🗐 ショートショートまとめ |星空と虹の橋

ワンドロやお題などで書いたSSまとめです

カテゴリ「300字SS」に属する投稿[17件]

Icon of admin
【300字SS】宝物=言葉か行動か

20211021092949-admin.png

300字SS のお題に挑戦しました。お題は「宝」です。
ベッタベタなネタになりましたw

-------

大好きだよ。
めんどくせーな。
だって伝えたいんだもの。ね、私のこと大好き?
っせーな、言わなくてもわかるだろ。
そうやっていつも誤魔化してばっかで言ってくれないじゃない!
俺がそういうの苦手だってわかってんだろ?
苦手で押し通すのズルい……。
お前以外とじゃ、こうやって一緒にいたいって思わないけど?

たった二言でいいのに。
ぷかりと浮かんだ不満は、瞬間はじけた。
ぶっきらぼうな話し方からは想像できない力で抱きしめられて、顎を掬われて、何度もキスをされた。頭を撫でる手がとても心地いい。

こっちの方がよっぽど説得力あるだろ?
た、ただ好きなだけのくせに!
そりゃお互い様だ。
……素直じゃ、ないんだから。

#男女もの 畳む
Icon of admin
【300字SS】つかまってしまった。

20210904211828-admin.png

300字SS のお題に挑戦しました。お題は「残る」です。
物語の序章みたいな展開になりました。


-------

理解できない。
どうして彼が我が物顔で隣に座ってるんだろう。
「ねえ、あんたは居残り勉強する必要ないでしょ」
先生が戻ってこないうちに帰らせたい。本当はこんな変わり者の相手なんてしたくないのに。
「ほう、君も必要ないのに?」
彼はにやりと笑った。
「君の成績は確か、僕の三つ下だったはずだが」
「頭のいいあんたにはわかんないでしょう」
余計なことを言う気がして怖い。早く出て行って!
「矛盾した行動を取る理由は推察できる。が、君は彼にとって生徒でしかない」
「目的は、何」
唇を噛みしめる私に、彼は変わらない表情で対峙する。
「興味があるんだ。無駄とわかっていながら行動する感情源に」
観察させろ。
私に、拒否権はなかった。畳む
Icon of admin
【300字SS】世界でたったひとりだけ

20210808121345-admin.png

300字SS のお題に挑戦しました。お題は「波」です。
めっちゃ遅刻しました💦
ほんのりBL要素ありです。


-------

八月の終わりに聞く波音は、夕日も相まってどこか寂しい。
去年以上にそう感じるのは、取り巻く環境のせいだろうか。
「こうやって二人で遊ぶのも、今年までかもね」
「まーたそんなこと……大学別なの、不安すぎかよ」
隣に座る彼は呆れているけど、わかってない。
友は彼だけ。彼に仲のいい人が増えようと、自分は変わらない。
「お前が大事な友達だってのは変わらないから。変な心配すんなって」
笑顔が目にしみる。
「じゃあ、僕が世界で一番大事ですって今、誓ってくれる?」
手の甲にキスまでしてみせた。
「……冗談、だよな?」
「さあね?」
絆されてばかりじゃ悔しいし、少し意地悪してもバチは当たらないよね。
まあ、半分本気なんだけど。

#[BL小説] 畳む
Icon of admin
【300字SS】お題「影」

20210605220756-admin.png

300字SS のお題に挑戦しました。タイトル通り、お題は「影」です。

-------

「わたしとチカはいつでも一緒よ」
「双子みたいって言われたね! チカはただの友達じゃないって思ってたから嬉しい!」
「ね、服も髪型も一緒にしてみない? チカも嬉しいでしょ?」
わたしに憧れているチカは、わたしを決して否定しない。『私も同じこと考えてた』がいつからか口癖になっていた。

「チカちゃん……私また、告白された」
「チカちゃんと間違ってるんじゃないって言ったんだけど、違うって」

精一杯持ち上げた唇が震えてた。
……理由はわかってる。言葉にはできない。

「しかもチカちゃんと一緒にいるのやめろってまで言われたんだよ。ひどいよ。私、すごく幸せなのに」

……大丈夫。
チカはわたしの「影」でいることに、喜んでる。畳む
Icon of admin
【300字SS】荒療治でなければ

20210501233841-admin.png

300字SS のお題に挑戦しました。お題は「届く」です。

-------

瞬時に開かれた視界の先には薄い闇が広がっていた。
呼吸が浅くなる。心臓がうるさい。
全身汗だくなのに、背筋が震えた。

『もう十分、待ったよ。とうとう何も返してくれなかったね』

そして彼は消えていった。追いかけようとした足は動かなかった。何を叫んでも聞いてくれなかった。
――告白されて、どっちつかずの態度を続けている私のせいだ。
近すぎる距離感が、先に見える道に靄をかけていた。
「ちゃんと返事をしたい」と告げたまま、彼の優しさに甘えていた。

いつでも言葉を届けられる場所にずっといてくれる。
そんなの、誰が決めたのだろう。

スマホに手を伸ばす。
おかげで、臆病の奥に隠れていた感情に気づけたのだ。畳む
Icon of admin
【300字SS】ライバルのつもりなのは?

20210403232548-admin.png

300字SS のお題に挑戦しました。お題は「道/路」です。
勢いで突っ走っただけの作品ですw

-------

「またお前ら揃って一位かよ! もはや化け物じゃね?」
あいつの進む道と交差してしまったのは、俺の人生で唯一の失敗だ。
すべてが順調だった。勉強も運動も人望もモテ度も首位の地位が揺らぐことはなかった。
視線の先に他人が映るなんて、絶対に許されないのに!
「僕はいつも必死だよ。間宮とは真逆だから」
無駄に自信なさげな態度も腹が立つ……!
「俺だって頑張ってるって。水瀬の方が余裕に見えるよ」
「じゃあ、お互いいい刺激になってるってことだね」
これからも頑張ろう。
笑顔で差し出された手をいっそ払いのけてしまえたら。
「ありがとう。間宮」
細められた双眸の隙間から、うっすらと視線を感じた。
……謎の寒気を感じたのは、なぜ。畳む
Icon of admin
【300字SS】曲がらない想い

20210206222017-admin.png

300字SS のお題に挑戦しました。お題は『運/うん』です。
何となく最初から最後までせわしない感じ(?)です。


-------

何かを選ぶ時、「ピン」と来た方とは別のものを選択する。
根拠のない理由に委ねるなんて、まるで誰かに運命を決められているみたいじゃない?
私は私の力で道を歩む。これからも、これまでも。
それが私の信条。

「君と付き合えるなんて思わなかった……本当にありがとう」
「大げさですよ。私もずっと好きだったんですから」
さりげないフォローが素敵で笑顔が可愛くてオンとオフの線引きがはっきりしていて……

「君は僕の運命の人なんだ。君しかいないって思ってた」
「君もそうだったら嬉しいな……なんて。ごめん、浮かれすぎだね」

貴方は……運命が示すままに、私を選んだと言うの?

百年の恋も冷めるって、こういう時も使っていいのかしら。畳む
Icon of admin
【300字SS】ただずっと、笑い合っていたかったのに。

20210101180838-admin.png

300字SS のお題に挑戦しました。お題は『泳ぐ』です。
先日アップしたBL短編↓の導入みたいな感じで書きました。



---------

疲れた時は、ひたすら無でいればよかった。
たとえるなら、大海の真ん中で一人、太陽を見上げながら浮いているだけ。
回復したら、人目につかないよう岸までこっそり泳ぐのだ。

——もしかしてしんどかったりする?

誰にも気づかれたくなかったからうまく繕っていたのに、たった一人の同期の彼は違った。
でも、どうしてだろう。不思議と嫌悪感はなかった。出会った時から感じていた心地よさのせいなのかはわからない。
いつからか一緒に浮かび泳ぐようになっても、自然と受け入れていた。

こんな人には、きっと二度と出会えない。

ごめん。お前は俺を大事な相棒だと言ってくれているのに。
自ら求めた理想郷を壊そうとしてしまうほどに止まらないんだ。

#[BL小説] 畳む
Icon of admin
【300字SS】両極端な奇跡がやってきた

20210101180351-admin.png

300字SS のお題に挑戦しました。お題は『橋』です。

これが吊り橋効果ってやつなの? そんなの私は信じたくない!

-------

最悪だ。スマホをどこかに忘れてきてしまった。行った場所を回って落とし物として届けられていないか確認するも「ない」の一点張り。
新しいスマホはすぐ手に入る。でも愛しいあの人はもう戻ってこない。

奇跡が起きた。連絡をもらった店に駆け込んで確認する。
間違いない。背面のスキンシール、右下の角のキズ、すべて私がつけたもの。
きっとあの人のおかげだ!

「この俺をほったらかしにしやがるとは……まあ、会えただけいい、か」

……充電もそこそこにアプリを起動したのに、どうしてログインボーナスに出てくるのがあんたなの!
でも、キュンとしてしまった。腹立たしいだけだった拗ねた表情が可愛く見えた。
離れてた弊害。そうに違いない。畳む
Icon of admin
【300字SS】鍵を外した先にあるもの

20210101180150-admin.png

300字SS のお題に挑戦しました。お題は『鍵』です。

友達なのかそれ以上なのかよくわからない関係。
それでも、私は満足していたの。

-------

メールで連絡をもらった時が、会うことを許された合図。
預かったままの鍵を手に、彼の元へ向かう。
これは私だけに許された、私だけの特権。

「こういう形で会うのは、今日で最後にしたいんだ」

声が出ない。力が抜けて、金属質の音が鋭く響く。
私は、特権を剥奪されてしまった?

「だから、」

反射的に背中を向けていた。聞かなければ何も変わらない。最悪の未来を進むより何倍もマシだ。
なのに進むことを許してくれない。逃げられない!

「本当は、ちゃんと話をしてからにしたかったんだけど」

掴まれたままの手に、硬い感触が生まれた。
正体は、鍵。この部屋のじゃない。なら、どこの?

呆然と顔を上げた先で、彼は初めての笑顔を私に向けていた。畳む

■全文検索:

■カテゴリ:

■ハッシュタグ:

■日付検索:

■カレンダー:

2021年10月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

■最近の投稿:

最終更新日時:
2021年10月31日(日) 00時24分23秒