【6話】俺はエメラルドのご主人様じゃない!

 朝から気持ちが落ち着かなかった。ある意味藍がいてくれてよかったと安堵するほど、翠とやけに目が合うたび感情が渋滞を起こす。
 無駄に意識しているせいではなかったとわかったのは、寝室で外出用の服に着替えていた時だった。
『買い物に行かれるのでしたら、ブレスレットをお持ちください』
 ベッドサイドに置いていたスマートフォンが震え、通知欄に表示されていた名前にすぐ内容を確認すれば、そんな文章が綴られている。
 さりげなく翠を見やれば、翠はキッチンに背中を向けて立っていた。藍はテレビに意識がいっているようで、気づく素振りはない。
 自分も、窓際に向かってベッドに腰掛けた。手の中の端末がまた震える。
『藍に抗うことにしたのです。私の意思を貫いて、諦めてもらうつもりでいます』
 文面だけでも、妙に吹っ切れた気持ちが伝わってくる。
 嬉しいと素直に喜べばいいのか、相変わらずの使命感だと呆れればいいのか、悲しめばいいのか、浮かんだ感想は複雑だった。
 大体、あと一歩進んだらキスをしてしまうところだったあの瞬間についてはどうなんだ。人の心臓を散々うるさくしておきながら特に触れてこないし、使命感に燃えているようだし、ちらっとでも浮かべてしまった期待は意味がないということか。
 全身が熱い。下手な行動に出られないぶん、藍の存在に改めて感謝したくなる。
『やはり、駄目ですか? 私はもう、不要な存在ですか?』
 ああ、またマイナス思考に囚われている。子どもと大人を同時に相手しているような気分になる。
『そんなわけないだろ。どうすればいいんだ?』
『ありがとうございます……!』
 即返ってきた返信のあとに送られてきた作戦は、翠が藍を引き付けている間にブレスレットを素早く持ち出してほしいという実に単純なものだった。
 もう家を出るだけという状態にしたところで藍に出かける旨を告げ、すぐに翠が話しかけて意識を逸らす。その隙にテーブルの上にあるブレスレットを持って玄関をくぐり、エレベーターまで駆け出した。
 あっさりと、成功した。思わず、誰もいないところでテンション任せに抱き合ってしまったのは……あまり思い出したくないほど、恥ずかしい。


『私の我儘を聞き入れてくださって、ありがとうございます。今、とても楽しいです』
「それならよかったよ。……でも、帰ったら藍くんに雷以上のもの、絶対落とされるよね」
『私も一緒に怒られます。いえ、むしろ私だけが怒られるようにします。ご安心ください』
「いいよ。俺もちゃんと怒られるから」
 翠は息を詰まらせたようだった。
『……文秋さん、今日はいつも以上にお優しい気がします。あ、もしかして気を遣ってくださってますか?』
「久しぶりにブレスレットつけてるからだよ。すごく大事なものなんだから当たり前だろ?」
 予想外の、心臓に悪い質問をぶっこんでくるのはやめてほしい。ただの買い物、翠にとってはただの仕事、何度もそう言い聞かせる。
 久しぶりの恋は、戸惑いばかりだ。
 寝て起きたら、変わらないはずの光景がどこか違って見えた。自然と翠の姿を目で追ってしまうし、妙に輝いて映る。普段通りを装うのが大変だった。
(そういえばこれって、俺的にはデート……になるのかな)
 姿は見えずとも、確かに一緒にいる。客観的に見たら小声の独り言でも、確かに会話をしている。
 はっきりと、心が浮き立つのを感じた。気を抜いたらきっと、怪しい人間に変化してしまう。
 ただ、今日の買い物は日用品の補充だけだ。駅前のホームセンターやスーパーに寄るだけで終わってしまう。何とも短いデートだった。
 翠自身にもあまり負担はかけられない。姿を消していたとしても、今日は雲の少ない快晴だ。念のため、長時間の外出は控えたほうがいいだろう。
 それでも、少しだけでいいから、二人だけの時間を堪能したい。わがままとわかっていても、願う気持ちを抑えられない。
『あの、文秋さん』
 遠慮がちに、翠が声をかけてくる。
『私の身勝手な願いを……聞き入れてくださる余裕はまだ、ありますか?』
「……どんなの?」
『久しぶりの文秋さんとの時間を……もっと、堪能したいです』
 唇が緩むのを必死に堪える。自惚れた通りになるなんて、思わないじゃないか。
「いいよ。俺も、ちょうどそう思ってたところだったんだ」
『ほ、本当ですか……!』
 そんなに大げさに喜ばれると勘違いしてしまいそうになる。姿が消えた状態で本当によかった。
『私は、私はきっと、つかの間の夢を見ているのかもしれません!』
「そういうこと言ってると、このまま帰るぞ」
 慌てて謝ってくる翠の姿を想像して可愛いと思うなんて、つくづく恋愛の力は恐ろしい。


『都会でも、緑の多い場所はあるのですね。とても美しく、気持ちが和らぎました』
「都会って言っても郊外だから、駅前からちょっと外れればああいう場所は結構あるよ」
 癒やしの力を持つからなのか、自然の多い場所に行ってみたいと翠からリクエストがあった。
 電車で二駅移動した先にある公園の散歩コースを、一時間ほど歩いてみた。コースの両端に立ち並ぶ木々の緑から瑞々しさは収まり、柔らかな日差しの似合うような色合いに変化していた。もうすぐ、秋がやって来る。
 短時間でいいから、翠と並んで歩いてみたいと思った。話しながらでもいいし、ただのんびり歩くのもいい。
『また、あの公園を訪れたいですね。他にもコースがあるようですし、紅葉の時期はさぞ美しいでしょう』
 また、願望が合致した。偶然にしてはできすぎている。そんなに期待させたいとでもいうのか?
「……そろそろ、買い物行こうか。いい加減、藍くんも我慢の限界迎えてるかもしれないし」
 余計なことを考えるのはよそう。今は、二人だけの時間を精一杯楽しまないと損だ。
『……一刻も早く、藍には諦めてもらうよう尽力します』
 苦笑しながら改札をくぐり、まずはホームセンターに向かう。ここは他の支店に比べて規模が大きく、この店舗にしかない商品も多数あるらしい。わざわざ足を運んでくる客も多いと聞く。
「あれっ、先輩?」
 空耳かと思ったが、違った。
「うわー、すげー偶然ですね!」
 スーツ姿で見慣れているから、私服だと一瞬誰だかわからなくなる。
 長袖の赤いチェック柄のシャツを羽織った後藤は、いつもの人懐こい笑顔でこちらに歩み寄ってきた。
「え、もしかしてこの店に用事? 後藤んちの近くにもなかったっけ」
「あるんですけど、俺が愛用してる洗剤ここにしかないんですよ。こうやってちょいちょい来て、買いだめしてるんです」
「……洗剤、こだわってたんだ」
「ひどっ! よく落ちるんですよ、先輩も使ってみてくださいよ」
『文秋さん、私も参考にさせていただきたいです』
「じゃあ、見てみようかな」
 頷いた後藤だが、なぜか立ち止まったまま、視線を下に固定している。
「久しぶりじゃないですか? ブレスレット」
「あ、そ、そうだな。やっと持ち出せたっていうか」
 後藤の口元がいやらしい感じに広がっていく。
「先輩、嬉しそうですもんね~。あ、それか噂の気になる君とデート中だったり?」
 反射的に、口を塞いだ。見開かれた目が理由を要求している。
「っせ、先輩何するんですか! びっくりしたなーもう」
「いいから余計なことは言うな。洗剤教えてくれ」
「はぁ? ああ、気になる君がやっぱり近くにいるんすね?」
「繰り返すなって!」
『……文秋さん。気になる君って、なんですか?』
 問いかけてくる声が、穴の底から響いてくるような音に変化している。
 今さらながら、適当に受け流せばよかった。翠に関してはあとでどうとでも誤魔化せる。過剰な反応をしたせいで、ややこしい展開に変化してしまった。
 訝しげに見つめていた後藤は、内緒話をするように顔を近づけてきた。
「……もしかして今、誰か近くにいたりします?」
「だから、いないって」
「違います。……もっとはっきり言いましょうか。執事みたいな男の人、いるんじゃないですか?」
 完全に固まってしまった。黙認したようなものとわかっていながら、言葉が出ない。
『……文秋さん。どこかに移動したほうが、いいかもしれません』
 落ち着きの戻った声がスイッチになったように、頭が少しずつ回転を始める。
 他人の目が一切入らない、まさにプライベートルームのような場所に向かう必要があった。


 最初はカラオケボックスを考えたが、監視カメラのある店もあると聞いたことがあるので、日帰り利用ができるホテルにした。
 部屋に入った途端、心身の力が抜けてベッドに座り込む。後藤はとりあえずといった様子で窓辺に移動し、所在なげに立ち尽くしていた。
「……飲み会の時に、おかしいなって思ったのか?」
 思い当たる節はそれしかなかった。何とか誤魔化せていたはずが、たったひとり例外が、存在していた。
 後藤は苦笑しながら軽く首を振った。
「オレ……実は前に一度、会社であの人見てるんですよ」
 一日に二度、青天の霹靂レベルの衝撃を受けるとは思わなかった。
「給湯室の前で、見ました。やたらすげー人がいるなって思ったら急に消えたんで、ほんとびっくりして。奥から普通に先輩出てきたのも意味がわからなかったし」
 全身が粟立った。目撃者がいなかったなんてとんでもない。やっぱり見られていたんだ!
『文秋さん、本当に申し訳ありません!』
「お前……だから、家出る前に絶対出てくるなってあれほど……」
『あの時のは完全に私の落ち度です! 言い訳にはしません!』
「当たり前だ!」
 頭を抱えてしまう。もう、信頼できる後輩にバレてよかったと無理やり思い込むしかない。
「すげー……ほんとに、その辺にいるんですね」
「翠、もう出てきていいぞ」
 やけくそに命令すると、背後から相槌が聞こえた。
 後藤の反応が、完全に子どもに戻っている。正面に回り込んだ翠は、両膝と両手をついて深く頭を下げた。
「私の失態で文秋さんにいらぬご迷惑をおかけしてしまい、誠に申し訳ございません。どうぞ、どんな罰でも構いませんのでお与えください」
「ばか、やめろって! 後藤もいるんだから!」
 現代に全く似つかわしくない主従劇を第三者の前で繰り広げる精神力は持ち合わせていない。渋々頭を持ち上げた翠は、気の毒なほどにしょんぼりしていた。
「……後藤。気持ち悪いとか、思ってないのか?」
 目を輝かせた後藤が不思議でたまらなかった。普通は超常現象すぎて引くレベルだと思うのに、全く正反対の反応でこちらが戸惑ってしまう。
「いや、びっくりはしてますよ」
「びっくりだけって、すごいな。俺は受け入れるまでだいぶ時間かかったのに」
「会社で見た時はさすがに信じられなかったですよ。でも飲み会の時にも出てきて、なんていうかトドメ刺されたみたいな。夢じゃないんだって」
 もう、腹をくくることにした。
 詳細を聞きたそうな後藤に、翠がエメラルドの化身であることを話す。翠は備えつけの緑茶を淹れてそれぞれに渡した後、背後におとなしく控えていた。
「まるでおとぎ話ですね」
 後藤は、改めて翠を見やる。
「でも、先輩が持ってるエメラルドに特別な力があるのはわかるっていうか、説得力がありますよ」
「そう、なのか?」
「ブレスレットつけるようになってから、先輩表情柔らかくなりましたもん。ずっと忙しそうでしたし、心配だったんですよ」
 周りから見たら、自分の大丈夫はやせ我慢のようなものだったらしい。もはや笑うしかない。
「まあ、気づいてたのはオレくらいだったと思いますけどね。ほら、常日頃お世話になってますから」
 無邪気な笑顔に救われる。改めて、できた後輩だとつくづく実感する。
「……後藤。本当にありがとう」
「私も、心より御礼申し上げます」
 翠が柔らかな笑みを浮かべて頭を垂れる。内心の喜びが、手に取るように伝わる。
 出会った当初の自分のように「得体の知れない存在」だと恐れられる可能性もあった。偶然目撃していたのもあったとはいえ、彼は強い。天谷という仲間の存在や、決してそばを離れなかった翠の一途さのおかげで今という時間を手に入れられた自分とは違う。
 ふと、考える。もし、最後まで翠自身を拒絶していたらどうなっていただろう。
 姿だけは消してもなお、健気に使命を果たそうと尽力する翠を想像して胸が痛くなった。
 あるいは、ブレスレット自体を処分していた可能性も……ある。
「気にしないでくださいって。オレこそ、話してくれてありがとうございます。絶対誰にも言いませんから、安心してください」
 いつも以上に後藤が頼もしく映る。もう一人理解者が増えるのは、何だかんだでありがたい。
「それよりも、ですよ」
 ブレスレットを外してもらうようお願いされる。翠抜きで話をしたいのだと理解して、素直に従った。どこか不満そうな翠に詫びを入れ、廊下を進む後藤についていく。
 エレベーター前で立ち止まった後藤は、満面な笑顔で振り向いてきた。……また嫌な予感が広がっていく。
「先輩の気になる君って、翠さんじゃないですか?」
 やっぱりだ。やっぱり、見抜かれた。
「やっぱり~。さっきの慌てっぷり、すごかったですもん」
 もはや何も言うまい。黙って羞恥に耐える。
「お似合いだと思いますよ。翠さん、なんか思いっきり甘えても受け止めてくれそうな感じしますもん。告白したら案外うまくいくんじゃないですか?」
「……男同士なのに?」
 後藤はそのあたりを全く気にしていないようだった。確かに昔ほど敏感な世の中にはなっていないと思うが、ここまで普通なのも珍しい。
「オレはあんまり気にしないですね。知り合いにそういう人何人かいるから、余計にそう思うのかも」
 ――だから、オレはずっと先輩たちの味方ですよ。
 その励ましは素直に嬉しい。
「でも……翠は俺が好きってわけじゃないよ」
 翠は事あるごとに「自分を護るのは私の大事な使命です」と口にしている。
 いくら……何度も抱きしめられたり、自身を触られたことがあったとしても、恋愛感情に結びつけるのは安易すぎる。
「あいつは俺をすごく大事にしてくれてるけど、それが使命だから。あくまで仕事なんだよ」
「そう、ですかね……?」
 後藤はどうも納得がいっていないようだが、本人と話せば現代社会では貴重な真面目ぶりを実感できると思う。
「なら、試してみたらどうです?」
「試す?」
「色仕掛けとか、そういうのですよ」
 また、何て提案をしてくるのか。
「先輩には難しいかもですけど、そこは頑張ってもらって。そうでもしないといつまで経っても平行線のままいきそうですもん」
 全力で首を振った。全く想像ができない。勢いをつけても乗っかる気にはなれない。
「難しく考えなくていいんですよ。思いきってキスをしてみるとか、押し倒してみるとか」
 熱で倒れそうだ。どこかの漫画やドラマじゃあるまいに、気軽に言いすぎである。
「想像してみてくださいよ。片想いの相手に迫られたりしたら、期待しちゃいません?」
 逃げ道を封鎖されて、唇が触れるぎりぎりまで迫られたあの瞬間が甦る。
 今なら、キス以外のことも望んでしまいそうだ。そう、ヒーリング中の、あの行為のようなことまで……。
 両手で顔を覆いたくなってきた。妄想力が逞しくて、歯止めが効かなくなったらどうしようと不安にさえなる。
 ふと、尻ポケットに入れていたスマートフォンが震えた。
『まだ、お時間かかりそうですか?』
 たったそれだけの文章だが、翠の眉尻を下げた表情が鮮明に浮かんでくる。
「ほら、そろそろ戻るぞ。買い物もあるんだし」
「今のって翠さんですか? スマホまで持たせてるなんて、愛ですねぇ」
「明日から仕事増やそうかなぁ。後藤くんだけ」
「か、勘弁してください!」


「……よくも、僕をハメてくれたね」
 買い物を終える頃にはすっかり日も落ちて、肌を撫でる風は若干肌寒くなっていた。
 玄関を開けると、思いきり眉をつり上げて仁王立ちしている藍が待ち構えていた。予想通りの光景とはいえ、気迫は半端ない。さらに鳥肌も立ちそうになる。
「ちょ、ちょっと! 僕は本気で怒ってるんだけど?」
 姿を現した翠は荷物を持って、藍の横を通り抜けていく。
 二人の背中を追ってリビングに辿り着くと、翠がこちらを振り向いていた。意思の強固さを示すような、曇りのない輝きを放っている。
「藍。私は決めたんだ。どんなことがあっても、文秋さんの隣に立ち続けると」
 藍の息を呑む音が聞こえた。
「文秋さんをお護りするのは、私だけでありたい。ずっとだ」
 翠の、自らの使命に対する誇りは本当に輝かしいほど強く、純粋だった。
 ブレーキを必死にかけ続ける。恋愛感情なんてない。あるのは使命感だけだ。
「……入れ込みすぎるのは危険だっていう言葉の意味、わかってて言ってるの」
 翠はただ、頷いた。言葉で飾らないからこそ、込められた想いが伝わる。
「あんたは……あんたは、どうなの。兄さんの気持ちに、応えられるの?」
 藍は気の毒なほど必死な形相をしていた。もはや言葉ではどうしようもない。認めたくないのに認めないといけなくなる。そんな叫びが聞こえるようだった。
「藍、これはあくまで私の勝手な私情だ。文秋さんは関係ない」
「何言ってんだよ! それじゃ、それじゃ兄さんが不憫すぎるじゃないか!」
 言葉を発するべきなのに、ふさわしいものが見当たらない。
「不憫なわけがない。文秋さんは本当に私を大事にしてくださっている。それだけで充分だ」
 唇を震わせる藍に、そっと声をかける。
「……藍くん。俺にとって、翠はとても大事な存在だよ」
 これは、あくまで「翠の主人として」の気持ちだ。恋愛感情は、封じておかねばならない。
「主として、エメラルド本体も彼も、ずっと大事にしていく覚悟でいるよ。支え合って生きていけたらって思ってる」
「文秋、さん……」
 翠の口元が、次第に綺麗な三日月を描いていく。
「あんた、それってさ……」
 どこか呆れたように藍はつぶやいたが、首を振って続きを飲み込んだ。翠の意思とは比べものにならない、そう言いたかったのかもしれない。
「俺は翠のことずいぶん頼りにしてるんだって、改めて実感したよ。特に仕事中なんか、ブレスレットがなくて心許ない気持ちがダダ漏れちゃって、後輩に心配かけちゃった」
 誰のことかわかったらしい翠は苦笑している。
「今も、知識もほとんどない頼りない主だけど、本気で翠も大事にしようって考えてる。……これじゃあ、やっぱり甘いかな?」
 ブレスレットの持ち出しを許してほしいと頭を下げるのは違う。言葉で、行動で、納得してもらうしか方法はない。
「そんなことはありません!」
 間髪いれず返してきたのはやっぱり翠だった。
「これ以上ないくらい幸せな思いでいっぱいです。文秋さんの想いを一人占めできるなんて、私は本当に贅沢な存在ですね」
「贅沢って、だから大げさなんだよ翠は」
 両手ごと包み込まれた。言葉の選択もいちいち恥ずかしい。そういうのも期待させる要因なんだとわからせてやりたくなるが……今は、甘んじて受けておきたい。
「二人して、そんなに入れ込んじゃって……絶対、幸せになんかなれないのに」
 俯いていた藍は、こちらを鋭く睨みつけた。明るい水色は、荒れた海のように揺らめいている。
「二人の、馬鹿!」
 そのまま消えてしまった。どこか気まずい沈黙が降りる。どう見ても納得してもらえた雰囲気ではない。
 兄が大好きだから阻止している、とは言い切れない態度だった。
 他の理由があるとして、一体何なのだろう。
「翠……藍くんがあんなに必死な理由って、何なんだろうな」
「そう、ですね」
「何か知ってるのか?」
「いえ。私は、特には」
 翠の微笑みは、これ以上踏み込んでほしくないという意思表示に見えた。

←5話へ戻る7話へ進む→