【5話】俺はエメラルドのご主人様じゃない!

「僕、決めたんだ。これからしばらく、あんたと兄さんを見張らせてもらう」
 朝食を食べ終わった頃に予告通り現れた藍は、ぼんやりした頭に活を入れるような声でそんな宣言をしてきた。
「見張るって……まさか、ここで暮らすつもり?」
「違うけど、近いかもね。僕の目的は兄さんに余計な力を使わせないようにすることと、あんたにもっとパワーストーンの主としての自覚を持ってもらうことだもん」
 微妙に頭痛がしてきた。ただでさえ昨夜の言い合いを引きずっているのに、さらなる異分子がやってきてしまった。
「藍、それは天谷様にご了承いただいているのか?」
 問いかけた翠の声は硬い。藍は一瞬怯んだ様子を見せたが、気丈に見返した。
「も、もちろん。僕ら化身のことをちゃんと教えるためだって言ったら、許してくれたもの」
 天谷が謝罪のメッセージを添えていた理由がわかった。翠も呆れたように息をつく。
「天谷様にもご迷惑がかかる。文秋さんと私のことはいいから、主をきちんとお護りするんだ」
「その千晶に、兄さん一人でヒーリングやったって聞いてびっくりしたんだよ! 石七つ分の力を使った自覚、ないわけじゃないよね?」
 やはり、それなりに負担のかかる行為だったらしい。いくら精製より疲れない行為だと言われても、相対的にしか比較できておらず、知識不足を改めて実感する。
「……兄さんは、ちょっと入れ込みすぎだよ。まさかとは思うけど」
「藍。本当に私は大丈夫だから」
 翠の表情はますます硬くなる。首を振る動作が、拒絶に見えた。
「現に、こうして問題なく動けている。毎日、きちんと役目を果たせている。文秋さんが気を配ってくださっているおかげだ」
「で、でも!」
「文秋さんをお護りするのは私にとって何よりも大事な、最優先事項なんだ。パワーストーンの化身である藍が、それを制限するのか?」
 反論が尽きたのか、藍は口元を細かく震わせている。翠の意思は言葉だけでもぶれがなく、完璧だった。
「別に、俺はいいよ」
 だからこそ、自分がいる。
「文秋さん!?」
 驚愕する翠の隣で、藍も目を丸くしている。
 天谷に心の中で深く頭を下げながら、続ける。
「天谷さんが許可してるなら、ちょうどいい機会だし甘えさせてもらおうかなって。藍くんスパルタだけど、いろいろ教えてくれるし」
 翠の無言の圧力が重石のようにのし掛かる。なるべく彼の方は見ないようにして、藍に笑いかけた。
「わかってるじゃない。千晶のことは心配しなくていいよ。何かあったらちゃんと行くし」
「文秋さん!」
 距離を詰めてきた翠の瞳を懸命に見返す。少しの隙も、覗かせてはいけない。
「翠。主人の意思に、背くのか?」
 会社でも、ここまであからさまな先輩面などしない。自分をよく把握している翠にとっては、素人の演技を見せつけられているに過ぎないだろう。
 だが、同時に察するはずだ。
「……いいえ。仰せのままに、ご主人様」
 それだけ、翠と二人きりになりたくないのだと。
 乱されてばかりの感情に、穏やかさを取り戻したい。立ち止まって、ゆっくり呼吸のできる環境がほしかった。


 その日の夜に、仕事終わりの天谷から改まった謝罪の電話がかかってきた。直接謝りたいという言葉に、近くのコンビニに買い物に行くと嘘をついてマンションの前に移動する。
「浅黄さん! ……もう、何と言えばいいのか。本当にごめんなさい」
 深く頭を下げられて、逆に申し訳ない気持ちになる。
「翠にやってもらったヒーリング、藍くんからすれば問題だったみたいですね。俺がちゃんと止めるべきでした」
 顔を上げた天谷は、難問を前にしたように目を細めた。
「……石七つ分の役割を、化身がすべてまかなうという事例はないそうよ。もしかしたら、ヒーリングでなかった可能性もあるかもしれないわね。浅黄さんは効果を実感できた?」
 ヒーリングでないとしたら、あのすっきりした気分はやはり……自身を弄られたせいと、いうことになる。
 曖昧な態度でいると、天谷は考え込むように、顎に手を当てた。
「……翠さんは、他の石を持たせたくないのかしら」
 つぶやかれた内容に苦笑しながら否定する。仲間を拒否するなんて、あるわけがない。いつもの、無駄に頑張ろうとした結果に過ぎない。
「多分、石は揃ってないけどやってあげたいって思ったんですよ。本当に仕事熱心ですから」
 なぜか、まじまじと見つめられる。見覚えのある視線に思えるのは……単なる気のせいだろうか。
「天谷さんはヒーリングしたことあります? あるなら、参考にしたいです」
 敢えて問いかけると、天谷は我に返ったように瞬きを二、三度繰り返してから頷いた。
「ちなみに、藍にしてもらったのはヒーリングに適した石の選別と、最中にアクアマリンの力を高めてもらっただけ」
 翠と全然違うし、そのほうが何倍も効果は高そうだ。
 どうして強行したのだろう。主のためを思うなら、藍のように石の選別から始めてほしかった。
「これじゃあ、藍くんに怒られてもしょうがないですね。やっぱり最低限の知識はつけないとダメだな」
「……私の勝手な想像だけど、浅黄さんが知識をつけても、翠さん相手には意味がないかもしれないって思ってるわ」
 本気で意味がわからなかったのだが、天谷は小さく苦笑するだけだった。
 なぜか、翠がますます遠くに行ってしまったような気がした。

  * * * *

 過去の自分を褒めたい。
 こんなに堪え性のない性格だったのか? 我慢の聞くほうだという認識は間違っていたのか?
「先輩……今週はもう完全に、タバコ吸えなくてイライラしてる人そのものになってますよ……」
「いいから、黙って書類探そうか。ここで手伝い打ち切ってもいいんだぞ?」
「す、すいませーん」
「……いや。悪い」
 後藤がわざわざ手伝いを頼んできた意図は、わかっているつもりだった。バインダーだらけの棚からこちらを振り向いた顔に、かすかな笑みが刻まれている。
 藍は言葉通り、おはようとお休みまでの時間を、過ごすというより見張りのように居座るようになった。藍が「兄を完全に任せても問題ないと納得」できるまでブレスレットの持ち出し禁止に加え、週に数回天谷の店へ出勤する予定も無視した徹底ぶりである。翠がこっそり行っていた力の分け与えも早々にバレて、本当に「無防備」な状態だった。ちなみに、家事もパワーストーンの化身がやることじゃないと止めようとしていたが、翠の断固とした拒否の前にあえなく失敗していた。
 ブレスレットがなく、翠の守護もない。それでも、これでよかったはずだった。翠と距離を置けて、気持ちにゆとりが出て、たとえ束の間でも以前の日常が戻ってくるだけのはずだった。
「……どうして、うまくいかないんだろう」
「え、何か言いました?」
「悪い、独り言だから気にしないでくれ」
 無意識に口から漏れていた。ますます自分らしくない。
 藍は家でも基本的に翠の近くに控えていて、自分と二人きりになるのを阻止している。
 そんな彼に、いつからか苛立ちを向けるようになっていた。翠も主人である自分の意志を尊重してか、藍に対して一切文句を言わないでいる。笑顔は一切見せないくせに、だ。
 ――どうして、黙って受け入れているんだ。
 一度そう訴えかけて、あまりの身勝手さに気づき、愕然とした。
 藍がただ単に気に入らない。そういう感情とも違う。
 藍も、仲の良さ……というより、兄を好きという気持ちをわざと見せつけているわけではない。純粋に心配でたまらないから目を離したくないのだと、言外に語っている。
 わかっているのに、こみ上げてきてしまう。
「先輩……本当に大丈夫ですか? 顔色悪いですよ」
 横で、後藤が眉をひそめていた。
「昨日、寝るのが遅かっただけだよ」
「見え見えの嘘、つかないほうがいいですよ。何か悩んでるでしょ、先輩」
「くだらない悩みだから」
「なら、なおさら言ったほうがいいですって。口に出すだけでも違いますから。……これ、先輩が相談に乗ってくれる時の口癖でしたよね」
 痛いところを突かれてしまった。どのみち、この後輩は簡単に逃してくれそうにない。
「……仲良くしてた人のそばに、他の人がずっとくっついてて、苛々してしょうがないってだけ。くだらないだろ?」
 なぜか、後藤の目が丸く開かれる。若干戸惑っているようにも見える。
「……あの、先輩。それってもしかして、いわゆる『嫉妬』ってやつじゃないですか?」
 突然放り込まれた二文字に、こちらも戸惑ってしまう。
 だが、まるでパズルのピースがぴったりと嵌ったような納得感と説得力があった。
 嫉妬? ……藍に?
「先輩のことだから、恋愛とは関係ないのかもしれないですけどね。例えば友人同士でもそういうのあるって言いますし」
 それは、藍を見ていればよくわかる。彼は本当に兄を大事に想っている。だからこそ自分に対して厳しい。
 だが、この嫉妬は?
 翠をどういう存在だと思っていて、この感情が生まれた?
 大事な存在であるのは事実だ。藍の想いの強さにはかなわないだろうが、方向性は似ているはず。なのに、この嫉妬は?
 ……顔が熱くなってきた。うそだ、こんな反応、まるで……。
「顔、真っ赤ですけど……」
「言うな。わかってるから」
「え、ってか、マジですか? 先輩、その仲良くしてた人って」
「知らない。そうだって決まったわけじゃないし」
「往生際悪っ! なんで素直になれないんですか」
「本当に手伝い打ち切るぞ」
「すいませんもう黙ります」
 大体、翠は人間じゃない。性別も男だ。女性にあまり興味が持てなかったのも、恋愛したいという願望が低かっただけに過ぎない。その時が来れば付き合って結婚するものだと思っていた。
 だから、あるわけがないんだ。
 あるわけがないのに……どうして、心臓の早鐘が、収まらないんだ。


 戸惑いながら玄関のドアを開けると、やはり通常通りの出迎えが待っていた。
「お帰りなさいませ。お仕事、お疲れ様です」
 向けてくれる微笑みも変わらないが、心からのものだとわかる。藍という、翠にとって招かれざる客がいるからこそ、余計にわかる。
 後藤のせいだ。後藤が変にけしかけるから、何の変哲もない光景にさえ反応してしまっている。
「文秋さん?」
 距離を詰められて、全身が固まる。
「いかがなさいましたか? 具合でも悪いとか……?」
「ちょっと、いつまでそこに突っ立ってんの? まさか、変なことしようとしてないよね?」
 遠慮なしに近寄ってきた藍が、無駄に入ってしまった力を抜いてくれた。
「ごめん、何でもない。……もう、風呂入るよ」
 鞄を翠に押しつけて、洗面所に逃げ込んだ。深く息を吐き出す。
 平常心を無理やりにでも呼び戻さないと、絶対に翠から追求されてしまう。それだけは避けないといけない。
 唯一一人きりになれる風呂場の存在が、こんな時だからこそ余計にありがたかった。
 入浴剤を混ぜた湯船に、四肢を投げ出す。季節関係なく、長湯してものぼせない程度の温度が一番好きだ。
 気分が落ち着くと、今度は後藤との会話を巻き戻そうとしてくる。頭を振ってもにやついた笑みが離れない。
 帰宅中もスマートフォンに届く興味津々な質問たちに、あの時うっかり相談してしまった自分を激しく後悔した。
 きっと人の気も知らないで、脳天気に楽しんでいる。うっかり言いふらしたりしないようにと釘をさしておいたが不安は残る。
 恋愛感情なんて、あるわけがない。
 翠も主、というより男相手とは思えない言動を取ることもあるが、すべて「使命」のためだ。忠誠心あふれた姿を見れば絶対わかってくれるのに、言えないのがもどかしい。

『さっき言ってた仲良くってどれだけです? 一緒に遊んだりとか?』
『遊ぶっていうか、なんて言ったらいいのか』
『はっきりしないですね~。なんか、具体的な行動とかされてないんですか?』
『具体的ってなんだよ?』
『自分だけにやたら優しいとか、笑いかけてくれるとか、触ってくるとか、いろいろありますよ』
『……ないよ。多分』
『絶対多分のとこ大事ですって! ほんとにないんですか?』

 本当は、ある。
 正面から、背後から、抱きしめられた。それは翠の持つ力を分け与えるため。
 よく笑いかけてくれる。それは彼の仕事ぶりを褒めたりした時限定だ。
 ヒーリングをした時は……うっかり、股関付近をなぞられて反応してしまったために、処理を手伝わせて、しまった。
『文秋さん……』
 耳元で、翠の心地いい低音がよみがえった。思わず両耳を塞ぐと、全身を包む腕の強さとかすかな香り、撫でる手のひらの優しさまでもが次々と呼び覚まされていく。
 久しくされていない行為だから、記憶も感覚も薄れていくのが普通じゃないのか。なのに……どうして、こんなに鮮明なんだ。
『怖がらないで……私に、ただ身を預けてください……』
 台詞までが、リアルに耳元をくすぐる。呼応するように、中心を撫でる手のひらを思い出してしまう。止めようにも止められない。
「いや、だ……」
『大丈夫……ここにいるのは私だけです。怖がらないでください』
 幻聴まで聞こえてきた。体温が上昇して、思考の動きが鈍くなっていく。見慣れたタイル状の壁もどこか霞んでいる。
 耳の覆いを外した両手が向かう先は、中心だった。包み込んで、生まれた甘い熱に背中が震える。
 無心になって、翠の動きをなぞろうとしてしまう。普段以上に刺激が強いのは、そのせいなのか。
「っあ、はぁ……っ」
 声が反響して、鼓膜を否応なしに攻める。羞恥心もあるのに、手の中のものはさらに大きさを増していく。
 翠の声が、手つきが、離れない。
 両手の動きを、止められない。
「す、い……っ」
 名前をつぶやくと同時に、湯の中で熱が吐き出されたのを感じた。徐々に正常を取り戻していく思考回路が、詮を抜くようにと命令を送る。
 湯が、穴に吸い込まれていく。すべてをなかったことにするように、したいという願いを叶えるように。
 ……叶うわけがない。
 記憶喪失にでもならない限り、この残像は脳裏にこびりついたまま、離れる気配は訪れそうにない。
 見えない柵で、周りを少しずつ囲まれている気分だった。


「……あれ、藍くんは?」
 簡単に風呂掃除も終えて戻ると、リビングには翠の姿しかなかった。
「天谷様に仕事の相談を持ちかけられたようで、一旦帰りました」
 よりにもよって、こんな時にいなくなるとはタイミングが悪すぎる。
「あ、ありがとう……」
 水を飲もうと思っていたら、翠がコップを差し出してくれた。思考を読まれたのかと一瞬焦ってしまう。
「ずいぶんと長風呂でいらっしゃったので……具合を悪くされたのではないかと、心配で様子を伺いに行くところでした。何事もなくて安心いたしました」
 内心で深い溜め息をつく。あんな姿を見られでもしたら、一ヶ月は家に帰りたくない。
 ふと、静寂が降りかかった。翠に、いつも以上に見つめられている気がして落ち着かない。多分自意識過剰だ。
 コップを翠に渡して、髪を乾かしに再度洗面台に向かう。普段ならテレビを観るなりして少し落ち着いてから行うのに、聡い翠は違和感を覚えたのかもしれない。
「な、なんでついてくるんだよ?」
「文秋さん。今日は、私にさせてくださいませんか?」
 まさかの申し出だった。そんな照れくさいことを許可するはずがない。
「今日だけ、お願いします」
 切実な声と縋る瞳を向けられて、完全に反論を詰まらせてしまう。ずるい。卑怯だ。
「……ドライヤーの風、大丈夫なのか」
「短時間でしたら、問題ございません」
「……今日だけ、だからな」
 安堵と歓喜を混ぜた笑顔でドライヤーを手に取る。
 他人に髪の毛を乾かしてもらうなんて、小さい頃以来だった。髪型に気を遣うようになった大学生までは、自然乾燥が当たり前だった。
 頭をくまなく撫ぜる動きに眠気を誘発される。他人に乾かしてもらうのは、予想以上の気持ちよさを生み出すらしい。
 鏡越しに盗み見た翠は、とても穏やかで満ち足りた表情を浮かべていた。この時間を、とても堪能している。
 いつしか、自分も同じ心地だった。こんな空気は、藍が来てから久しくなかった。
「文秋さんの髪の毛は、柔らかいですね」
 温風を止めて、櫛で丁寧に梳かしていく。
「まあね。だからワックス使わないとすぐ崩れちゃうんだよ」
 髪を下ろすと歳より若く見られがちなのも理由だった。
「翠の髪も柔らかそうだよな」
 振り返り、訝しげな翠の頭に手を伸ばす。ストレートで艶のある黒髪は、いつでも完璧に整っている。
「うわ、さらさら」
 ひと房摘まんでみたり、軽く撫でたりしてみる。翠は風呂にも入らないが、そうと信じられないほど、世の女性たちの嫉妬が集結しそうな手触りだった。
「……あ、悪い。髪、乾かしてくれてありがとう」
 呆然と見つめる翠の視線に我に返り、そっと手を引っ込めた。気持ち悪く思われて当然な行為をしてしまった。
 最後の蛇足はともかく、予想以上のリフレッシュ効果だった。先程の風呂場での醜態も忘れられそうだ。
「……せっかく、これで我慢しようと、思いましたのに」
 ついでに歯磨きもしてしまおうと鏡に向き直ったと同時、そんな言葉が背後から聞こえた。
 聞き返そうとした声は、途中で短い悲鳴に変わる。
「な、なんだよ。今は、力を使う必要ないだろ?」
 翠の表情は肩口に押しつけられていて、見えない。
 当たり前の突っ込みでもしないと、心音の強さが伝わってしまいそうで怖かった。背中から回された腕を振りほどきたいのに、敵わない。
「文秋さんのご意思に背いた願望であることを承知で、申し上げます」
 悲痛ささえ感じる、必死に絞り出したような声が、首筋までをもくすぐる。
「藍に構わず、どうかまた私をお連れください」
 さらに、引き寄せられた。口からこぼれる吐息はただ、あつい。
「文秋さんが私をお迎えしてくださってから、持てる力のすべてでお護りしたいと、一番のパートナーでありたいと、願ってきました。だからこそ、それが叶わない今が本当に辛くてたまらない……」
 声が震えている。心臓まで締めつけられているような心地だ。
「私は確かに、文秋さんに入れ込みすぎなのでしょう。……藍が気にかけるのも、無理はありません」
 特別な理由が、あるというのか。だが、問いかける余裕はない。
 ないはずのぬくもりが伝わってくる気がするのは、自らの熱のせい?
 苦しい。でも、いやじゃ、ない。
「でも……もう、無理です。もう、私は……」
 言葉を連ねるたびに唇が擦れて、風呂場での自慰を思い出してしまう。否応なしに熱が高まっていく。
 必死に拳を握りしめて、湧き上がる高揚感を抑える。口を開いたら、どんなものがこぼれるかわからない。
 抱擁が解かれた隙に逃れようと後ずさって、失敗した。背中に当たる壁は、何度力を込めてもびくともしない。当たり前なのに、繰り返してしまう。
 正面に立った翠は、両脇に手をついて逃げ場を封じた。
 強く輝くエメラルドに、囚われる。
「お願いです。またお側にいさせてください。文秋さんを護る、たったひとつのパワーストーンでいさせてください」
 触れて、しまう。
 息がかかって、口の中に入り込んで、唇が……重なって、しまう。
「もー、やっと戻ってこれたー!」
 反射的に、目の前の身体を突き飛ばしてしまった。操られたようにトイレに逃げ込む。
「兄さん、こんなところで座り込んでどうしたの?」
「いや、ちょっと探しものをしてただけだ。もう見つかった」
 完全に遠ざかった気配に、ようやくまともに息を吸えた。

 誤魔化せない。
 明らかに、自分は期待していた。あのまま唇が触れればいいのにと、願う心があった。
 そう願う理由は……目を逸らしても、逸らしきれない。

 あんな、異性相手にするような行為でたたみかけてくるなんて、ずるい。
 おかげで、自覚してしまった。後藤の思惑通りに、なってしまった。

 すべてを遮断するように目を固く閉じても、うるさい心音や先程の光景がよみがえるだけだった。ベッドに横たわっても変わらない。
 今だけ、エメラルド部分を握りしめて眠りにつきたい。
 翠が実体化してなければいいのにと、つい願ってしまいたくなった。

←4話へ戻る6話へ進む→