#BL小説
隣の幼なじみがマジです

創作BL版深夜の60分一本勝負 のお題に挑戦しました。
使用お題は「吐息」「ゼロ距離」です。

-------

「いいよ。考えてやるよ」

 もちろん冗談のつもりだった。
 今まで自分自身そんな気配を感じたことは一ミリもなかったし、これからも起きるわけがないと信じていた。


 彼は幼なじみで一番の友達だった。
 普段は自分のあとをついて回る甘えん坊かと思えば、言うときははっきり言うし、彼が前に出るべきと己で判断したときの動きは全く迷いがない。
 まさに「守り守られる」という言葉が似合う関係だった。
 それが、なんだ。急に「ミツが好きだ」と真面目な顔で告白なんかしてきて。
「そういう意味で好きって、俺は違うぞ」
「わかってる。ただ、言ってみただけだから」
 明らかに狙って言ったと、もちろんわかっていた。彼、ユウキは大事なことを「ついうっかりこぼす」性格ではない。
「まあ、これで友達やめるつもりはないけど」
「相変わらずわがままだな。俺が気持ち悪いから絶対いやだ! ってごねたらどうするんだよ?」
 てっきり泣きついてくるかと思ったが、ユウキは熟考している。嫌な予感がするのは気のせいだろうか。
「二度とそんなこと言えないように無理やり説得しちゃうかも」
 予感は当たっていた。本当に降参するまで諦めなさそうだから冗談に聞こえない。
「でも、どうするの? おれ、今のところ諦めるつもりは全然ないんだけど」
 その訊き方は正直ずるいし困る。たとえば絶対友達以外ムリ! ときっぱり言っても意味がないということになる。
「どうにもならないだろ。お前と恋の始まりなんて見える気配すらないね」
 しかし、よくも悪くも諦めの悪いのがユウキだった。
「恋の始まり……ときめき?」
 顎を触りながら大真面目につぶやく。
「ほら、相手にときめきを感じたとき『これって恋?』みたいに自問するやつあるじゃん。それだ」
「待て待て、一人で勝手に話進めんなって」
 さらに嫌な予感が強まった気がしてならない。
 ユウキは一歩距離を詰めると満面の笑顔で見上げてきた。
「ねえ、ミツをときめかせられたらさ、おれと恋人同士になること真面目に考えてくれる?」
 アホか、と切り捨てようとしてとどまる。
 たぶん彼は諦めないであれやこれやと手を尽くして条件をのませようとするだろう。もっと面倒になるのは勘弁してほしい。
「いいよ。考えてやるよ」
 絶対にユウキを親友以上の色眼鏡で見ることはない。
 自分の感情を信じていたから、敢えて乗ってやった。諦めて今のポジションのままでいることを選ぶ未来しか見えていなかった。
「ほんと? ありがとう!」
 語尾に音符マークでもついていそうな言い方ではあったが、まあ、しょせんは男だしな……。思わず苦笑がこぼれる。

「約束したのはそっちだからね。覚悟してよ?」

 一瞬で、ユウキの双眸が視界を埋めつくす。緩やかな月を描いている。

「そんなに無防備で大丈夫? おれ、調子に乗っちゃうかもよ?」

 唇に、吐息がかかる。すべての神経が奪われてしまったように身体が動かない、突き飛ばしたり茶化したりできない。
「まあ、ここで無理やりしても意味ないし、宣戦布告ってことで」
 こんな刺激的な宣戦布告があるか。
 ――初めて、ユウキの恐ろしさが身にしみた瞬間だった。畳む

ワンライ 編集