩み寄り、少し乱暴に頭を撫でた。
「……戻ってこられた理由は、私にもわからないんだ。でも、ここにいる」
 無言で見上げた藍は堪えるように唇を震わせて、姿を消した。
『今日、絶対店に来なよ。来なかったら、承知しないから』
 藍も、同じ気持ちだった。化身ならいつ迎えてもおかしくない結末だからこそ、平常さを装って受け入れようとしていた。
 自分に向けていた言葉の数々を思い出して、胸が締めつけられそうになる。
「……文秋さん。朝食の準備をしますので、少々お待ちください」
 翠の言葉で我に返る。そうだ、出勤の準備をしなければならない。けれど。
「さっき話があるって言ってたけど、いいのか?」
「いえ、大丈夫です。……帰宅してからに、します」
 そこまで出し惜しみされると逆に気になってしまうのだが……答えは通勤中にもらった、後藤からの連絡で察してしまうこととなる。
『昨日、翠さんのスマホから休みますってメッセージ来てたんで、オレが連絡しておきました』
『うわ、そうだったのか! 悪い、助かった』
『代わりに、俺も愛してるって告白送ってきた理由を絶対、包み隠さず! 教えてくださいね。それも先輩のしわざだってのはわかってますから、逃げてもダメですよ』
 翠のスマートフォンを持っていた時に、そんなことを打ち込んだ気がする。一昨日の夜は正直、翠が戻ってきてほしいとひたすら祈っていた記憶だけがこびりついていて、あとは霧にでも巻き込まれたような状態だった。
『……文秋さん。その、お顔が赤いです。大丈夫ですか?』
 返事ができないでいると、ぼそっと翠の突っ込みが入った。
 言うな。しかもその言い方、もしかして理由をわかってないか?
 ……わかっていないほうが珍しいと、気づいてしまった。後藤に「告白する」と宣言を送っている以上、スマートフォンを見ないわけがない。
 ますます、熱が上がりそうになった。


 店に来るまで気持ちが落ち着かなくて大変だったと語った天谷は、翠の姿を見た瞬間に自分のことのように喜んでくれた。
「もう、絶対に無理だと思っていたから……奇跡としか、言いようがないわ」
 全く同じ感想だった。ブレスレットに残ったエメラルドは完全に輝きをなくしているのに、翠は全く変わらない姿で隣にいる。
「やっぱり、このエメラルドはただの石だよ。パワーストーンの力は完全に消えてる」
 ブレスレットを丹念に観察していた藍は、眉根を寄せたままこちらに返す。今度は自分の全身を訝しげに眺め始めた。
「でも、翠さんはここにいる。力があるということなのよね?」
 翠は曖昧に頷いた。
「自分のことながら、私も本当に謎なのです。以前よりも力は弱まったような気はいたしますが、使うこともできますし」
「あんた、一体何をやったの?」
 翠がいる手前、白状するのは勘弁願いたかったが、一斉に向けられた六つの目からは逃げられそうになかった。諦めて、エメラルドの欠片を飲み込み、ムーンストーンを口に含んで願い事をとなえたことを伝える。
「まさか、それで本当に願いが叶ったと、いうのかしら……?」
 信じられないとでも言いたげなつぶやきだったが、同じ気持ちだった。だが、パワーストーンの化身という非現実的な光景を目にしている以上、否定もできない。
「……だから、あんたからエメラルドの力を感じてたのか」
「俺、から?」
 翠も驚いている。
「前より弱いけど、感じるんだ。僕もこんな現象は初めてだから、理由とか全然わかんないけど……感じるよ」
 藍の言葉を噛み締めながら、腹部に手のひらを当てる。
 確かに、ムーンストーンはなくなっていた。無意識に飲み込んでしまった可能性もあるだろう。
 それでも、信じたかった。最後のチャンスを与えてくれたのだと思いたかった。
 あるいは、試練を乗り越えてみせると誓った覚悟が本物なのか、見定めるためかもしれない。
 どっちでも構わない。もう二度と、後悔はしたくない。
 肩に触れてきた翠の手に自らのものを重ね、緩く握る。
「……もらった奇跡を、無駄にしないよ。翠が護ってくれたように、俺も護るから」
 エメラルドが、大きく揺らめく。噛みしめるように頷いた。
「これじゃあ……もう、二人の反対なんてできないわね、藍?」
 小さな笑い声に、慌てて二人を振り向く。
 あたたかな微笑みを浮かべる天谷と、苦虫を噛みつぶしたような不機嫌顔の藍が並んでいる。正反対だが、自分たちの想いを完全に把握しきっているとわかる表情だった。
「でも、監視はやめないからね。ちょっとでも怠惰な言動を取ったりしたら承知しないから。兄さんが止めてもやめないよ」
「……ありがとう。まだ頼りない主だけど、藍くんに認めてもらえるように、頑張るよ」
 藍は身体ごとそっぽを向いた。照れ隠しなのは、誰の目から見ても明らかだった。
「天谷さんも、いろいろありがとうございます。これからも、また相談させてください」
「もちろんよ。お二人のことも、ずっと応援しているわ」
 純粋な気持ちに、お礼を言うのが精一杯だった。
「あ、そうだ。今度、俺の後輩連れてきますね。実家が天然石の店をやってるらしいので、きっと打ち解けると思いますよ。……翠のことも、知ってますから」
 一瞬目を見開いた天谷だったが、「楽しみにしています」と一言返してくれた。
「……兄さんを助けてくれて、ありがとう。文秋」
 店を出てからつぶやくように告げられた礼に驚いて、背後を振り返る。
 藍の姿はなかった。姿を消したまま佇んでいるのか翠に訊こうかと思ったが、頭を軽く下げるだけに留めておいた。
「弟まで名前呼びなんて、ちょっと妬けますね」
 少ししてからぼそりと嫉妬を露わにした翠に、突っ込む余裕はなかった。
 翠は多分、スマートフォンを確認している。自らへの返事を、読んでいる。
 ……帰ったら、文面では交わし合った想いと改めて向き合わねばならない。
 それでも、内にあるのは緊張だけだ。覚悟は、とうにできている。

  + + + +

 藍の願いでなければ、翠は仕事が終わったら一分一秒でも早い帰宅を催促したと思う。
 後藤は、今日は時間を取れないと告げたらあっさり納得してくれた。にやついた笑みが気がかりだったが、無駄な怪我は負いたくなかった。
 まるで、身体が微妙に浮いているように足元がおぼつかない。鼓動もずっと速い。いつもの調子で湯船に浸かったらのぼせそうになってしまった。せっかくの夕食も味が全然わからない。
「……文秋さん。そんな、あからさまに緊張なさらないでください」
 ついに、隣の翠から苦笑交じりの突っ込みが入ってしまった。
「ご、ごめん。こういうの、ほんと慣れてなくて……気分、悪いよな」
 だが、首を振った翠は歯切れの悪い物言いを繰り返している。訝しげに見つめると、目を逸らされた。
「……率直な感想で恐縮なのですが、文秋さんがあまりにも可愛らしいので、すでに我慢の限界を迎えそうです」
 観念したように飛び出した台詞に、一瞬思考が停止する。
 反射的に立ち上がりかけた身体は、背後から抱きしめられてしまった。
「申し訳ありません、文秋さん」
 予想外の謝罪に、間抜けな声が漏れる。
「今の私は、従者失格ですね。文秋さんの身体を労る余裕もありません。正直、情けないです」
「……風邪のことなら、すっかり忘れてたよ」
 日中は溜まっていた仕事を必死に片付け、夜は天谷の店で報告と、本当に濃い一日だった。
 翠から返ってきたのは短い否定だった。
「文秋さんと私のような事例は本当に聞いたことがないのです。予想もつかない事態が起きないとも限らない。ですから……本来ならば、しばらく様子を見るべきなのです。少しの負担もかけるべきではないと、わかっているのです」
 腕に、力が込められる。
「文秋さんを傷つけたくない。それなのに、私は……」
 こんな時ですら堂々と甘えていて、呑気な自分が恥ずかしい。本当に翠は、優秀な「従者」だ。
「俺は、大丈夫だよ」
 そんな翠にしてやれるのは、羞恥心を捨てて覚悟を示すことだった。
 自らの使命に蓋をして構わないと、主として告げることだった。
「全然根拠はないけど、大丈夫だって信じてる」
 翠に向き直り、安心させるために口端を持ち上げてみせる。
「実際、一日分溜まってた仕事をひたすら片付けてた疲れはあるけど、それだけなんだよ。変な感じとか全然しないし、ほんと普通。お前も嫌な予感とかしないだろ?」
「それは、確かに……しかし、藍は力が弱まっていると言っていましたから、信憑性は」
 唇に指を当てて、それ以上の言葉を封じた。そっと抱き寄せて耳朶に触れる。
「俺は、今すぐ話が聞きたい。……これは、命令だ」
 一瞬、息が詰まった。その力に心を震わせながら、ほんの少しの隙間も埋めるように、自分の熱が翠にも伝わるように、固く引き寄せる。
「文秋さん。朝の話の続きを、させてください」
 鼓膜にかかる囁きに、小さな声を上げながらひとつ頷いた。
「後藤様にお送りしていたメッセージを、読みました」
「……うん」
「あのお言葉は、本心と受け取ってよろしいのでしょうか? ……文秋さんの想いは私と同様だと、そう考えても、よろしいでしょうか?」
 よく聞くと、声は震えていた。
 翠も、緊張していた。同じだった。それだけなのに、胸の奥からあたたかいものが広がっていく。
 翠とまっすぐ向かい合う。風で揺れる木々のような揺らめきを、エメラルドは発していた。
「好きだ。これからもずっと、俺の隣にいてほしい」
 呆然としている翠の唇に一瞬触れて、胸元に頬をすり寄せた。
「文秋、さん……!」
 触れた箇所から伝わる細かな震えが、翠の内心を一番に表しているようだった。愛おしさのままに腕を回す。
「こうして抱きしめられる日が来るなんて、思いもしませんでした……絶対、叶わないものだと思って、私は……」
 互いに、さらに力を込める。想いがあふれて止まらない。身も心も、もっと翠を求めてしまう。
 宝物を扱うように頬に触れ、唇をふさぐ。重ね合わせるだけのそれはすぐに終わり、口内を柔らかいものが撫で回していく。
 呼吸のタイミングがわからないほどに、激しい。思わず無理やり顔を逸らす。
「ばか、がっつきすぎ……」
「申し訳、ありません。でも」
 もう、我慢ができない。
 敬語の取れた口調と掠れた声に意識をとられていると、噛みつくように再び奪われた。勢いのあまり身体が傾いで、ソファーに押し倒されてしまう。
「っは、ふ……ぅ、ん!」
 両肩を押さえ込まれ、完全に舌を絡め取られる。粘着質な音が絶えず鼓膜を愛撫し、余すところなく自らの舌をなぞろうとする動きに背筋が甘く痺れて、力が抜けていく。
「ずっと、こうしたかった」
 跨り、見下ろすふたつのエメラルドは穏やかな光ではなく、底の見えない深い緑で照らしていた。森の陰からこちらを狙いすます、鋭い双眸にも見える。
「本当に、愛しています。あなただけが、私のすべてです」
 身体が浮き上がった。いつぞやのように、寝室まで運ばれる。抵抗するものはすべて、とうに失せている。
 手袋が外された瞬間、背中にぞわりとした感触が走り抜けた。首筋に顔を寄せて、鋭い痛みを一瞬生み出す。
「……お前、どこでこんな知識、知ったんだよ」
 吸われた箇所をなぞる指がシャツの裾まで辿り着いた時に、つい尋ねてしまった。嫌なわけではもちろんないが、男同士の行為は初めてだからなおさら、恐怖を隠せない。
「不安に思われるのもわかりますが、お任せください」
 内心を読みきった台詞と共に、柔らかな笑みで見下される。
「絶対に、怖い思いはさせません」
「そ、んなこと言われても……っん!」
 裾から滑り込んだ両の手のひらが胸元を撫でた。そのまま何度も、円を描くように動き回る。
「胸、文秋さんは弱いんですね……」
 男は触られても何も感じないと思っていた常識が、覆されてしまう。
 引っ掻くように指先が掠めた時も、一際大きな悲鳴を上げてしまう。
「やめ、やだ……も、いじるな……!」
「でも、とても気持ちよさそうです。ね……?」
 言いながら片方を強めに摘まれ、もう片方を湿った感触に包まれた。溜め息にも似た声が鼻を抜ける。
 下半身の震えを止められない。熱が収束していくのを止められない。
「可愛いです、文秋さん……」
 うっとりと呟きながら、服の上から緩く反応を示している自身に触れる。形を確かめるように握り込まれた。手のひらが上下するたびに、ぴくりぴくりと腰が跳ねる。
「っあ、ん……!」
「大丈夫……逃げないで、私に委ねてください……」
 外気に晒されたそれに直接触れられた瞬間、吐息までもが震えた。快楽しか生まない手の動きに、羞恥も声も我慢する余裕すらない。粘着にまみれた音さえも、甘い痺れに変換されてしまう。
「す、い……も、いくぅ……っ!」
 先端を手のひらで撫でられ、乳首を強く吸われる。強い刺激に耐えられるはずもなかった。
 頭が一瞬白く弾ける。熱が吐き出されていくのを他人事のように感じながら、全身にかかった力が一気に抜ける。呼吸がまともにできない。
 何も考えられないくらい、それこそヒーリングの時のものとは比べられないほどの倦怠感が襲う。
「……文秋さん、とても色っぽくて、可愛くて……ずるいです」
 頬を愛おしそうに撫でる動きとは裏腹に、翠の表情から普段の柔和さは消えていた。
 余裕の全くなかったキスを思い出す。ずっとこうしたかったという言葉を思い出す。
「我慢、しなくていいよ」
 自然と、つぶやいていた。
「翠がどんな風にしてきても、全部受け止める」
 重い頭を持ち上げて、一瞬だけ唇に触れる。
「今は、俺たちはただの恋人同士だから……思うまま、してほしい。俺も、頑張る、から」
 のたうち回りたい気持ちを、ベッドに横たわり固く目を閉じて耐える。
 布の擦れる音が聞こえて、うっすらと開けた目を見張った。
 翠が、プレゼントした服に着替える時以外、決して脱ごうとしなかった執事服に手をかけていた。上着を取り、中のベストを外す。シャツのボタンを外そうとしたところで、そっと留めた。
「俺に、やらせて?」
 誠心誠意の奉仕を表した服を、すべて取り去る。
 改めて見る翠の裸体は、素人目で見ても惚れ惚れするほどに均衡のとれた美しさだった。中心で屹立しているものさえ、いやらしさをあまり感じない。
 そっと身を寄せる。この身体に抱きしめられ、護られてきたのだと思うだけで、喉の奥が震える。苦しくて愛しくて、同じように護りたいと心から思う。
 翠の中心に触れようとすると、やんわりと止められた。
「先程、言いましたよね? 愛してほしいと」
「い、言ったけど! 俺も」
「今夜は、すべて私にお任せいただきたいのです。……私が、どれほどにこの瞬間を求めていたかを、知っていただきたい」
 後半を耳に注ぎ込まれ、短い悲鳴が漏れる。
「す、翠……なんか、キャラ違う」
「そうでしょうか」
 どこか爽やかに答えながらも、ベッドに押し倒してくる。
「そうだとしたら、文秋さんのせいです。……本当に、限界です」
 いきなり、自身を濡れた感触が走った。翠に咥えられたのだとわかって頭を掴んでも、動きは止まらない。引きつった悲鳴がただ漏れるばかりだ。
「そ、んな……きた、ないだろ……!」
「いいえ。文秋さんは、きれいです」
 物語にしか出てこないような台詞を平気で返しながら、全体を柔らかいものが撫で回していく。形だけの拒否ばかりがこぼれる。もっとほしいと、揺れる腰が訴えている。
 自身から届く音で、達したばかりとは思えないほどに先走りがあふれていることを知り、熱が集中していく。手のひらすべてで扱かれているだけでも、大きさを増しているように聞こえてしまう。
「っ、あ!?」
 息が詰まった。ありえない箇所に、ありえない異物感がある。
「な、んでそんなと、こ……!」
「少しだけ、我慢してください」
 無理だ。中で指が動くたび、まともに呼吸ができないくらいに苦しい。
 名前を呼ばれて答えた唇を、緩く食まれた。伸ばされた舌は表面を愛撫するだけで、中には差し込まれない。
 心地よさに、少しずつ全身の力が抜けていく。その隙を狙ってか、埋め込まれた指が再び動き出す。
「絶対に、痛い思いはさせません。……私を、信じてください」
 何度も頷く。言葉通りにいつも護ってくれていた男を、信じないわけがない。
 一度引き抜かれ、再び侵入してきた指の威圧感が増した。一本増えたようだ。苦痛はだいぶ和らいできたものの、変な気持ち悪さは抜けない。
 中で指が折り曲げられた。ぼんやりそう思った瞬間だった。
 重ねられた唇の隙間から、男とは思えない高い声が、響いた。
「っな、に……!?」
 自分でもよくわからない。いやだと訴えようとしたが、翠は再度その箇所を擦り上げる。
「や、やめ……そこ、だめだ、って!」
「いいえ。むしろ、よいのです」
 歓喜さえ滲ませながら重点的に突かれ、押される。さっきとは違う意味で声が我慢できない。
 前を全く弄られていないのに、射精感がこみ上げる。意味のわからないまま欲には勝てず、再び熱を吐き出した。
「今の場所が、文秋さんが一番に感じるところです」
 それを、探していたというのか。まさか、男にもあるなんて。
「……文秋さん」
 呼吸がいくらか落ち着いたところで名前を呼ばれ、包装を開ける音で翠と目が合った。
 ただの男の顔がある。自らの欲に支配され、止めることもかなわないけれど、本気で拒否をすれば従うぎりぎりの理性も残している。わずかに下がった眉尻がそれを物語っているように見えた。
「……言っただろ? お前に、愛してほしいって」
 もちろん、意思に変わりはない。
 今は恋人という対等な立場なのだから、余計な気遣いはいらない。
「今だけ……『さん』は、取ってほしい」
「文秋、さん?」
「それ、いらない。名前だけを、呼んでよ」
 今のでなけなしの理性は吹き飛んだだろうと、頭のどこかで察知していた。
 翠自身が、一気に埋め込まれた。比べものにならない苦しさに、喉が一瞬詰まる。
「文秋、私を煽った、結果です……」
「まだ……こんなものじゃ、ないんだろ?」
 従順な裏にある翠の姿が、どんどん顕になっていく。貪欲に求めるだけの男へと変貌していく。
「っあ! ひ、ぁ……!」
 接合部から響く濡れた音と肌のぶつかり合う音、鼓膜を愛撫するような甘い囁きに全身が溶けてなくなりそうだった。本当に自分のものなのかわからない声を絶えずこぼして、快楽を受け止めるだけで精一杯だった。
 繋がれている手に力を込めると、同じ力を返してくれる。いつの間にか下りていた瞼を持ち上げると、薄闇の下でも美しく輝くエメラルドが待っていた。
「俺の、エメラルド、だ……きれいな、俺の……」
 二度と、曇った姿は見たくない。いつまでも、初めて見た時と変わらない輝きで魅了してほしい。癒やしてほしい。
 腹の底から、抗えない熱が押し寄せる。収束して、弾けようとする。
 声にならない悲鳴が、喉から吐き出された。腹に湿った感触が走り、意識が急速に霞んでいく。
「文秋、愛しています……もう、絶対に離れない……」
 俺もと、答えたつもりだった。
 唇と頬を撫でる感触に安堵しながら、繋がっていた糸を自ら切った。

←9話へ戻る11話へ進む→