星空と虹の橋の小説を掲載しています。

更新履歴

カテゴリ「ショートショート・男女」に属する投稿32件]

20240601214416-noveladmin.jpeg

(画像省略)毎月300字小説企画  のお題に挑戦しました。お題は「指」…

ショートショート・男女

#[300字SS]

ショートショート・男女

【300字SS】きっと、ぜんぶ

20240601214416-noveladmin.jpeg

毎月300字小説企画  のお題に挑戦しました。お題は「指」です。

-------

 手のひらを抜けて、肘のほうまで。
 陳腐な言い方だけど、まるで電流だった。
 触れられているのは数本の指先、ほんのわずかな箇所なのに。
 素直に表に出すのは悔しくて、唇を引き結ぶ。
 隣から、からかいを含んだような小さな笑い声が聞こえてきた。……お見通しってこと?
 ――声が漏れそうになった。
 触り方、かわった。明らかな、誘いに乗りたくなるような、身体の芯を撫でるような――
 この人になにもかも刷り込まれたことを思い出す。私という人間は、この人好みにつくりかえられてしまっている。
 ああ、もう。
「いつまで痩せ我慢が通用するかな?」
 指の間へするりと移動した熱に浮かれ始めているのを、もはや止められそうにはない。

#[300字SS]

書きたい!という方はこちらをどうぞ

選択式・一言感想フォーム
※選択式とありますが、書く欄があります

(対象画像がありません)

——諦めない。気持ちを受け入れてもらえるまで。*平泉春奈×エブリスタ 短編小説コ…

ショートショート・男女

#お題もの

ショートショート・男女

ふたつの直線、交わる日はいずこ

——諦めない。気持ちを受け入れてもらえるまで。
*平泉春奈×エブリスタ 短編小説コンテスト 応募作品です。
エブリスタで読む場合はこちらから

------

「すっかり遅くなっちゃったわね」
 依頼を受けた時は、まさか都内を飛び出すことになろうとは思いもしなかった。思わぬ遠出になってしまった。
 依頼主の関係者に話を聞く必要が出たまでは仕方ないものの、事情で正体を明かせない、理由も明かせないのはさすがに参った。
「でも、おかげで完璧な報告ができるんじゃないですか?」
 私の事務所でただひとりの所員である彼は弱々しくも明るく笑った。
「そうね。これなら謝礼もたんまりもらえることでしょう」
「さすが、たくましいリーダーですよ」
「でしょ?」
 上司と部下の垣根を越えたやり取りも、すっかり板についた。とても心地のいい、まさに理想的な状態だとつくづく実感して、幸せにさえ感じる。
 腕時計を確認すると、もうすぐ日没を迎えそうな時間だった。この道をまっすぐ進めばバス停に辿り着く。便はまだ残っているはずだった。
 背伸びついでに横を見ると、湖面に橋がかかっているように、オレンジ色の光が山の方へと伸びていた。今の疲労感に相応しい、優しく穏やかな景色ができあがっている。仕事でなければカメラ片手にゆっくり散歩を楽しんでいただろう。
「秋は紅葉とかすごそうよね、ここ」
 少し見上げればまだ瑞々しい葉をつけている木々が出迎えてくれる。先の季節を想像したら、ますますプライベートで訪れたくなった。
「実際、春と秋はそれなりに混むところらしいですよ。デートスポットとして密かな人気があるって、ネットの記事に書いてあったかな」
「へえ。じゃあ、さっきカップルの振りをしたのは間違いじゃなかったってことね」
 思い出してつい笑いそうになる。彼が妙に慌てふためいていたからだ。依頼人からたまに告白されることもあるらしいのに、意外と初なのかそもそも恥ずかしがり屋なのか。
「デートはこういうところでしたい派?」
「……僕は、あんまりこだわりはないですよ。好きな人とだったらどこでも楽しいと思うし」
「そうなの? ああ、でもあなたらしいね。好きな子が聞いたらすごく喜ぶんじゃない?」
 手を繋いでにこにこ散歩を楽しむ姿が頭に浮かぶ。きっと微笑ましい光景に違いない。
「所長は、どうなんですか?」
 声のトーンが変わった気がして、思わず足を止めた。
 少しずつ弱まる光に照らされた彼の表情が、変に真剣に見える。たいした話題でもないのに。
「私は、そうね。どっちかっていうとこういう静かなところとか、自然が多いところがいいかな。のんびりしたいから」
「のんびり、ですか。所長なら酒とつまみ、絶対持って行きそうな気がしますけど」
「あ、言うじゃない。確かにお酒は大好きだけど、飲み屋とかで思いっきり楽しみたいタイプだからね私」
「ええ、本当ですか?」
「本当よ! 何回も一緒に飲みに行ったことあるでしょ?」
 ……普通だ。
 さっきの違和感が嘘だったように、元通りの空気が流れている。
 単なる勘違いだったのか?
「じゃあ、それを証明するためにも今度出かけませんか?」
 一歩、彼が距離を詰めた。光が背中に隠れて、表情が見えにくくなる。
「何、デートでもしてくれるの?」
 再び変な緊張感を覚えて、わざとおどけてみせた。
 何が正解なのか、もはやわからない。こんな彼は知らない。
「……所長がそれでいいなら、僕、本気で誘いますよ」
 ――自分の身体が、どこかに連れて行かれたかと思った。
 視界が白く染まる。
 右目が少し眩しい。
 私以外の熱が、私に触れている。
「……ちょ、ちょっと?」
 ドラマや映画を観ていて、「どうしてすぐ行動できないの?」と登場人物に対してぼやくことが結構ある。
 実際、できるわけがなかった。
 体験し慣れてないほど、予測不能であればあるほど、頭が回らず、全身が縫い付けられてしまう。
 そして、意味もなく自問してしまう。
 どうして、私は彼に抱きしめられているの?
「さっき、所長が恋人の振りしてくれたとき、年甲斐もなく嬉しいって思ってました」
 伝わってくる心臓が速い。緊張しているのは明白だった。
 これが冗談なら、かなりの芸達者と言える。
「好きです。ずっと好きでした。僕が依頼人だったときから、ずっと」
「そんな、前から……」
 思わずつぶやいていた。
 働かせて欲しいとあんなに頼み込んできたのは、それが理由? 何回断っても諦めなかったのは、私を想ってくれていたから……?
 さらに引き寄せられる。身じろぎしても力は緩まない。
「気づいていたんじゃないですか? 僕の気持ち」
 半分正解で、半分外れだ。
 特別な好意をもってくれているのは、何となくわかっていた。だが、そこまでだった。深く探ろうとはしていなかった。
「所長の隣で過ごすようになって、どんどん好きになっていきました。仕事に誰よりも誇りを持っているところも、まっすぐ過ぎて時々不器用になるところも、可愛いものが好きなところも、何もかも」
 彼にはいろんな私を晒してきたと思う。
 それでも、決して否定することなく隣に立ち続けてくれていた。いつしか心地よさに変わっていったのは、嘘じゃない。
「僕は、あなたの特別になりたい。あなたの近くに、いたいです」
 嬉しい。
 素直な気持ちだった。こんなに想われて、いやなわけがない。もったいないとさえ思う。
 無意識に拳を握りしめていた。変に震えて、あまり力が入らない。
「……ありがとう」
 何とか、最初に言いたい言葉を返せた。
「私も好きよ。あなたがとても大事」
 抱きしめてもらえて、敢えてよかったかもしれない。顔を見ながらなんて、とてもできそうにないから。
 息をのむ音が聞こえたところで、緩く首を振った。
「私にとって……あなたは、最高の相棒よ。それ以上でも、それ以下でもない」
 時間が止まったようだった。
 空気が固まっている。微風さえ感じない。彼は動かない。
「他の誰も、代わりなんて務められないわ。私の隣に立てるのは、間違いなくあなただけ」
 彼が求めている答えではないとわかっている。ある意味、最上級の残酷な言葉を投げている。
「……仕事上での、相棒ですか」
 絞り出すような声がかすかに震えていた。
「光栄です。もったいないと思います。でも……仕事上、なんですね」
 納得できないと、言外に告げている。
「他に好きな人がいるんですか?」
「いないわ」
「僕みたいな男は眼中にもない?」
「そういうわけじゃない。あなたは本当に素敵な人だと思う」
「だったら!」
 縋り付かれているような心地だった。
「だったら……いいじゃ、ないですか……」
 もしかしたら、泣いているのかもしれない。私のせいで、いつも纏っている穏やかな空気を澱ませてしまった。
 それでも答えは変えられない。
 たとえ、たとえ彼がいなくなってしまったと、しても。
 ――本当に? 違う。本当はいやだ。彼に「相棒」であることを受け入れて欲しい。そして隣に立ち続けて欲しい。
 何て一方的なわがままだろうか。こんなわがまま、彼が受け入れるとは到底思えない。なのに、私は説得できる言葉を必死に探している。
「……私、本当に仕事だけね」
 彼に訊き返されるまで、声に出していたことに気づかなかった。
 夕日に照らされた彼の瞳は、陽炎のようにひどく揺らめいている。耐えきれず、少し目を伏せた。
「仕事の報告はすらすら言えるのに、駄目ね。あなたのことが、恋愛感情とか、そういうの関係なしに大事なんだってうまく言えそうにない」
「……うまく言えたとしても、意味なんてないです。僕は、あなたと恋人同士になりたい。あなたは、僕と相棒になりたい。着地点が違う」
 だから説得しても無駄だと、はっきり宣言されたも同然だった。
 力ない笑いがこぼれた。お互い、どこまで頑固なんだろう。どちらかが諦めなければまっすぐな道が映るばかりだ。
「はぁ……」
 距離を取った彼が、肺の中を空っぽにする勢いでため息をついた。
「やっぱり、勢いで告白なんてしたら駄目ですね」
 半分以上は山の裏側に沈んだ夕日を、正面から受け止めている。ぎりぎりまで細められた目が、やけに輝いているように見えた。
「本当は、わかってたんです。所長は僕のこと大事に思ってくれているけど、僕とは違う気持ちなんだって」
「……私、そんなにわかりやすい?」
「いつも仕事のことばかりなんですもん。仕事が好きすぎて、他が入り込む余地がないっていうか」
 何年も前に振られたときも同じことを言われた。その頃はまだ事務所を立ち上げたばかりで必死だったせいもあるが、仕事好きは当時も変わらなかった。
「それなのに……恋人の振りしただけで我慢できなくなるなんて、ほんと、格好悪い」
 身体の内側からじわりと熱くなってきた。裏を返せば、それだけ想いを募らせていたという証なわけで……。
 さっきの熱烈な告白たちを思い出して、自然を装って目線ごと俯く。
「何ですか、その顔。もしかして、今さら恥ずかしがってくれてるんですか?」
「い、今さらって、だって、いきなりだったし」
「でも、そういう反応してくれたんで、ちょっと自信つきました」
 そのまま歩き出した背中を、少し迷って追いかける。迷いを吹っ切った態度に見えるのは気のせいなのか。
 だとしたら、何を考えているのか。

「あなたの気の済むまで、相棒でいてあげます。その間に、絶対惚れさせてみせます。僕の諦めの悪さはよくご存じでしょう?」

 顔だけ振り返った彼は、あのときと一緒の笑顔を浮かべていた。
 社員として彼の採用を決めたときと、同じ。
「……何よ。一人で勝手に解決して、勝手に決めて」
 わざと彼を追い抜いてやった。聞こえた笑い声は空耳に違いない。
「大事な相棒が辞めるんじゃないかって心配だったんじゃないですか?」
 すぐ隣に並んだ彼の顔が目に浮かぶようで、正直悔しい。反論はしないが多分正しい。
「いいわ。あなたの挑戦、受けてあげる。でもそう簡単にいくかしら」
「長期戦はとっくに覚悟してます。でも、今まで通りだと思ったら大間違いですよ」
 回り込んできた彼の顔が、やけに近い。いつの間にか顎も掴まれて、動けなくなっていた。
「ちょ、っと。まだ付き合ってないのに、反則じゃない?」
 彼を至近距離で見つめるのは初めてだった。改めてなかなか整っていると実感する。それを活かして何度か偵察に向かわせたこともあった。最初は初々しかったけれどだんだん板についてきて頼もしく感じると同時に少し寂しさも―― 「また緊張してる。隠そうとしても無駄ですよ」
 呆気なく見破られた。
 いや、それよりもキスをされた。口ではなく頬だが、キスにかわりはない。
「じゃ、いい加減行きましょうか。帰れなくなっちゃいますしね」
 反射的に繰り出した拳は虚しく空振りに終わった。そのまま小走りで逃げていく背中をすぐ追いかける。
「頬もだめじゃない!」
「あれ、頬へのキスは親愛の証だって知らないんですか? 親が子どもにやったりするじゃないですか」
「私たちの関係は今そういうのじゃないでしょ!」

 もしかしたら、早まったかもしれない。
 相棒を失わない代償に手元にやってきた、変化の確定した日々を想像しただけで落ち着かない。
 これも、彼の作戦?
 だとしたら、バス停に着くまでにいつもの私を少しでも取り戻さなくちゃ。
 戦いはもう、始まっているのだから。

#お題もの

書きたい!という方はこちらをどうぞ

選択式・一言感想フォーム
※選択式とありますが、書く欄があります

20230304224447-admin.png

(画像省略)毎月300字小説企画  のお題に挑戦しました。お題は「おく…

ショートショート・男女

#[300字SS]

ショートショート・男女

【300字SS】永遠に

20230304224447-admin.png

毎月300字小説企画  のお題に挑戦しました。お題は「おくる」です。

-------

 見送った日の背中が未だに忘れられない。
『……僕を信じて、待っててくれ』
 向かった場所は教えてくれなかった。連絡を取るのも禁じられた。お互いを唯一つないでいるのは、ネックレスに通した婚約指輪だけ。
 苛立ち以上に不安が大きかった。最悪の想像ばかりが脳裏をよぎって仕方ない。
「ごめんね、説得できなかったよ」
 ようやく、ようやく逢えた彼は、目を伏せながら当たり前のようにそう告げた。
 訊き返す声は、出なかった。
「人間と結婚したら君を殺すと言われた。秘密を知られるわけにはいかないって」
 寒い。足の力が抜けていく。
「わかってくれるよね? 僕は、君を誰にも渡したくないんだ」
 この感触は、薬指から?
 ……私、笑えてるかしら

#[300字SS]

書きたい!という方はこちらをどうぞ

選択式・一言感想フォーム
※選択式とありますが、書く欄があります

20230204213532-admin.png

(画像省略)毎月300字小説企画  のお題に挑戦しました。お題は「甘い…

ショートショート・男女

#[300字SS]

ショートショート・男女

【300字SS】甘い言葉をくれるひとは

20230204213532-admin.png

毎月300字小説企画  のお題に挑戦しました。お題は「甘い」です。

-------

「貴方の声は簡単に私を虜にしてしまうの。耳が蕩けるようよ」
「なら僕は『君の瞳も格好いい声も柔らかい髪も、全部僕を虜にして離さない……君はまさに運命なんだ!』」

「「いやいや、甘すぎ!」」

 二人してお腹を抱える。まさか一言一句綺麗に揃うなんて、素晴らしい奇跡だ。
「ああ、こんなに笑ったの久しぶりだよ」
 笑いで生まれた熱が消えていく。現実が代わりに降り積もる。
「これで、きっと穏やかにいける」
 白いベッドに腰掛けたままの彼は、こうなって幾度目かの苦笑を零す。
「身体がなくても、僕はずっと君と一緒だ。今度は夢で、たくさん逢おう」
 意識して唇を持ち上げた。
「……忘れないで」
 忘れないよ。あなたが最初で最後だもの。

#[300字SS]

書きたい!という方はこちらをどうぞ

選択式・一言感想フォーム
※選択式とありますが、書く欄があります

20230107220946-admin.png

(画像省略)毎月300字小説企画  のお題に挑戦しました。お題は「初」…

ショートショート・男女

#[300字SS]

ショートショート・男女

【300字SS】最初で最後

20230107220946-admin.png

毎月300字小説企画  のお題に挑戦しました。お題は「初」です。

-------

「今日は本当にありがとうございました」
「こちらこそ。僕としては自分でよかったのかなって今でも思ってるけど」
「いいえ、いいえ。わたく、私こそ我が儘を聞いていただいて、感謝しています」
 もうすぐ今日が終わってしまう。
 終われば、この人の前にはもう、いられなくなる。
 最初で最後の初恋は、甘くもあり苦くもあった。
 ……大好きな人と一日、自由にいられただけでも、幸運と思わないと。
「ど、どうしたの? どこか痛い?」
「お気に、なさらないで。とても、幸せで」
 負の感情は一切含ませてはいけない。一番の宝物としてしまっておけるものにしておきたい。
「それじゃあ、さようなら」

 彼が引き止めてくれても、初恋は消える定めなのだ。

#[300字SS]

書きたい!という方はこちらをどうぞ

選択式・一言感想フォーム
※選択式とありますが、書く欄があります

(対象画像がありません)

深夜の真剣物書き120分一本勝負 のお題に挑戦しました。お題は「②媚」を使いまし…

ショートショート・男女

#ワンライ

ショートショート・男女

無意識な色仕掛け?

深夜の真剣物書き120分一本勝負 のお題に挑戦しました。
お題は「②媚」を使いました。
一応お題に沿っている……つもりです😅
だいぶアホっぽいノリになりましたw

-------

「っもう、またなにするのよ……!」
 仕方ない。
「ごめんごめん」
「全然反省してないのも同じだし!」
 だって、本人はまったく狙っていないとわかっていても、どうしても「誘われて」しまうから。もちろん本人は悪くない、悪いのは完全にこっち。
「公共の場でやめてって前からずっと言ってるでしょ? もう」
 あ、そのふくれ面、上から見ると本当に可愛い。突き出た唇がちょっとつやつやしていて、今度はそこにキスをしたくなってしまう。ダメだダメだ、さすがに怒り狂っての帰宅コースになってしまう。下手したら一ヶ月はスキンシップを自粛せざるを得なくなる。ああ、でも……
「ぶっ」
「黙ってやられてばっかのわたしじゃないから。てかやっぱり反省してないじゃん!」
 手のひらで口元を覆われてしまった。
 というか相変わらず突き出たままの唇に加えて上目で睨んでくるその仕草は、はっきり言って逆効果だ。「わざとやってるだろ!」と突っ込みたくなってしまうほどだ。
 ……付き合う前から痛いほど実感していたことではあるが、天然の恐ろしさを改めて思い知らされる。
「ひゃっ!? な、なに!?」
 慌てて手を引っ込ませ、固く握りしめる。なにをされたかようやく理解したのか、今度は目線を上げてもっと鋭く睨み付けてきた。
「し、信じらんない……!」
 ……わかっているんだろうか。涙目のせいで、ある意味クリティカルヒット級のダメージを与えてしまっていると、実は理解したうえでやっているんじゃないのか!?
「……俺、本当にお前が好きだ」
「は、あ?」
「すごく可愛いって毎日思ってるし、離れたくないし、今すぐ同棲したいくらい」
 なんだこいつと思われてもいい。でも、爆発しそうなこの気持ちを落ち着けるにはこうするしかないんだ!
「や、やだやめてよ! そういうのも恥ずかしいからー!」
 丸い頬は真っ赤に染まり、丸い両目がさらに潤んでいく。しまった、逆効果か!? ならどうやってこの感情を落ち着かせればいいんだ……!


「……あのさ、いい加減パフェのアイス溶けるよって敢えて言うべき? それとも黙って帰るべき?」
「こいつらダブルデートだってこと忘れてるよな」
「あんたの友達も大概だけど、あの子も本気で嫌がってないのが余計にああさせてんのよねぇ。突っ込んだらそんなわけない! って真っ赤になりながら否定するんだろうけど」
「お互いメロメロだからね。って言っても同じ反応しそうだね」
「はぁ……勘弁してよバカップル……」

#ワンライ

書きたい!という方はこちらをどうぞ

選択式・一言感想フォーム
※選択式とありますが、書く欄があります

20220604235226-admin.jpeg

(画像省略)300字SS  のお題に挑戦しました。お題は「手」です。-…

ショートショート・男女

#[300字SS]

ショートショート・男女

【300字SS】隣の悪魔

20220604235226-admin.jpeg

300字SS  のお題に挑戦しました。お題は「手」です。

-------

手を離さないで。
確かにそう願った。懇願したと言ってもいい。
そうじゃないと自分を絶対保てないとわかっていたから。一番信頼しているからこそあなたに伝えた。
なのに……約束を破った。予想通りの醜態を晒す私を、泣き叫ぶ私を、あなたは残酷にも見捨てた。
「任せろ」と言ったあの力強い声は演技だったの? 見抜けなかった私が馬鹿だったの?
ああ、もう何も信じられない。全くどっちが役立たずなんだか……

「だから悪かったって! あんな怖いお化け屋敷だって思わなかったんだよ!」
「知らない! 無理して付き合ってあげたのに……信じらんない!」

#[300字SS]

書きたい!という方はこちらをどうぞ

選択式・一言感想フォーム
※選択式とありますが、書く欄があります

20211021092949-admin.png

(画像省略)300字SS  のお題に挑戦しました。お題は「宝」です。ベ…

ショートショート・男女

#[300字SS]

ショートショート・男女

【300字SS】宝物=言葉か行動か

20211021092949-admin.png

300字SS  のお題に挑戦しました。お題は「宝」です。
ベッタベタなネタになりましたw

-------

大好きだよ。
めんどくせーな。
だって伝えたいんだもの。ね、私のこと大好き?
っせーな、言わなくてもわかるだろ。
そうやっていつも誤魔化してばっかで言ってくれないじゃない!
俺がそういうの苦手だってわかってんだろ?
苦手で押し通すのズルい……。
お前以外とじゃ、こうやって一緒にいたいって思わないけど?

たった二言でいいのに。
ぷかりと浮かんだ不満は、瞬間はじけた。
ぶっきらぼうな話し方からは想像できない力で抱きしめられて、顎を掬われて、何度もキスをされた。頭を撫でる手がとても心地いい。

こっちの方がよっぽど説得力あるだろ?
た、ただ好きなだけのくせに!
そりゃお互い様だ。
……素直じゃ、ないんだから。

#[300字SS]

書きたい!という方はこちらをどうぞ

選択式・一言感想フォーム
※選択式とありますが、書く欄があります

20210501233841-admin.png

(画像省略)300字SS  のお題に挑戦しました。お題は「届く」です。…

ショートショート・男女

#[300字SS]

ショートショート・男女

【300字SS】荒療治でなければ

20210501233841-admin.png

300字SS  のお題に挑戦しました。お題は「届く」です。

-------

瞬時に開かれた視界の先には薄い闇が広がっていた。
呼吸が浅くなる。心臓がうるさい。
全身汗だくなのに、背筋が震えた。

『もう十分、待ったよ。とうとう何も返してくれなかったね』

そして彼は消えていった。追いかけようとした足は動かなかった。何を叫んでも聞いてくれなかった。
――告白されて、どっちつかずの態度を続けている私のせいだ。
近すぎる距離感が、先に見える道に靄をかけていた。
「ちゃんと返事をしたい」と告げたまま、彼の優しさに甘えていた。

いつでも言葉を届けられる場所にずっといてくれる。
そんなの、誰が決めたのだろう。

スマホに手を伸ばす。
おかげで、臆病の奥に隠れていた感情に気づけたのだ。

#[300字SS]

書きたい!という方はこちらをどうぞ

選択式・一言感想フォーム
※選択式とありますが、書く欄があります

20210410235837-admin.png

(画像省略)深夜の真剣物書き120分一本勝負 のお題に挑戦しました。お題は「③利…

ショートショート・男女

#ワンライ

ショートショート・男女

営業時間は「いつまでも」希望

20210410235837-admin.png

深夜の真剣物書き120分一本勝負 のお題に挑戦しました。
お題は「③利用可能時間」を使いました。
本の読めるカフェ店長と常連客の話です。

-------

 喫茶店に置かれた本の数々は、店長自ら選定したものらしい。まるで小さな図書館のようだ。
 私の嗜好とぴったり合致すると、抱いていた予想が確信に変わったのは、ある日閉店時間間近で交わした会話からだった。
 
「やっとこの新作読み終えたんですけど、やっぱり感情が忙しくなる作家ですよね。すごく悲しくなったりほんわかしたり……すごいなぁ」
「おや、作家の卵としてはやっぱり気になりますか」
「だから違いますって。私のはあくまで趣味ですよ」
 店長は、ふと何かを思いついたようにカップを磨く手を止めた。「スタッフオンリー」と英語で書かれた扉をくぐり、少しして戻ってくる。
「この本、ご存じですか?」
 一般的な文庫本よりも厚みがある。
「うー、ん? 知らない、かも。作者もちょっと」
「推理ものなんですけど、登場人物がみんな濃くて、関係性も面白いんです。ちょっとこの作者を彷彿とさせるんですよ」
「へえ……推理小説は苦手な方なんですけど、大丈夫かな」
「そこまで複雑なトリックはないので大丈夫かと。よかったらお貸ししますよ」
「嬉しい! ありがとうございます」
 今では、閉店時間後もこうしてお喋りする仲にまでなった。ちなみに、私がわがままを言ったわけじゃない。
『他のお客様がいるとゆっくりお話できませんし、僕がお願いしたいんです』
 私も同じ気持ちだったし、そう頭を下げられたら頷くしかできない。
 最初こそ遠慮がちだったものの、楽しくも穏やかな空気に負けて、ずるずると居着いてしまっている。
 今更ながら、いくら何でも図々しすぎじゃないかしら、私。
「どうされました?」
 私とあまり歳が変わらないとこの間知った店長は、柔らかい印象の瞳をわずかに細めた。
「あ、いえ。私、店長のお言葉に甘えて長居しすぎだよなって。今更ですよね」
「そうですよ。そのまま気にされないでよかったのに」
 心外だとでも言いたげな口調だった。いや、さすがに心が広すぎやしないか?
 スマホの画面を点けて、思わず短い悲鳴が漏れた。最長記録を更新してしまうとは!
「いやいや、もうすぐ三時間経とうとしてますし! 店長、お店の片付けもあるのに」
「片付けならほら、してますよ。キッチンの方は料理長がしてくれてますし」
 たった一人の店員は店長の古い友人らしい。コーヒーなどの飲み物を入れるのは得意だけど料理の腕はからっきしだから頼み込んだと、恥ずかしそうに教えてくれた。
「じゃ、じゃあ……せめて、手伝わせてください」
「そんなに広い店ではありませんし、大丈夫ですから」
 暖簾に腕押し状態に近い。「いただいてばかりじゃ申し訳が立たないんです」的なことを告げたら、多分困らせてしまうだろう。それも本意じゃない。
「あなたがいたいだけ、いてくれていいんです」
 まっすぐに見つめられて、ぐるぐるしていた思考が止まる。
 気のせいだろうか、「店長」という仮面が少しずれたような印象を受ける。
「僕は、それが一番嬉しい」
 カウンターが間にあるのに、ものすごく近くに感じる。目がそらせない。心臓が大げさにどきどきしてきた。
 胸中でかたちになりつつあるものに、明確な名前を付けていいのか迷う。
 単なる自惚れかもしれない。けれど、そう言い切れない空気を、店長は醸し出している。
 例えばこれが恋愛小説なら、受け身側は鈍い場合が多いのに。
「……ごめんなさい。変なことを口走ってしまいましたね」
 本当にそう思ったのか、あるいは私の反応を不安に感じたのか、店長は本棚と飲食席が並ぶ空間へ足早に向かった。片付けに戻ろうという誤魔化しなのだろう。
「変なことじゃないです」
 椅子から立ち上がって、借りた本を胸元に抱き込む。
 こちらを振り返った店長が、わずかに目を見開いた。
「ありがとうございます」
 賭けてみることにした。……いいや。きっと、勝ちは「見えている」。
「……前から、気になっていたんです。お仕事帰りだけじゃなくて、休日にも定期的に立ち寄ってくれて、持参した本だけでなく、僕が選んだ本も読んでくださるようになって」
 最初は、手持ちのストックがなくなってしまったから試しに読んでみようというだけだった。
 読んだことのない本はどれも、その日中に読み終えてしまうくらい面白くて、こんなに私のツボを刺激する選書をしているのは誰なんだろうと気になったのが、すべての始まりだったのかもしれない。
「あなたから話しかけてくださった時は、お恥ずかしながら舞い上がってました。それが本選びにも影響していたんでしょうね、常連さんに『本棚の雰囲気変わったね』と突っ込まれてしまいました」
 つられて、頬が熱くなる。こんなにストレートな人だとは思わなかった。
 店長が歩み寄ってきた。半分でも腕を伸ばせば触れられるほどの距離を残して、意を決したように眉間に軽く皺を作る。
「あなたと読んだ本の感想を言い合いたいし、おすすめも教え合いたいし、あなたが書いた小説も読みたい。……あなたに叶えてほしいことがたくさん、あるんです。ですから、これからもお店にいらしてください。何時間でも構いませんから」
「……会うのは、お店だけでいいんですか?」
 全くつまらない返しだとわかっていても、ほんの少しだけ悪戯心が芽生えてしまった。
「……意外と、意地悪な方なんですね」
 言葉とは裏腹に若干うわずった声に、内心が手に取るようにわかってしまって口元がな緩みそうになる。ほぼ同い年だとようやく実感できて何だか嬉しい。
 答える代わりに、腕を伸ばして店長に触れる。
「小説はまだお約束できませんけど……喜んで、お付き合いさせてください。よろしくお願いします」

 時間が許すのなら、ずっと一緒にいたって構わない。
 店長だけじゃないのだと告げたら、どういう風に喜んでくれるだろう?

#ワンライ

書きたい!という方はこちらをどうぞ

選択式・一言感想フォーム
※選択式とありますが、書く欄があります

20210206222017-admin.png

(画像省略)300字SS  のお題に挑戦しました。お題は『運/うん』で…

ショートショート・男女

#[300字SS]

ショートショート・男女

【300字SS】曲がらない想い

20210206222017-admin.png

300字SS  のお題に挑戦しました。お題は『運/うん』です。
何となく最初から最後までせわしない感じ(?)です。

-------

何かを選ぶ時、「ピン」と来た方とは別のものを選択する。
根拠のない理由に委ねるなんて、まるで誰かに運命を決められているみたいじゃない?
私は私の力で道を歩む。これからも、これまでも。
それが私の信条。

「君と付き合えるなんて思わなかった……本当にありがとう」
「大げさですよ。私もずっと好きだったんですから」
さりげないフォローが素敵で笑顔が可愛くてオンとオフの線引きがはっきりしていて……

「君は僕の運命の人なんだ。君しかいないって思ってた」
「君もそうだったら嬉しいな……なんて。ごめん、浮かれすぎだね」

貴方は……運命が示すままに、私を選んだと言うの?

百年の恋も冷めるって、こういう時も使っていいのかしら。

#[300字SS]

書きたい!という方はこちらをどうぞ

選択式・一言感想フォーム
※選択式とありますが、書く欄があります

20210124010305-admin.png

(画像省略)深夜の真剣物書き120分一本勝負  のお題に挑戦しました。…

ショートショート・男女

#ワンライ

ショートショート・男女

それぞれの不機嫌の理由

20210124010305-admin.png

深夜の真剣物書き120分一本勝負  のお題に挑戦しました。
お題は「②不機嫌」を使いました。こういう少女マンガ的展開が大好きですw

-------

「そのマンガ面白いの?」

 急に物語の世界から追い出されて、変にうわずった声が出てしまった。
「びっくりしたー。すごい集中力だね」
 どうやら声の主は正面にいるらしい。慌てて視線を直すと、一方的にだが見慣れた顔があった。
「じ、神宮寺、くん?」
「うん。佐原さん」
 相変わらず人当たりのいい笑顔をしている。ふいに目に留まる時はいつもこの表情だ……って、そんな感想はどうでもいい。
 なんで接点のまるでない神宮司くんが目の前にいるの?
「な、なんで? ここに?」
「なんでって、ここ俺らの教室じゃん」
 きょうしつ?
「ど、どしたん?」
 非常に覚えのある状況だ。つまりちょっとパラ読みするだけのつもりが、あっという間に漫画の世界に取り込まれてしまったという……
「ま、またやったよもう……!」
 漫画の厚さは一般的な単行本より多分二倍はある。しかも腰を据えて読まないといけないタイプだったりするから、短時間でも読みたい誘惑に駆られるのは御法度なのだ、たとえ通学時間が一時間近くあろうとも駄目なのだ、そうとわかっていたつもりなのに!
「やっぱり持ってこなきゃよかった……」
「え、面白いから夢中で読んでたんじゃないの?」
「だからこそなの……やっぱり家で集中して一気に読むべきだったの! 隙間時間で読むべき本じゃないってわかってたのに私のバカ!」
 って、ちょっと待って。
 私は今、誰と会話してるんだっけ?
「あはは、佐原さんって面白いなー! 相当面白いんだね、それ」
 逃げたい。
 黙ったまま背中を向けて、一気に走り去りたい。
 全然話したこともない、しかも人気のある男子相手にあんな醜態をさらすなんて、ますます気味悪いって思われる。
 というか神宮司くんはどうして普通に笑っていられるの? そもそもどうして声なんてかけたの? まあ、ある意味ありがたいと思ってはいるけれど……。
「ねえ、それなんて本なの? こーんな顔して読んでたから気になっちゃってさ」
 世間話のノリで、神宮司くんは胸元を指差した。視線を落としてようやく、楽しみにしていた新刊をがっちり抱き込んでいたことを知る。
 落ち着きはまだ戻りそうにないものの、とりあえず本のタイトルを告げようとして、気づく。
「こんな顔、って……それでよく声、かけたね」
 神宮司くんは眉間に皺を寄せた顔を作っていた。
 面白いと感じれば感じるほど、まるで不機嫌そのものな表情ができあがってしまう。
 ほんの少しの面白さなら笑えるのに。
「ごめん、からかったりとかするつもりじゃなくて……前から気になってたんだ。佐原さん、本読んでる時だいたいさっきみたいな顔してるから」
 誰も気にしていないと思っていた。端から見れば近寄りがたい女子そのものだからか、入学してからだいぶ経った今でも友達は全然いない。
 そんな私とは真逆にいるタイプの神宮司くんが、私を気にしていた?
「佐原さんって、好きなものの前だとああいう顔になる性格なんでしょ? なんつーか、我慢しちゃうような感じになるっていうか」
 素直に驚いた。
 その結論に辿り着くなんて、奇跡としか言えない。
「なんで、わかって……」
「……俺もそうなんだよ。俺の場合は無表情に近い感じになるらしいんだけど、とにかく似てるでしょ?」
 全く想像できない。それが顔に出ていたのか、神宮司くんは苦笑いを浮かべた。
「学校とかだと無理やり笑うようにしてるだけだよ。正直、かっこ悪いなぁって思ってる」
「そんなこと……ないよ。すごいと思う。私はどうしても、無理だから」
「別にすごくないって。だって顔に出さないようにしてるの、自分の中でじっくり味わいたいからってだけだし。あと素直になりすぎるのもなんか悔しいなって。ほんと、しょうがない理由だよね」
 ちょっと可愛いと思ったが、どんな理由であれあまのじゃくみたいな行動を取ってしまう人が近くにいたとわかっただけで、心がすっと軽くなる。
「佐原さんもじっくり味わいたいからだったりする?」
 仲間ができた嬉しさが伝わってくる。その喜びに水を差したくなくて、私だけがわかる嘘をついた。
「私も、そうかな。読んでる本が本だし」
 タイトルを見せると、神宮司くんの眉がぴくりと揺れた。
「なに、『諸葛亮のすべて』? えっと……確か、三国志だっけ」
「うん。私、偉人のマンガが大好きなの。作者によって解釈も違うから、読み比べてみると面白いよ」
「へー。じゃあ織田信長もそうなんだ?」
「探してみるとわかるよ。いっぱいタイトル出てくるから」
「そう聞くと確かに面白いかもなー。しっかし、こんなしっぶいの読んでたとは……いや、ある意味イメージ通りかも?」
 小さく笑い合う。これでも引かないなんて、神宮司くんが人気者の理由がわかる。
 ……仲間ができて嬉しいのは、私も同じ。たとえ理由は違っても、その気持ちだけは嘘じゃない。嘘じゃないから。
 その時、教室を見回りに来た先生に軽く叱られてしまった。慌てて帰り支度を整える。
「じゃあ、神宮司くん、またね。話かけてくれて、ありがとう」
 今日はとても素晴らしい日になった。「ありがとう」にたっぷりの感謝を込めて、頭も下げる。
「え、待ってよ。俺、一緒に帰ろうと思ってたんだけど」
「……いいの?」
 せっかくの縁を、この場限りにしたくないとは思っていた。でも、元来のネガティブさが顔を覗かせたばかりに、避けようとしてしまっていた。
「もちろん! だって『仲間』でしょ? 俺たち」

 いつか、神宮司くんに本当の理由を告げられるだろうか。
 それだけの勇気を、私は持てているのだろうか。
 でも今は、この喜びに浸っていたい。

#ワンライ

書きたい!という方はこちらをどうぞ

選択式・一言感想フォーム
※選択式とありますが、書く欄があります

(対象画像がありません)

深夜の真剣物書き120分一本勝負  に挑戦しました。②考証のお題を使用…

ショートショート・男女

#ワンライ

ショートショート・男女

自信満々準備万端な勘違い

深夜の真剣物書き120分一本勝負  に挑戦しました。
②考証
のお題を使用しました。沿ってるかは自信ないです。。

---------

 おっかしいな……。
 私は自分の証明が見事にひっくり返ってしまったことに呆然としていた。頭が真っ白だ。
「何をぼけっとしている。俺からすれば、自信を持っていたことの方が驚きだが?」
 恋人になるはずだった想い人は、触れられそうにないほどの冷たい瞳と声でへたり込んだ私を射貫く。ある意味彼のチャームポイントみたいなものだけど、今はただ痛い。
「だって……だって、私だけに優しかったじゃないですか」
「優しかった? 俺が? お前だけに?」
 一言一句丁寧に訊き返されるのがきつくてたまらない。それでも私には証拠がいくつもあるのだ。知らないなんて言わせない。
「三日前です。私が廊下でへこんでたら先輩が来て、でも何も言わないでいてくれました。私に気を遣ってくれたんですよね? そういう時はいたずらに声をかけない方が相手のためになりますもんね」
「ミスが減らないお前に呆れてたんだ。いつになったらマシになるんだとな」
「そ、その前には誤字のあった書類の再提出を命じた時に、頭をポンってしてくれたじゃないですか。それは好きな人から女子がされたら嬉しい行動ランキング上位に入るやつですよ!?」
「誤解させたなら申し訳なかった。あれは三回もお前の書類をチェックさせられて、さすがの俺もイライラが抑えきれそうになくてな。張り倒したくなったのをギリギリで堪えたからだ」
 ひどい。私はあれで完全に恋に落ちたっていうのに、そんな残酷な種明かしがあるか。
 全身の力という力が消えそうだ。横たわったらきっと起きられない。
 でも諦めない。それより前にも、証拠となる言動は揃っている。
「そ、そういえば! 部長に頼まれて一緒に資料を探している時ですよ。私が躓いて転びそうになりましたよね? そうしたらいつもそっけない態度ばっかりだった先輩が抱き寄せて助けてくれました。絶対無視するって思ってたのに助けてくれたから、これがいわゆるツンデレなのかって」
「……ああ、二ヶ月くらい前のやつか。あれはお前が転んだ先にパソコンが置いてあったから、故障させないために不本意ながら助けたんだ。資料室のデータベースだぞ? 一大事どころの話じゃない」
 そ、それは確かに最悪クビになってもおかしくない、いや、クビだけじゃ済まないところだった……。先輩にも連帯責任が降りかかっていたかも知れない。
「その件に関しては、納得しました。大変申し訳ありませんでした。でも、まだまだあります」
「もういらん。どうせ勘違いだ」
「会議で発表していたプレゼンで、私が勘違いに気づかないままだったところに恥かかないよう訂正とフォローを入れてくれました! 嫌いだったらそういう態度は取りませんよね?」
「上司の俺の評価にも関わるからに決まっているだろう。お前のためでは断じて、ない」
「出社して挨拶した私の顔を見て慌てて目を逸らしたことありましたよね! 今思い出しました! あれは正真正銘照れ時の反応! もしくは不意打ちにやられた反応! 恋愛ドラマとか漫画で腐るほど見ましたよ!」
「お前のすっ飛んだ理屈の元凶はそれか……どうしようもない」
「私のバイブル達を貶めないでいただきたい! それよりどうなんですか!」
「もちろん盛大なお前の勘違い、というか間違えた気の遣い方だったんだなと今思い知ったよ。口の両端に食べ物のかすみたいなものがついてたから笑いそうになっちまったんだよ。一応女相手に失礼だろう?」
 うそ……。
 自信満々に繰り出した証拠がすべて勘違いと反論できない答えで叩き伏せられてしまった。
 本気で立ち直れない。ふられただけじゃなくて嫌いでしたと最悪の告白までされるなんて、ほんの数分前の私は想像できた?
 先輩は参考書によれば典型的なツンデレのはずなのに、デレは存在すらしていなかった。恋愛経験が乏しいせいでこんな結果になってしまったの?
「……せんぱい……」
「いいからとっとと頼んだ資料持って来い。いつまで待たせるつもりだ。ご丁寧にタイトルを一言一句正確にメモしてやったんだから間違えたとは言わせないぞ? わかってるな?」
 初めての笑顔がナイフみたいに鋭いなんて、ある意味夢みたいです先輩……。

#ワンライ

書きたい!という方はこちらをどうぞ

選択式・一言感想フォーム
※選択式とありますが、書く欄があります

20210102185721-admin.jpeg

(画像省略)------- まだ離れたくないな、と思ってしまった。 相手からすれ…

ショートショート・男女

ショートショート・男女

感情の共有

20210102185721-admin.jpeg

-------

 まだ離れたくないな、と思ってしまった。
 相手からすればただのわがままだ。しかも二人きりで出掛けたのはこれが初めて。それなのに求めすぎじゃないだろうか。

「どうかしたの?」

 口数が減っていたらしい。慌てて作り笑いを返して、本当に今日は楽しかったと改めて感想を伝えた。
 お世辞抜きに、ただ楽しかった。この人と一緒にいるととても心地いいし、多分「ピースがかちっと嵌まる」感覚はこのことを言うんだろうとさえ思えたくらいだ。
 視界の先に、駅の出入口が見えてきた。あそこに辿り着いたら今日は解散しなくてはならない。

 ――果たして、この人も同じ想いでいてくれているんだろうか?

 そうだ、今日があまりにも楽しすぎてその可能性を忘れていた。下半身から力が抜けていくような感覚に襲われて、一気に未来が怖くなった。
 足を止めてしまった自分を、想い人は怪訝そうに振り返った。
 絶対に、この出会いを無に帰したくなかった。この人とこの先も付き合っていきたい。

「……っあ、の」

 声は驚くほどに震えていた。目の前の表情が明らかな心配顔に変わる。違う、具合が悪いんじゃない。反射的に首を振ってから、勇気を出して左腕の裾を掴んだ。

「もう少しだけ、付き合ってくれませんか」

 わずかに開かれた目を必死に見つめ続ける。拒否されたら、という恐怖で押しつぶされそうな心を意地で食い止める。たとえどんな結果でも、この選択をしなかった後悔だけはしたくなかった。
 自分にとっては五分くらい経ったような感覚が身体を走った時、右手に少し湿ったようなぬくもりが触れた。

「ありがとう。……実は俺も、同じことを考えていたんです」

 ——ああ。少なくとも今は、同じ気持ちを共有しているんだ。

 望む未来への足がかりになれた。それだけで今はたまらなく幸せだ。
 触れたままの手に相手の指が絡まる。優しく込められた力に引かれるかたちで、解散予定だった場所とは反対の方向へと歩き始めた。

書きたい!という方はこちらをどうぞ

選択式・一言感想フォーム
※選択式とありますが、書く欄があります

20210102183528-admin.jpg

(画像省略)noteの企画で書いたものです。--------- 僕たちは対等であ…

ショートショート・男女

#お題もの

ショートショート・男女

夏のソメイヨシノは春を運ぶのか?

20210102183528-admin.jpg

noteの企画で書いたものです。

---------

 僕たちは対等であるはずがなかった。

 一つ上の先輩に、密かに想いを抱く日々。意を決して突撃しそうものなら、僕はたちまち蜂の巣にでもされてしまう。
 片や才色兼備、片や平凡以下の後輩モブ。許されるのは妄想ぐらいだ。
 こういう場所をふたりで歩きたいと妄想しながら、僕はいろんな風景を写真で切り取っている。せっかくだからとSNS上に投稿していたら、たくさんの反応をもらえるようになっていた。
 SNSでは、僕はヒーローだった。
「こういうところでデートできたらいいなって、つい思っちゃいます」
 アイコンでもわかる、背中に流れる黒髪が美しい人は、心の中を覗いたような感想をいつもくれる。
 僕も、想い人の彼女に言われてみたい。少なくとも、モブから名前のあるキャラには昇格できる気がする。
 口の中に苦味を感じながら当たり障りのない返事を打つと、ちょうど電車が目的の駅で止まった。
 十五分ほど歩いて、足を止める。小遣いをこつこつ貯めて購入したデジカメをリュックから取り出した。まずは歩道側から海に向かって一枚。空と海にはっきりと水平線が引かれた快晴で、コントラストの差が眩しい。
 左を見ると、数人上陸できそうな平たい陸地を中心に、三日月状に岩が数個並んでいる。クラスの男子がイカダでも漕いで行ってみたいよな、なんてふざけ合っていたのを思い出す。
 まるで隔離されたみたいに、穏やかな波音だけが鼓膜を撫でている。こんな雰囲気の中を彼女と談笑しながら歩けたら、どんなに幸せだろう。
 寄せる波がぎりぎり届かない場所に立ち、海岸沿いに視線を送る。こみ上げる想いを、レンズに込めてシャッターを切った。
 そのまま、砂浜に腰掛けて反対側を向いて撮る。海を背に上半身だけを振り返る笑顔を想像して陸地を入れずに空と海だけを捉えて撮る。二人で砂山を作っているところを想像して、製作途中の山と自らの手を入れて撮る。
「……なにやってんだろ」
 妄想のままにシャッターを切った回数は、いつの間にか三桁に突入していた。想いをこじらせている証拠だ。いくら募らせたとて、未来は変わらないのに。
 レジャーシートの上で仰向けになって構えていたカメラを下ろし、横になりながらスマホを取り出す。SNSを見ると、黒髪アイコンの人から返信が来ていた。朝、海が今日の舞台ですと投稿した内容に、律儀に反応してくれていた。
 ゆっくり身体を起こす。暑さが限界だし、ネタも十分に集まった。
「……ピンク?」
 歩道側に向かって俯きがちに歩いていると、砂浜では目立つ色が落ちていた。
 内側が咲き始めのソメイヨシノを思わせる、瑞々しく可愛らしい色合いの貝殻だった。
 ピンクを親指でなぞると、彼女の唇がよぎった。リップクリームを塗っているのか、薄色でつやっとしていて、他の女子に羨ましがられていた。
 いよいよ変態じみてきた。そう呆れながらも、撮影の準備を止められない。
 再び、波際に歩み寄っていく。親指ほどの高さの山を作り、ピンク色の側を自分に向けて立てる。
 シートを再び広げてうつ伏せに肘をついて寝そべり、液晶モニターを覗き込む。貝殻にピントを合わせ、ぼやけた海を背景に入れる。
 波音を、機械音が一瞬横切った。
「……かわいいな」

『あの写真の場所、私、知ってます。家の近くなのでびっくりしました』
『貝殻、すごく可愛いです! 私も今度探してみようと思います』
 僕は一週間後、再びあの海に出向いていた。SNSの受信ボックスに届いていた感想に、舞い上がっていたのだと思う。
 今日は、素直に景色を収めようかな。
 あの日と違い、空には薄い膜が張り巡らされていて、彼方を見つめるほど地上との境界線がぼやけている。また違った雰囲気が楽しめそうだ。
 構図を探そうと波打ち際から少し離れて、海に沿って歩き出した足は――ふいに止まる。
 最初に目に入ったのは、黒い頭だった。両頬のあたりから髪が一房ずつ垂れて、ゆらゆらと踊っている。水色のジーンズに覆われた足を少しずつ前進させながら、頭を軽く左右に振っている。
 カメラを握る手に、力が込められていく。第六感がガンガンと主張している。このシルエットに覚えがあるはずと、繰り返し訴えている。
 もう五センチも縮まって腕を伸ばせば触れられそう。そんな距離で、相手は足を止めた。
 ――呼吸の仕方が、わからなくなった。

「あ、ご、ごめんなさい。捜し物をしてたから、気づかなくて」

 上品な響きの声が、聡明な瞳が、僕に向けられている。
 現実を疑う僕に追い打ちをかけるように再び、第六感が主張を始める。そんな偶然があるわけないと冷静な部分が訴えているのに、高まる高揚を止められない。

「それって、ピンクの貝殻ですか?」

 僕は、少しでも対等に近づけただろうか?

#お題もの

書きたい!という方はこちらをどうぞ

選択式・一言感想フォーム
※選択式とありますが、書く欄があります

(対象画像がありません)

「体調不良版ワンドロ/ワンライ」 さんのお題に挑戦しました。お題は『七夕』です。…

ショートショート・男女

#ワンライ

ショートショート・男女

予想外のプレゼントは七夕

「体調不良版ワンドロ/ワンライ」 さんのお題に挑戦しました。
お題は『七夕』です。
友達が仕組んでくれたおかげで、ずっと好きな彼がお見舞に来てしまった。私は無下にする真似もできなくて……。

------

 重い身体を動かして玄関を開けた私は、固まってしまった。
「……どうも。見舞いに来た」
 おそらく今日の講義で配られたであろうプリント数枚とビニール袋を掲げて見舞いアピールをしている。いや、別に来てくれたのは構わない。わざわざ持ってきてくれたのもありがたい。
「え、ええと、なんであんたが?」
「いや、お前が休みだって聞いて、見舞い引き受けたんだ」
 風邪を引いたみたいだから今日は休む、と連絡したのは同性の友人にのみだった。幸い授業は二つだけで、小テストのような重要性の高いものも予定されていなかったからこそ休みにしたのだが、見舞い相手が彼だというのは全くの予定外だった。
『差し入れついでに見舞い行ったげるよ。楽しみにしてて~』
 なにが楽しみなのかと疑問に思っていたが、そういうことだったのか……!
「と、とにかく上がっていいよ」
「えっ、いいのか? 別に俺、ここで帰ってもいいんだけど」
「せっかくだから、授業でなにかあったか軽く聞いておこうかなと。ほら、結構難しい授業でしょ? あれ」
 我ながらよくわからない理由を述べつつ、内心で無下に追い返すのも申し訳ないためだと懸命に言い聞かせて招き入れる。やはり彼はためらっていたけれど、上がることを決意したらしい。遠慮がちに肩をすくめながらついてくる。
「結構きれいにしてんだな」
「あんまり、物を置いておきたくないのよ」
「ふーん。今流行りのミニマリストってやつか」
「そういうつもりでもないんだけど」
 プリントをまとめたクリアファイルをテーブルに置いたあと、冷蔵庫を開けてもいいかと聞かれたので頷く。飲み物以外にもなにかを買ってきてくれたらしい。
「あいつらからの差し入れも入ってるから。遠慮なく食べてねって言ってた」
「ありがとう。正直、すごく助かったよ」
「熱あるのか?」
「ちょっとね。あんまり高くはないんだけど、身体動かすのはしんどいかな」
 それなら早めに説明を済ませると前置きして、彼は今日の授業について簡素にまとめてくれた。頭がいい人だなと最初から思っていたが、その感想は間違っていなかった。
「ありがとう! これならプリント見返しても大丈夫そう」
「難しいのは本当だからな。ちょっとでも力になれたならよかったよ」
 わずかに口端を持ち上げて微笑む彼はとても爽やかだ。風邪のせいじゃない熱が、ぐっと奥から湧き上がる。
 この授業は名前だけでも難易度が高いとわかるもので、取っている生徒はとても少なかった。
 そこで出会った彼に、多分私は一目惚れをした。
 理由はよくわからないけれど、「この人と付き合いたい」と思ったのだ。
 自分から他人に話しかけにいく行為は不得意ではなかったはずなのに、彼に話を振る瞬間は戸惑うくらいに緊張した。でもそれが功を奏したのか私と彼の仲は順調に深まり、今では互いの友人も交えて仲間のような空気ができあがっていた。
 だから、私の友人は気を利かせて彼をわざわざ寄越したのだ。
 彼も彼だ、別にお人好しを発揮させてわざわざ引き受けなくてもいいのに……。
 素直に嬉しいと思う部分と、申し訳ない部分と、素直になれない部分がゆるい喧嘩を繰り広げている。
「……あ、友達かな」
 落ち着かなくなってしまった気持ちを見計らったかのように、スマホが小さく震えた。なんともいえない空気になってしまった空気を壊してくれた誰かに感謝しながらスリープを解除して……ロック画面に表示されていたメッセージに思わず息をつまらせた。
「お、おい大丈夫かよ?」
「だっ、大丈夫! ごめん、なんでもない、からっ」

 ――彼とはうまくいってるー? 今日は七夕だ、この際だから願い事言っちゃえ! 好きだって言っちゃえ!

 病人に鞭打つような真似してどうする! とものすごく突っ込みたい。突っ込みたいが、それはあとだ。彼が帰ってから存分に文句を言ってやる。
「顔、すごい真っ赤だぞ……? なんでもなくないだろ、それ」
 彼は少し戸惑うと、長い腕を伸ばして背中に手を添えてくれた。天然って恐ろしい。さらに動揺させるようなことを平気でしてくる。
「ほ、ほんともう大丈夫だから! 背中、ありがと」
 身をよじるのはやりすぎだろうかと心配になったが、それよりも自身の平静を取り戻すのが先だった。
「……友達がね。今日は七夕だよって、ばかみたいなお願い事送ってきたのよ。それでつい吹き出しちゃって」
 とっさの嘘にしてはうまくできたと思う。普段の友人を知っているからだろう、彼は納得したように小さく笑った。
「どうせ今すぐ彼氏がほしいとか、そういうやつだろ」
「そ、そうそう。よくわかってるじゃん、さすが」
 彼氏、という単語に激しく動揺してしまった。まさか、彼も彼女がほしいなんてことを願って……?

「お前は、どうなんだ?」

 一瞬、問われた内容の意味を理解できなかった。
「お前は、そういう願い事……あるのか?」
 彼の視線は、とてもまっすぐだった。穴が開きそうなくらいに私を見つめているのではないかと思うくらい、熱のこもった視線だった。
「わたし、は……」
 どうしてだろう。告白されているような気分になるのは、どうしてなんだろう。
 他でもない、彼から。ずっと想い続けてきて、そのうち告白するつもりだった、彼から。
「もしあって、迷惑じゃなかったら……俺に、しろよ」

 私は、私に起きていることを理解できなかった。
 説明なら、できる。彼の唇が、私のそれに重ねられている。
 湿気の多いこの時期でも関係なしにかさついた感触が、優しくふさいでいる。
 そして、彼は小さく謝りながら今まさに背中を向けようとしている。

「逃げないで」
 布団から腕を伸ばして、シャツの裾を掴む。
 足を止められた彼は、なおもこちらを振り向かなかった。
「私の返事を聞かないで、逃げようとしないで」

 自惚れてもいいってことなんでしょう?
 私は、もっと未来にするつもりだった告白を、ここでしていいってことなんでしょう?
 友達からもらった笹の葉に、素直な願い事を書いてもいいんでしょう?

「……逃げないから、離してくれ。ちゃんと、聞くから」
 振り向いた彼は、まるでこの世に絶望したような顔をしていた。きっと勢いでしてしまったんだろう。
 でも、その誤った勢いが、私には思わぬプレゼントだった。
 ちゃんと笑っていられてるかな。できればきれいに着飾って、雰囲気のいいときに告白したかったけど、降って湧いたチャンスを逃したくなんて、ない。

「ずっと好きでした。私と、付き合ってください」

#ワンライ

書きたい!という方はこちらをどうぞ

選択式・一言感想フォーム
※選択式とありますが、書く欄があります

(対象画像がありません)

「深夜の真剣物書き120分一本勝負」 さんのお題に挑戦しました。使用お題は『①嫌…

ショートショート・男女

#ワンライ

ショートショート・男女

すべてが今さら過ぎたけど

「深夜の真剣物書き120分一本勝負」 さんのお題に挑戦しました。
使用お題は『①嫌々』です。
高校卒業を控えた幼なじみ同士のお話。

--------

「そんなこと言わないで、一緒に記念のアルバム作りましょうよ!」
「そんな辞書並みに分厚いアルバム、どんだけ撮るつもりなんだよって言ってんだろ! もう少し薄いのにしろって」
「で、でも、もうすぐ卒業なんですよ? 思い出で埋め尽くしたいじゃないですか! それに、今まで撮ったぶんもここに収めますし」
「収めてもまだだいぶページ残るだろ絶対……」
 オレンジに変わりつつある光の差し込む部室で、部長である幼なじみと俺のせめぎ合いが続いていた。かれこれ十分は経過していると思う。
 彼女は赤い表紙のアルバムを抱き込むように握りしめて、顔を歪めた。
「……お願いです。お願いですから、アルバム作り、協力してください。もう、こんなわがままは最後にしますから」
「最後って、大げさな」
 苦笑しながら言ってみたものの、初めて見る彼女の姿に内心は戸惑っていた。
 卒業を目前にしてセンチメンタルにでもなっているんだろうか。中学の卒業式は少し泣いたぐらいで、ここまではっきりとした態度には出していなかった。
「お願い、です」
 一歩距離を詰めて、縋りつくように見上げてくる。ここで普段はちっとも有効活用していない、可愛らしい容姿を武器に攻めてくるとは、本当に昔からずるい。
「……わかった、わかったよ。写真撮ればいいんだろ」
 盛大に溜め息をこぼして承諾すれば、一瞬で花が咲いたように笑顔になる。泣き笑いと言ったほうが正しいかもしれない。
「ほんと大げさだな。まあ、今までの頼み事に比べたらずいぶんマイルドだけど?」
 こいつの「お願い」にはさんざん振り回されてきた。腰までの長い黒髪にヘアバンドという、大和撫子――ただし古め――という四文字熟語が似合う容姿をしているのだが、中身は正反対と言いきってもおかしくない。見た目で惚れて蓋を開けた瞬間去っていった男を今まで何人も見てきている俺だから間違いない。
 とにかく面白そうなことがあれば果敢に首を突っ込みたがるのだ。もれなく俺もお供にされる。一番過酷だったのは、富士山でのご来光を写真に収めたいがために登山のお供をお願いされたときだ。プロのガイド付きでも、並みの体力しかなく登山の経験も全くなかった俺には、宿泊つき登山はハードルが高すぎた。彼女も同じ立ち位置のはずが下山するまでずっとはしゃいでいて、いろんな意味で負けた気がした。
「……そうですね。本当に、たくさん振り回しちゃいましたよね」
 普段なら「まだまだ付き合ってもらいますよ!」とでも返してきそうなのに、なぜかマジレスされてしまう。
「お、おい?」
「じゃあ、早速明日から少しずつ撮影開始しましょうね! わたし、ざっくりと計画を練ってきます。校内でも校外でも、撮りたいものいろいろあるんです」
 はぐらかされた? 追求したくても、彼女はアルバムを棚に戻すと逃げるように部室をあとにしてしまった。
「なんだ? あいつ……」
 あのぶんだと、改めて問いかけても答えてくれそうにはない。今時珍しく、携帯電話の類はなにも持っていないから、今すぐ追求できないのももどかしい。
 違和感を拭えないまま、とりあえず帰ることにした。
 ふと、今さらな事実に気づく。中学校からの付き合いなのに、今まで一度も下校を共にしたことがなかった。

  + + + +

 アルバム作りは、予想通り面倒な作業となった。
 彼女が持ってきた計画をこなすには、放課後だけでは全く時間が足りず、休日も贅沢に使ったものとなった。
 そして……あの日に抱いた違和感が、日に日に大きくもなっていた。

「これで最後ですね!」
 構えていたデジタルカメラを下ろすと、彼女は両手を上げて小さい子供のように喜んだ。
「いやー、時間かかったな……マジでギリギリじゃん」
 卒業式は三日後だ。写真の選定は彼女がするらしいが、本当に間に合うのだろうか。
「本当にお疲れ様でした。たくさんいい写真が撮れて、本当によかったです」
 心からの笑顔を向けてくる彼女に、焦りの色は全く見られない。こうと決めたときの行動の早さは折り紙つきではあると知ってはいるものの、手伝った身としては心配してしまう。
「なあ、俺、本当に手伝わなくていいのか?」
「いいんですよ。わたしが言い出したことですし、わたしがやりたいんです」
 言い切られてしまっては、これ以上なにも言えなくなる。
「あ、アルバム、ちゃんと二冊作りますからもらってくださいね? 間に合わなかったら郵送しますし」
「え、いいよそこまで……」
「いいから! せっかくです、受け取ってください。あとで住所、教えてくださいね」
 まただ。彼女は縋りつくように俺を見つめてくる。静かな気迫に押されて、頷くしかできなかった。
「ここ、懐かしいですよね」
 改めて背後を振り返り、呟く。もやもやした気持ちを持ったまま、また頷いた。
「中学のとき、この商店街にある食べ物全部食べて回りたい! って言ったときの顔、未だに覚えてます」
「そりゃそうだろ……初めての遊びがアレって、インパクトありすぎるわ」
 食べられないものあるかもしれないとか、お金はどうするんだとか、そういう当たり前の疑問を豪快にすっ飛ばして店に入りまくった彼女の恐ろしさを、その日だけで一生分味わった。にもかかわらず、未だにこうして付き合いが続いているのも不思議だとつくづく思う。
「なあ、今さらだけどさ……あのとき、お金ちゃんと全部払ってたろ? それって、お前が金持ちだから、とか?」
 彼女は自身のことをほとんど語らない。あまり触れてほしくないからかもしれないが、勢いで訊いてみてしまった。
「そう、ですね。そんな大層なものじゃないんですけど、一応」
 彼女は苦笑しながら告げて、気まずそうに髪を耳にかけた。
「あの、黙ってたのは変な目で見られたくなかったからです。こう、普通の人として接してほしかったというか」
「別に今さらなんとも思わないって。普段のめちゃくちゃな行動力の謎、解きたかっただけだから」
 本当に安堵したように笑う。金持ちなりに、きっといろいろと苦労してきたんだろう。これ以上の追求はやめておいた。
 彼女は改めて、地元の店が並ぶ商店街を振り返った。遥か彼方を眺めるように、目を細める。
「……わたし、どうしてもこの場所をラストに持っていきたかったんです」
 だから、食べ歩きもしたのか。
「そうだ、せっかくですからツーショット撮ってもらいましょう? あの、すみませーん!」
 否定する間もなく、彼女の言う通りの流れになってしまう。多分微妙になっているだろう笑顔で、人生初の女子との二人きり写真がカメラに収められた。
「ふふ、ありがとうございました。いい思い出になりました」
 カメラを大事そうに見つめる彼女の瞳は、寂しそうだ。

「あの、さ」
 違和感を吐き出す瞬間は、今しかない。
「お前が作ろうとしてるアルバム……なんか、今までの思い出作り、って感じがするんだけど」
 この商店街だけじゃない。
 高校と以前通っていた中学校の通学路の風景、俺の家の周辺の風景、二人で遊びに行った……もとい、無茶を要求された場所――俺達が共有している思い出の写真が、特に多い。
 卒業文集のようなノリのアルバムを作ると思っていたのに、これではまるで、思い出のアルバムだ。
「それ、は……それは、気のせいですよ」
 明らかに動揺しておきながら、彼女は下手な嘘をつく。
「大学生になったら、こうして会える時間も減ってしまうでしょう? だから、その前にこうしてまとめておきたくて」
「俺、お前の進路知らないけど」
 俺は、単純に家から近い私立の大学に行くと答えた。
 彼女は、まだ進路を決めていないと言っていた。それきり、知らない。
「わたし……わたしも、大学行きますよ。でも、ちょっと遠いというか」
 なぜだ。どうして下手な嘘を続ける。
 どうして、俺の目を見て言わないんだ。いつもまっすぐ俺を見つめてくる、お前なのに。
「あ、もう時間ですね。わたし、帰ります。アルバムの作業もありますし」

 細い腕を、掴めなかった。
 掴もうと思えば掴める距離なのに、できなかった。
 わかりやすい拒絶をされて、情けないことに、足を動かせなかった。

  * * * *

 俺はスマホに表示されている地図のもとへ、全力で駆けていた。
 頭の中はいろんな感情がごちゃまぜになって、まずい料理を作ってしまったような状態だ。でも、その中で突出しているのは「怒り」かもしれない。

 ――こんな形で、あなたに本当のことを告げる卑怯さを許してください。
 わたしは、高校を卒業するまでしか自由を許されない身でした。
 だから、中学のときに出会ったあなたを気に入って、たくさんの無茶を繰り返していました。
 したいと思ったことを、できる限りやりたかったのです。あなたと一緒に、楽しみたかった。
 付き合わせてしまって、あなたの優しさに甘えてしまって、本当にごめんなさい。
 あなたが好きでした。いいえ、今でも好きです。
 でも、どうぞわたしのことは気にしないでください。
 どうぞ、いつまでもお元気で。

 卒業式の次の日に送られてきたアルバムに同封されていた一枚の手紙で、すべてが線につながった。
 彼女があんなアルバムを作りたがっていたのも。
 卒業式の日、第二ボタンがほしいとせがんで、一度でいいから抱きしめてほしいと懇願してきたのも。
 全部……今さらすぎる、種明かしだ。
 なんとなく、大学も変わらない関係でいられると思っていた。大人に近づくから少しずつ無茶も減っていって、俺も勇気を出して、無理なお願いは断ろうなんて小さい目標も立てたりしていた。
 呆れるほど呑気で、自分に腹が立って仕方ない。
「ちょっと、そこのあんた!」
 金持ちなのは本当だった。でも、彼女の謙遜が謙遜にならないほど立派すぎる屋敷で一瞬足がすくんだものの、門の前に立っている初老の男性に声をかけることで気合いを入れた。
「なにか御用でございますか?」
 身なりからしてこの屋敷の執事だとわかる。俺は勢いのまま、彼女の名前を告げて会いたいと申し出た。
「なるほど。あなた様が、お嬢様が大変お世話になったお方でございますね」
「……知ってるのか」
「はい。お嬢様より、あなた様が訪れた際は対応するようにと、ご命令いただいております」
 きれいなお辞儀をされて、出鼻をくじかれてしまう。
「お嬢様は、現在日本にはおりません。イギリスにおります」
 ……なにを、言われているかわからなかった。
「……大学は、イギリスってことか?」
「大学卒業後も、イギリスでしばらくお過ごしになられます」
「いつまで、だよ」
「それは、私ではわかりかねます」

 それから、いくら粘っても彼女がイギリスにいることしか教えてもらえなかった。
 イギリスってなんだ。なんでいきなり外国なんかに行ってるんだ。
 お前は、ずっと俺のそばで無茶なお願いをする奴じゃなかったのか。

「そう、か。俺も、あいつのこと……」
 また、今さら気付いてしまった。よかったのか、よくなかったのか、中途半端に興奮した頭では判断できなかった。
 でも、ひとつだけはっきりとわかっていることがある。
「このまま、終わりになんてできるか」
 大体、告白して逃げるなんて卑怯にもほどがある。いつも変に自信があるくせして、こんなときは臆病だなんてお前らしくもない。

「待ってろよ。絶対、あっちで再会してやるからな」
 口にして、俺もいつの間にか無茶体質が伝染していたんだなと、苦笑するしかできなかった。

#ワンライ

書きたい!という方はこちらをどうぞ

選択式・一言感想フォーム
※選択式とありますが、書く欄があります

20210102001510-admin.jpg

(画像省略)「体調不良版ワンドロ/ワンライ」 さんのお題に挑戦しました。お題は『…

ショートショート・男女

#ワンライ

ショートショート・男女

あなたの手のひらが合図

20210102001510-admin.jpg

「体調不良版ワンドロ/ワンライ」 さんのお題に挑戦しました。
お題は『息抜き』です。
ある夫婦の日常の一コマ。ほのラブです。

--------

 息抜きするのが下手だね、とよく言われてきた。
 実際その通りだと自覚はしている。キリのいいところまで作業したいと気持ちが先走って、気づけば三、四時間経っていた、なんてこともザラだ。
 そしてひどく疲労してしまう。反省するのはこの瞬間で、なのに馬鹿の一つ覚えのように同じ行動を繰り返してきた。

 急に目の前が闇に包まれて、文字と図で埋まったモニタが消える。
「そろそろ休憩しないと、また体調崩すよ」
 視界を覆っていた彼の手を取ると、柔らかな笑顔が次に待っていた。
 モニタの右下に目を移して短く息を呑む。昼過ぎだったはずが、もう夕方に差し掛かっている。
「またやっちゃった……いつもごめんなさい。わたしのこと気にさせちゃって」
「気にするなよ。店の売上管理とか広告作りとか、頼りにしっぱなしだし」
 表に出るのは彼の役目、裏方は自分の役目。だから気にする必要はないと首を振るのだが、彼としては心苦しいらしい。
「もう少し勉強したら手伝えると思うから! 待っててくれる?」
「ふふ。わかった」
 彼に立ち上がるよう促され、そのまま寝室へと手を引かれる。これも日常茶飯事のようなものだった。
「別に寝なくても大丈夫だと思うんだけどな……それに夕飯どうするの?」
「少しくらい遅くなっても大丈夫だって。前に頑張りすぎてめまい起こしたこと、もう忘れたの?」
 あのときは寝不足もあったから、と説明しても、彼にとっては忘れがたい事件だったらしい。大事にしてくれるのは本当に嬉しいけれど、少し過剰すぎな気もする。
 それでも強く言えないのは――向けられる愛情が心地よくて、幸せだから。
 隣で肘をついて、横向きになりながら彼は頭を優しく撫でてくる。
 何年経っても変わらない。言葉にせずとも伝わってくる心からの労り。手のひらから癒やしの力が出ているかのように、全身へと染み渡っていく。
 ――ああ、やっぱりわたし、疲れていたのね。
 いつも自己管理の甘い自分を助けてくれてありがとう。
 頭を撫でる手を唇まで持っていき、軽く押し当てる。うろたえる彼を可愛く思いながらゆっくりと目蓋を下ろした。

#ワンライ

書きたい!という方はこちらをどうぞ

選択式・一言感想フォーム
※選択式とありますが、書く欄があります

(対象画像がありません)

note の企画で書いたものです。---------- わたし、恋をするとこんな…

ショートショート・男女

#お題もの

ショートショート・男女

目の前に、夢と妄想

note の企画で書いたものです。

----------

 わたし、恋をするとこんなにも腑抜けになっちゃうんだ。

 委員会の仕事をようやく片づけてカバンを取りに教室へ戻ると、すっかり人気はなくなっていた。部活のある生徒くらいしか残っていない時間帯だから当たり前だ。
 仕事で溜まった疲れを逃がすように、短くため息をついて窓際の自席に向かう。
(……加賀谷くん)
 想い人の席を通り過ぎた瞬間、思わず足が止まった。

 カリスマ性があり、その気質に負けていない容姿を持つ新島は、このクラスどころか全学年の女子から絶大な人気を誇っている。加賀谷はそんな彼の親友だった。
 傍から見ると、加賀谷は完全に新島の影に隠れていると思われるかもしれない。それだけ新島の存在感が強すぎるのだが、自分は決して劣っているようには見えない。実際、加賀谷に惹かれている女子も少なからず存在している。

「あんなにかっこいいのに、誰に対してもスマートって、ずるいよ」
 誰もいないのをいいことに、思いきって席に座ってしまった。少しでも加賀谷のぬくもりを感じられた……なんて考えてしまう時点で、頭は相当お花畑状態らしい。

 新島は年相応の明るさを持ち、その場をいきなり華やかにしてしまうオーラを持っている。懐も広いから、男女問わず友人も多い。
 対して加賀谷はおとなしめで、親友のフォローをしている姿が目立つ。そのせいか誰に対しても物腰が柔らかく、周りをよく見ていて、彼がいるだけでぐっと安心感が高まる。
 実に勝手な持論だが、「イケメンは性格が悪い」を見事に覆してくれた二人だった。
 それでも加賀谷に惚れたのは……委員会の仕事で手いっぱいになっていたとき、メンバーでないのにたくさん助けてもらったから。

『困ったときはお互いさまだから気にしないで。深見はしっかりしてるから、仕事いっぱい任せられてるんだよな』
『そ、そんなことないよ……昔から要領悪くて、こうやってすぐいっぱいいっぱいになっちゃうんだよ』
『そうだとしても、おれがもし頼む側の立場だったら深見に頼みたくなるよ?』

「すっごい殺し文句……だよね」
 しかも爽やかな笑顔つき。一体どれだけの女子が、毒気を抜かれて虜になってしまっただろうか。
「しかもちょいちょい手伝ってくれてるし」
 メンバーじゃないのだからと断ってもうまくかわされてしまうし、まるで新しく委員会に加わったんじゃないかと錯覚してしまいそうにもなるのだ。
 嬉しくないわけはない。一緒にいられる時間が単純に増えるし、彼との会話も楽しい。
 この間は、昔から大好きだった本が同じという事実も判明した。長いシリーズもので、ドラマ化するかもしれないという噂も立っている。それについて否定的だという意見も一致した。
 そう、気が合うのだ。

「こんな人、絶対他にいないって……」
 机に額を押しつけて深く息を吐く。
 最近の頭の中は、加賀谷に告白されるシーンと、もし付き合えたらという楽しい妄想で埋まっている。
 デートはカフェでまったり過ごすのもいいし、彼がおすすめだという映画を楽しむのもいい。二人だからこそ楽しめる場所を開拓していくのも新鮮でおもしろいかもしれない。
 恋をするのは初めてだった。初めてだからこそ、こんなにも恋に夢中になってしまうとは思いもしなかった。
 怖い。それ以上に、彼と恋人同士になりたくて仕方ない。

「あれ、深見?」
 幻聴かと思った。けれどおそるおそる出入り口を見やって、頭が真っ白になってしまう。
「びっくりしたー。おれの席に誰か寝てるって思ったら、深見なんだもの」
 全身が一気に熱くなる。反対に内心は氷のように冷たい。
 気持ち悪いと思われても仕方ない。自分なら、よほど深い仲でない人が自席に座っていたらちょっと引く。さすがの加賀谷もマイナスな感情を向けるに違いない。

「ご、ごめんなさい! えっと、その、特に悪気はなかったっていうか……!」
 近づいてくる彼に全力で頭を下げる。言い訳もなにも浮かばなかった。謝るしかできそうになかった。
「そんな、別に怒ったりしてないって。顔あげてよ」
 おそるおそる言われた通りにすると、いつもの微笑みがこちらを見下ろしていた。ほっとしたと同時、特別なんとも思われてないのだと知って、がっかりもしてしまう。
 ――なんてわがままな感情だろう。

「でも、理由は知りたいかな」
 微笑みを少しだけ潜ませて――真顔に近いといえばいいのだろうか――、静かに彼は告げてくる。
「きみが意味もなく、こんなことする人じゃないって知ってるから。おれに対して、なにか思ってることがあるんだろ?」

 ばくばくと心臓を脈打たせながら、懸命に投げかけられた言葉の意味を考える。
 柔らかく、問いかける口調なのに、どこか断言しているように聞こえるのはなぜ?
 なにかしらの確信をもって、問いかけているという、こと?

「っだから……特に、理由はない、って」
 言えるわけない。自ら傷を負いにいく真似なんてできるわけない。
 もっと彼の気持ちが見えたとき、あるいは気持ちが暴走してどうしようもないときでないと、口にはできない。

「おれも君と同じ気持ちかもって言ったら、どうする?」

 一歩距離を詰めた加賀谷は、頬に触れながらそう告げた。
 夢の中でしかなかった距離に、加賀谷の顔がある。ぬくもりが、これは現実だと訴え続けている。
「かがや、くん……」

「いつも見てたんだよ。君のこと」

 ぬくもりが、今度は唇に降りてくる。
 夢だけでなく妄想さえも現実になるなど、さすがに予測はできなかった。

#お題もの

書きたい!という方はこちらをどうぞ

選択式・一言感想フォーム
※選択式とありますが、書く欄があります

20210102000132-admin.jpg

(画像省略)「深夜の真剣文字書き60分一本勝負」さんのお題に挑戦しました。イメー…

ショートショート・男女

#ワンライ

ショートショート・男女

お題SS:雨上がり

20210102000132-admin.jpg

「深夜の真剣文字書き60分一本勝負」さんのお題に挑戦しました。
イメージソングを、サザンの『雨上がりにもう一度キスをして』にしたつもりが、重い話に😅

---------

 雨が降るたび、誰よりも愛していたひとのことを思い出しながら街中を歩く。

『その傘、いつも使ってくれてるよね。そんなに気に入ったの?』
『当たり前でしょ? あなたがくれたものだもの。それに、水玉模様一番好きだしね』
『そっか。俺も贈ったかいがあるってもんだ』

 薄い水色で彩られた水玉模様の傘は、三年以上経っても壊れる様子はない。私を、懸命に支えてくれているかのようだ。
 生まれ育ったこの街が、私は好きだった。自然に囲まれてのんびり歩く場所も、テーブルを挟んでお喋りを楽しむ場所も、おいしいものを堪能できる場所も、なにもかもがここには揃っている。
 あのひとも、同じ気持ちでいてくれた。

 春には、桜のあふれる公園で花見をやったね。予想以上に人が多すぎて、次の年は早めに場所を確保しに行ったよね。
 夏は、カフェにある限定のかき氷を食べに行ったっけ。サイズが大きいことを知っていて二人でひとつにしたのに、結局食べきれなかったんだよね。でもすっごくおいしかったよね。
 秋には紅葉に染まった並木道をひたすら歩いたね。その頃、カメラにハマったって言って、私のこともきれいに撮ってくれたね。
 冬は、お互い寒いのが苦手だから室内でばかり遊んでたよね。寒いかもしれないけどどうしてもスケートやってみたいってチャレンジしたら、二人して意外と熱中してたの、覚えてる。

 ……そう、覚えてるよ。私は、あなたとの思い出すべてを、覚えてる。

 身体は、自然と公園内で一番見晴らしのいい場所へとたどり着いていた。
 街中を一望できる、夜も人気のあるスポットだ。今日は雨のせいか、人影はない。
 雨の勢いはだいぶ弱まっていた。

 何度も足を運んだ。あのひととも、ひとりのときも。
 一番思い出の詰まっている場所だとわかっているから、引き出しを開けて中身をすべてばらまいて、いつまでも包まれていたいと願ってしまう。単なる逃避に過ぎないとわかっていながら、真正面から向き合うだけの強さがない。

 あなたからのキスが、もう一度ほしいよ。
 好きだって耳元で囁かれながら、少し高めの体温に優しく包まれたいよ。
 どうして、逢いに来てくれないの。「君が呼んだら、いつでも駆けつけてくるよ」って言葉は、嘘だったの?

 手すりを掴んだまま、固く目を閉じる。脳裏に浮かぶあなたは、目尻を少し下げた笑顔を私に向けてくれている。私を安心させてくれるとき、愛おしそうに名前を呼ぶとき、甘えてくるとき……同い年なのに、年上にも年下にも見える、笑顔だ。
 この場所と同じくらい、大好きだった。

 ――俺はずっと、君のことを想ってるから。

 そんな言葉が聞こえた気がして、思わず目を開けた。思わず苦笑が漏れてしまう。
 空耳だなんて、私も相当ね……。
 弱い私を見かねて、そばに来てくれたなら嬉しいけれど。

「わ、虹かかってる!」

 背中からそんな声が聞こえてきて、のろのろと顔をあげる。隣にやってきたカップルは嬉しそうに、スマホのカメラを起動していた。

 雨雲の隙間を狙ったかのように、薄い光の帯が差し込んでいた。
 七色というより三色くらいにしか見えないけれど、まぎれもない虹が、視界の先にあった。

『雨上がりにね、虹見えることがあるんだって。いつか見てみたいね』
『漫画とかだったら、いつか俺が見せてやるよ! って言うところかな?』
『ふふ、本当にそれができたら尊敬しちゃうなぁ』

 今度こそ、あふれる涙を止められなかった。

#ワンライ

書きたい!という方はこちらをどうぞ

選択式・一言感想フォーム
※選択式とありますが、書く欄があります

20210101235716-admin.jpg

(画像省略)「フリーワンライ企画」さんのお題に挑戦しました。-------- 私…

ショートショート・男女

#ワンライ

ショートショート・男女

お題SS:君の甘さは気持ち悪い

20210101235716-admin.jpg

「フリーワンライ企画」さんのお題に挑戦しました。

--------

 私に特別な気持ちでも抱いてる?
 からかってるだけ?
 誰かと「私を騙せるのは誰か」みたいな賭けでもしてる?
 特になにも考えてない?

 思いつく限りの可能性を並べてみた。
 でも、どれもピンとこない。敢えて選ぶなら二つ目か三つ目だろうか。
 迷うのは、彼の真意が全く見えてこないから。

「人の顔、じっと見てどうしたの?」
 目の前に想像してた男の顔が現れてびっくりしてしまった。
「そんなのけぞらなくてもいいじゃん? 面白いねぇ」
 ……そうだ。そういえば担任に「学級委員だからな!」と急にお願いされた書類整理の途中だった。
「……ねえ。今さらだけど、あなたは別にやらなくていいのよ?」
 言外に手伝わなくてもいいと告げたつもりだったが、彼はやはり笑うだけ。

 調子が狂う。私にどうしろというの。
 あなたは一体、私になにを求めてるの。

「あれ、手止まってるよ?」
 疲れたと勘違いでもしたのだろうか、胸の高さほどまで積まれた書類の山から、半分ほどを持っていく。
「……なぜ?」
 気づくと、問いかけていた。
「あなたは、なぜ私にだけこんなに優しいの?」
 そして、後悔した。
 こんなタイミングで訊くつもりはなかった。もっと、雑談に近いノリで口にするつもりだった。
 こんな、ふたりきりの教室でなんて……雰囲気が、悪すぎる。

「やっと訊いてくれた」
 いちだんと柔らかさを増した視線に、心臓が急激に早鐘を打ち出す。
「というか、わざわざ訊いてくるなんて、本当にわかってなかったの?」
 これ以上見ていられなくて、慌てて目線を落とす。どこか呆れたような笑い声が耳を打った。
「でも、そうだよね。わかってなかったから、態度が変わらなかったんだもんね」
 こういうのは昔から苦手だった。恋自体したことがないから、どう振る舞えば正解なのかわからない。
 急に怖くなってきて、反射的に席を立った。そのまま教室を飛び出そうとするが、腕を引っ張られて身体が動かなくなる。

「逃げるなんて卑怯だよ?」
 振り向いた先には、わずかな悲しさを含めた笑顔が待っていた。
「せめて、好きか嫌いかなんとも思ってないか、答えだけでもくれないと」
 わからない。真意を探ることで精一杯で、自分の気持ちに向き合ったことなんてなかった。

 私はどうすればいいの。
 調子を狂わされたこの状態から、どう抜け出せばいいの。
 焦るだけの私の中に、答えは未だ見えてこなかった。

#ワンライ

書きたい!という方はこちらをどうぞ

選択式・一言感想フォーム
※選択式とありますが、書く欄があります

20210101235238-admin.jpg

(画像省略)「フリーワンライ企画」 さんのお題に挑戦しました。いろいろネタを考え…

ショートショート・男女

#ワンライ

ショートショート・男女

使用お題:もって三日の絶交

20210101235238-admin.jpg

「フリーワンライ企画」 さんのお題に挑戦しました。
いろいろネタを考えたけど、結局素直に使って書きましたw

---------

 絶交だと言われたけど、私はそんなに気にしていなかった。
 だって彼は、自分で言うのもなんだけど私のことが本当に大好きで、多分私がいないと生きていけないような人だから、もっても一日だけだと思ってた。

 なのにおかしい。
 三日目が終わろうとしてるけど、大学に行っている間以外は部屋に引きこもって顔も合わせようとしてくれない。
 私の部屋だけにあるダブルベッドも私ひとりきり。そういえばひとりで寝るってはじめてだ。
 そんなに怒らせてしまったなんて……私は、無意識に甘えすぎていた? 確かに、彼はなんでも笑って許してくれる。
 ああ、そういえば最初の頃は懐の深すぎる彼に甘えないようにって自分でブレーキをかけていたけど、いつからか緩んでいたかもしれない。
 気づいたら涙がこぼれていた。泣く資格なんてないのに、勝手に流れてくる涙が悔しい。

 私も、彼がいないと生きていけないからだになっていたんだね。
 それに今頃気づくなんて……ほんと、ばかみたい。

「ごめんなさい! 本当にごめんなさい……!」
 部屋のドアを叩きながら叫ぶように謝って、その場に崩れ落ちてしまう。
 簡単に許されるなんて思ってない。自己満足って思われてもいい。とにかく謝って、また私に笑いかけてほしい。大好きだと言ってほしい。
 ややして、控えめにドアの開く音がした。
「……ごめん。今回は意地張っちゃったんだ。泣かせちゃって、俺こそ本当にごめんね」
 身体を包む三日ぶりのぬくもりに、違う涙が溢れた。

#ワンライ

書きたい!という方はこちらをどうぞ

選択式・一言感想フォーム
※選択式とありますが、書く欄があります

20210101234816-admin.jpg

(画像省略)「深夜の真剣文字書き60分一本勝負」さんのお題に挑戦しました。お題を…

ショートショート・男女

#ワンライ

ショートショート・男女

文字書き60分一本勝負SS・身長差

20210101234816-admin.jpg

「深夜の真剣文字書き60分一本勝負」さんのお題に挑戦しました。
お題を素直に使った、身長差のある学生カップルのお話。

--------------

 私と彼の身長差が羨ましいとよく言われる。

 特に、包み込むように抱きしめられると嬉しいでしょ、守ってもらえてるみたいでいいよね――そういったセリフを何度浴びせられたかわからない。
 でもね、現実は憧ればかりがつまっているわけでもないんだ。

「相変わらずの不機嫌顔だねえ」
 学校から家までの道を、いつものように並んで歩く。百八十を超える身長の持ち主である幼なじみの恋人はずっとにやにやしっぱなし。腹立つ。彼の頭ひとつぶん低い私の歩幅にちゃんと合わせてくれているのがまた、悔しい。
「『私も見下されたい!』とか『背中から包み込んでほしい!』とか言われまくったらね。憧れるほどでもないけどって口酸っぱく反論したいわよ」
 実際したこともあるが、照れちゃって〜! とツンデレ扱いされて終わってしまった。面白がっている隣の恋人しか理解してくれていないというのが、実に悲しい。
「俺は好きなんだけどなぁ。お前、ほんとすっぽり抱きしめられる大きさなんだもん。心地いいっていうか」
 言いながら抱きしめられて、慌てて身じろぐも全く動けない。しまった、完全に油断していた。
 ……別に、こうされるのが嫌なわけじゃない。ただ、こういう「小さくてかわいい」みたいな扱いを全面に出されるのは性に合わないだけで。
「まあでも、お前はうんと女の子扱いされまくるのいやだもんな。うんうん、わかってるって」
 子どもにするみたいに頭をぽんぽんとされて、顔が熱くなった。こいつ、まさか……。
 彼の服の裾を握りしめると、ふいに抱擁が解かれた。短く名前を呼ばれて反射的に顔を持ち上げてしまい――すぐ、後悔するはめになる。

 その「目」だ。
 普段つけている仮面をいっさい取り払って、ただひたすらにまっすぐな視線を注ぎ込まれてしまうと、私はとたんに身動きができなくなってしまう。
 お前が大好き。誰にも渡せない。これからもお前だけを想い続けるから。
 直接そう囁かれているような気持ちになってしまって、身も心も預けてしまいたくなる。
 真正面から向き合うときとは違う。ずっと高い場所から見つめられることで、「男」と「女」を意識して、普段の私が行方不明になりそうになる。
 思えば、昔から「目は口ほどにものを言う」タイプの人間だった。だから、私もこうしてやられてしまったんだろう。

「かーわいい」
 触れるだけのキスをされても、いつもの抵抗はできなかった。今の私は、いつもの私じゃなくなっている。
「なあ、俺んち……寄ってくだろ?」
 確信に満ちた笑みさえ、素直に格好いいと思ってしまう。返事まで素直に返すのだけはためらって、服を握りしめたままの手に力を込めて、俯きがてらうなずく。
「お前さ、急激にかわいくなんのやめてよ。俺も大変だよ」
 意味わかんない。私はそんなつもり全然ないんだから。
 服を掴んでいた手は、いつの間にか彼の大きな手のひらに包まれていた。そのぬくもりを噛み締めながら、「女」もいいかもしれないと、少しだけ素直に思った。

#ワンライ

書きたい!という方はこちらをどうぞ

選択式・一言感想フォーム
※選択式とありますが、書く欄があります

20210101233637-admin.jpg

(画像省略)「深夜の真剣文字書き60分一本勝負」さんのお題に挑戦しました。最後が…

ショートショート・男女

#ワンライ

ショートショート・男女

文字書き60分一本勝負SS・本命

20210101233637-admin.jpg

「深夜の真剣文字書き60分一本勝負」さんのお題に挑戦しました。
最後が尻切れトンボですw

-----------

 私は絶対、首を縦には振らない。

「いい加減認めなよ。俺のこと、好きになっただろ?」
「なってない。あんたみたいな遊び人、誰が好きになるもんですか」
 放課後、人のいない教室の窓辺でくだらない攻防が続いている。いい加減にしてほしいのはこっちなのに、目の前の男が壁と化しているせいで叶わない。
「もしかして、まだ信用できないの? 俺なりに、告白の証明になるような行動をしてきたつもりなんだけど」
 整った眉をわざとらしくひそめて、彼は嘆く。
「信用できない。大体、今まで私とまともに話したこともなかったくせに、よく言うわ」
「それは近寄り難い雰囲気だったからって言っただろ? ほんとは話ししたかったんだよ、ずっと」
「私が悪いって、言うの……」
 ああ、もう! 苛立ちで歯を噛みしめる。
 この場面だけを誰かが見ていたら、多分悪者になるのは私だ。
 でも違う。誤解している。「悪」なのは間違いなく、彼。そう断言できる証拠を私は握っている。
「私、知ってるんだから」
 まっすぐに彼を睨みつけて、うるさくなる心臓を宥めるように制服の裾を固く握る。
「あんたが他の男子と、私を落とせるかどうかで賭けてたことをね」
 細めの双眸がわずかに開かれた。初めて「本物」と信じられる反応だった。
 見たのは偶然だった。それでも、ずっと抱いていた違和感の正体にようやく気づけたことが嬉しかった。すっとした。
 どこか人を小馬鹿にするような態度が目立ちながらも、女子に大人気の彼が真面目一辺倒な私なんかを相手にするはずがない。その考えが見事証明されたようなものだった。
「……へえ、さすがだな」
 不敵な笑みに変わっていく。特に動揺はしていないようだけど、私がそれだけの存在だったという自覚が強まるだけでなんとも思わない。
「でも、さ」
 だからもう解放して。
 口にするはずだった台詞は、彼の声に遮られてしまった。
「君はもう、そんなの関係なく俺に惚れてるだろ?」
 ――こいつは、何を。
「そんな、わけないでしょ。ばかにしないで!」
 反応が遅れて悔しい。でも仕方ない。あまりに的はずれすぎることを言うから……!
「おとなしく素直になった方が楽だよ?」
 動揺が収まらないまま、あろうことか彼の腕の中に閉じ込められてしまう。ほのかな香水の匂いに頭がくらりとした。
 これ以上は危険だ。何も得にならない。
「離して……私は別に、好きになんてなってない……!」

「俺が、賭け事関係なしに好きになったって言ったら?」

 いつもの軽い調子ではない、地に足の着いたような声音だった。
 まさか、そんなはずはない。ほんの数日前に、確かに彼は賭け事をしていると自分で証明していた。他の男子と実に楽しそうに笑っていた。
 それを自分で覆すと言うの。
「信じられるわけない! あ、あんな楽しそうにしてたくせに、私はちゃんと見て……」
「下手に言い訳しても信じないだろうから、俺は同じことしか言わない」
 好きになったんだ。最初はゲームのつもりで接近したけど、好きになってたんだ。
 耳元で呟かれる、思ってもみない言葉の数々に全身が熱くなっていく。頭の中で必死に繰り返していた否定の言葉に、説得力がなくなっていく。
 なんで私なんかを。信じられない、信じられるわけない。こういうことでもなければ接点なんてないような存在だったのに、急にこんな展開になるなんて。
「顔、真っ赤だ」
 いつの間にか抱きしめていた腕が緩められて、正面に小さく笑う彼の顔があった。
 慌てて、両手で顔を覆う。よりにもよって一番見られなくない状態の時に、もういい加減にして欲しい。――私が、保てなくなる。
「その反応、もう答えが決まってるようなものだけど……いいんだよな?」

 私は絶対、首を縦に振らない。そう、決めていたのに。

#ワンライ

書きたい!という方はこちらをどうぞ

選択式・一言感想フォーム
※選択式とありますが、書く欄があります

20210101233511-admin.jpg

(画像省略)「深夜の真剣文字書き60分一本勝負」さんのお題に挑戦しました。年下×…

ショートショート・男女

#ワンライ

ショートショート・男女

文字書き60分一本勝負SS・追いかける

20210101233511-admin.jpg

「深夜の真剣文字書き60分一本勝負」さんのお題に挑戦しました。
年下×年上な組み合わせ。

------------

 早く大人になりたかった。
 大人になれば、どうあがいてもどうにもできない年齢差なんて気にならないようになると思っていたんだ。

「やっぱり年の差って結構でかいよなぁ」
「え、急にどうしたの?」
「……べっつにー。何でもない」

 しまった、つい声に出してしまった。
 誤魔化しにならない誤魔化しをしてしまったけれど、彼女は不思議そうに首を傾げるだけだ。セミロングのくせ毛がふわりと揺れる様子は相変わらず可愛い。

 この春からやっと社会人になり、念願だった同棲生活もスタートできた。それでも「年下」という意識はしつこくこびりついている。
 好きになった時、彼女は大学生だった。
 告白して付き合えるようになった時、彼女は卒業を間近に控えていた。
 そして今――すでに彼女は社会人人生を四年先に歩んでいる。

 大人になれば、と子供だった自分はすべて解消すると思っていたのに、現実はひとつも変わっていない。
「……年上な彼女は、やっぱりいや?」
 だんだん眉尻が下がっていったと思ったら、とんだ勘違いをさせていたらしい。慌ててテーブルにカップを置いて、向かいに座る彼女の手を握る。

「違うよ! ……オレはやっぱ、大人になっても年下属性だなぁ」
 多分彼女は気にしていない。対等に見てくれている。悩んでも無駄に過ぎない。……わかっている、わかっているのに。
 まっすぐな視線を向けていた彼女の口元がふっと緩む。ああ、見破られた。

「私、ずいぶん頼りにしちゃってるけどなぁ」
 よくそう言ってくれるけれど、慰めじゃないのだろうか……。
「ほら、結構情けない姿とか見せちゃってるし。私の方が年上なのに、年下みたいって思う時結構あるんだよ」

 確かに、よく泣いたり怒ったり、付き合う前までは見たことのない表情をよく目にする。最初は驚きっぱなしだったのを今さら思い出した。
「でも、そう思われてるってことは……年上の威厳ってものを、無意識に保ちたいって思っちゃってるのかもね」

 いたずらっぽい笑みに変えて、どこか楽しそうに彼女は続けた。
「……それでも、本当に頼りにしてるんだよ。毎日がすごく幸せなの。もう、あなたなしじゃ生きていけないくらい」
 今度は頬を染めて、こちらの手を握り返しながらわずかに視線を逸らし、告げてきた。

 ――やっぱり、敵わない。
 多分年上でなかったとしても、勝てる要素はゼロに等しいかも知れない。
 ――そうだ。年齢差を嘆いている暇があったら、これからも彼女に頼られる男でいられるよう頑張らねば。

 彼女の背後に立ち、そっと腕を回す。熱さの残る頬に唇と吐息を寄せた。
「オレも、お前がいないと無理だよ。もう、絶対離せないから」

 追いかけ続けた背中に、今やっと追いつけた気がした。

#ワンライ

書きたい!という方はこちらをどうぞ

選択式・一言感想フォーム
※選択式とありますが、書く欄があります

20210101233300-admin.png

(画像省略)「深夜の真剣文字書き60分一本勝負」さんのお題に挑戦しました。---…

ショートショート・男女

#ワンライ

ショートショート・男女

文字書き60分一本勝負SS・治せない傷

20210101233300-admin.png

「深夜の真剣文字書き60分一本勝負」さんのお題に挑戦しました。

--------------

『キレイに産んであげられなくて、ごめんね』
 お母さんの、少し申し訳なさそうな顔と声は、頭の片隅に残っている。

 右の胸から脇にかけて残る、火傷のような跡。
 生まれてからずっとある跡だ。いくら時間を重ねても、決して消えることのない、治ることもない、あたしの一部みたいなもの。
 他人の前で肌を晒すたび、痛々しそうな、見てすまなそうな顔をして目を逸らす姿を見てきた。
『うわっ、それ何? やばくない? 大丈夫?』
 明らかな嫌悪感をもって言われたこともあったっけ。
 だから、いつしかあたしは肌を晒すのを拒むようになった。最初は気にならなかったのに、気になる存在になってしまったんだ。

「ほんと、あんたここ触るの好きだよね?」
「んー、だってオレだけの特権って気がするんだもん。いや?」
「……ううん。そんなことないよ」

 あたしの部屋で、あるいは彼の部屋で、またあるいはどこかの部屋で。
 飽きるほど肌を重ね合った後、彼はいつも、治ることのない傷に愛おしそうに触れる。

 ――マイナスな捉え方をする人ばかりじゃなかった。

 この人に出会って、初めて「消えない傷でもいい」と思えるようになった。
 それまで、なんとしても消し去るしかないと自分を追い詰めすぎていたあたしだったのに、この人があっさりと方向を変えてしまった。
『そんな傷、別に気にしないよ。お前は可愛いし、むしろオレだけが見れるって思うと嬉しいよ!』
 あっけらかんと言い切った彼の言葉は、今やお母さんの言葉を食い尽くす寸前だ。

「……ん、どしたの?」
「ううん、なんでもないよ。なんでも」
「でも、泣きそうな顔してるし……っうわ!?」
「いいから、あたしに黙って抱っこされてなさい。胸んとこも触ってていいから」

 むしろ治せない方がいい。そんなことを思える傷なんて、この世にあるんだね。
 そんな考えができるようになったことがどれだけ大事かなんて、きっとこの人はわかってないんだろうな。
 でも、それでいい。
 そうやって、あたし以上に無邪気な顔で、声で、あたしを癒やしてね。

#ワンライ

書きたい!という方はこちらをどうぞ

選択式・一言感想フォーム
※選択式とありますが、書く欄があります

20210101180150-admin.png

(画像省略)300字SS  のお題に挑戦しました。お題は『鍵』です。友…

ショートショート・男女

#[300字SS]

ショートショート・男女

【300字SS】鍵を外した先にあるもの

20210101180150-admin.png

300字SS  のお題に挑戦しました。お題は『鍵』です。

友達なのかそれ以上なのかよくわからない関係。
それでも、私は満足していたの。

-------

メールで連絡をもらった時が、会うことを許された合図。
預かったままの鍵を手に、彼の元へ向かう。
これは私だけに許された、私だけの特権。

「こういう形で会うのは、今日で最後にしたいんだ」

声が出ない。力が抜けて、金属質の音が鋭く響く。
私は、特権を剥奪されてしまった?

「だから、」

反射的に背中を向けていた。聞かなければ何も変わらない。最悪の未来を進むより何倍もマシだ。
なのに進むことを許してくれない。逃げられない!

「本当は、ちゃんと話をしてからにしたかったんだけど」

掴まれたままの手に、硬い感触が生まれた。
正体は、鍵。この部屋のじゃない。なら、どこの?

呆然と顔を上げた先で、彼は初めての笑顔を私に向けていた。

#[300字SS]

書きたい!という方はこちらをどうぞ

選択式・一言感想フォーム
※選択式とありますが、書く欄があります

20210101175019-admin.png

(画像省略)300字SS  のお題に挑戦しました。お題は『書く』です。…

ショートショート・男女

#[300字SS]

ショートショート・男女

【300字SS】おまじないに縁を託す

20210101175019-admin.png

300字SS  のお題に挑戦しました。お題は『書く』です。
もうちょっとピュアーな感じにしたかったんですが撃沈……😅

--------

もうすぐ全ページが埋まる駅ノートの、一番最初を開く。
偶然空いていた右下の空白に、柄が不自然に長い傘を描いた。
——バカみたい。こんなの書いてどうするの。
困っていたところを助けてもらっただけの繋がりしかないのに、これに縋っても状況は変わらない。
ああ、どうしてお礼の品を贈った時に一歩を踏み出せなかったの。

彼女の背中をまた見送るしかできない臆病な自分を呪いながら、駅ノートの前に立つ。
何をしていたのだろう。
――相合い傘?
鉛筆が挟まれていたページに、傘と名前と思しき文字が不完全に書かれていた。
もし、これがメッセージなのだとしたら。
眉唾なおまじないでも、今は縋るしかない。

お願い。想いに、気づいて。

#[300字SS]

書きたい!という方はこちらをどうぞ

選択式・一言感想フォーム
※選択式とありますが、書く欄があります

20210101174603-admin.png

(画像省略)300字SS  のお題に挑戦しました。お題は『余り』です。…

ショートショート・男女

#[300字SS]

ショートショート・男女

【300字SS】「余り者」も悪くない?

20210101174603-admin.png

300字SS  のお題に挑戦しました。お題は『余り』です。
「余り者」っていう言葉が張り付いて離れなくなった結果ですw

----------

ふと、彼女が小さく笑った。怪訝に思いながら顔を覗き込むと、緩く首を左右に振った。
「最初は余り者同士だったよね、って」
そういえば、彼女とペアを組むのはこれで三度目だ。
一度目は、名前を知る程度の他人で気まずさが付きまとった。
二度目は、一度目があったから何となく。
それから、ちょっとした知り合いから、常に頭の中に存在するほどの相手となった。
「あの時はマイナスなイメージが強かったけど、今は意外とそうでもないなって。単純かな」
「……むしろ、運命の出会いだったんじゃないかな」
口にしてから、使い古され過ぎたクサい台詞だったと羞恥でいっぱいになったけれど。
彼女はただ、柔らかく笑い返してくれた。

#[300字SS]

書きたい!という方はこちらをどうぞ

選択式・一言感想フォーム
※選択式とありますが、書く欄があります

20210101174203-admin.png

(画像省略)300字SS  のお題に挑戦しました。お題は『包む』です。…

ショートショート・男女

#[300字SS]

ショートショート・男女

【300字SS】やさしさに包まれて

20210101174203-admin.png

300字SS  のお題に挑戦しました。お題は『包む』です。
めちゃくちゃベタだと思いますw

----------

「この公園を知ってから、気持ちにすごく余裕ができた気がするよ」
ここで知り合いになった常連客の彼は、私を見ながら目元を緩ませた。
確かに、出会った頃よりずいぶん穏やかな雰囲気になったし、全てに絶望していたような表情も消えた。
「よかった。私も、毎日手入れしている甲斐があります」
彼はなぜか微妙に視線を外した。もしかして照れてる?
「……そうだね。君の優しい気持ちがこもってるから、花とかこんなに綺麗で、癒やされるんだと思う」
私も同じ目に遭った。嬉しいけれど褒めすぎだ。手入れしている人は他にもいるのに。
「君が俺を、助けてくれたんだ」
照れ隠しの言葉を綴ろうとした口は、まっすぐな視線に射貫かれて止まった。

#[300字SS]

書きたい!という方はこちらをどうぞ

選択式・一言感想フォーム
※選択式とありますが、書く欄があります